ピクシブ百科事典

海賊同盟

かいぞくどうめい

 海賊同盟とは、少年漫画『ONEPIECE』における2つ以上の海賊団の同盟を指す。
目次[非表示]

概要

2つ以上の海賊団がある特定の目的を達成するために、対等の立場で協力関係を結ぶ事を海賊同盟と呼ぶ。
「海賊同盟」という名称が作中で初めて使われだしたのは、パンクハザード編における麦わらの一味ハートの海賊団の海賊同盟である。
しかし、2つ以上の海賊団が対等関係で同盟を組む組織形態という点では、東の海ローグタウンで初登場したバギー海賊団とアルビダ海賊団による海賊団連合が最初である。

主な海賊同盟

麦わらの一味ハートの海賊団同盟

「ケンカ売ってんのか?」


超新星の一角としてルフィ達と共に頭角を現し王下七武海となったローパンクハザードで偶然出会ったルフィに四皇の一人カイドウを倒すために持ちかけた同盟である。四皇討伐を考えていたルフィも「面白そう」ということで承諾した。

しかし、ルフィとローでは同盟に対する認識が微妙に違っていて、「互いの共通の目的のため”だけ”に協力する」というロー(通常)の認識に対し、ルフィは友達みたいなものと考えており、時々そのズレからローが怒る場面が見受けられる。

現在はこれにカイドウに主君を殺され、仇討ちを目論むワノ国の侍達とモコモ公国ミンク族がこの同盟に加わっている。

キッド海賊団・オンエア海賊団・ホーキンス海賊団同盟

同盟作りました


四皇シャンクスを狙おうと結成された同盟だが、突如遭遇したカイドウと戦う羽目となった。結果は敗北した模様で、キッド海賊団船長キッドはカイドウのアジトに瀕死の状態で幽閉されている。しかし、オンエア海賊団船長アプーはカイドウの部下になったような描写があり、同盟の構成メンバー達の現状は謎に包まれている。

麦わらの一味ファイアタンク海賊団シーザー同盟、連合軍

OnePiece 858~LuffyvsBegevsCaesar


四皇ビッグ・マムを狙う者同士で手を組むためにジンベエがお膳立てしたことで結成された同盟。
ベッジはビッグ・マムの娘、シャーロット・プリンの結婚式にてヴィンスモーク家暗殺計画があるという情報を入手。それを逆に利用しようと考え、ベッジの中でビッグ・マム暗殺計画が生まれた。ルフィ達はジンベエ経由でペコムズからその作戦を知り、ジンベエの案に船長であるルフィが賛同したことで同盟を組むことになる。
役割としてはビッグ・マムを弱らせる条件を満たすのと場の攪乱がルフィ達、事前の準備や弱ったビッグ・マムに効く兵器の発射をベッジ達が引き受ける。ちなみにその兵器は人間の屑作の毒ミサイル。当たれば死ぬはずだったが、ビッグ・マムの発狂により撃ち落とされた。その後のお茶会からの脱出作戦では不測の事態による幸運はあったにしてもベッジの作戦で脱出に成功する。
余談だが、ルフィとしては友達のペコムズを撃ったベッジは嫌いな人物である。だが結局、目的(ビッグ・マム暗殺の願い)を等しくするということから同盟は決行された。ローとの同盟がルフィの仲間意識や友人意識から生まれたものとするなら、ベッジとの同盟は最初はビジネスライクなものであったのかもしれないが、後にベッジの大技である大頭目に感動する様子を見せたり、別れの際もシーザーと違って無視しなかったりと、わだかまりは解消されたようだ。

バギー&アルビダ連合(バギーズデリバリー)

Hands Up!


本作に登場した事実上最初の海賊同盟。物語序盤でルフィに敗れたアルビダバギーが「ルフィへの復讐」を目的に結成した。しかし、肝心のルフィへの復讐はローグタウンで決行され失敗した一回きりで、その後はルフィを付け狙い偉大なる航路に入ったものの戦うことはなく、それどころかバギーがルフィと共闘状態になり、監獄からの脱獄や海軍と四皇“白ひげ”との戦争へ参戦するなどした。現在は前記の脱獄で部下に引き入れた海賊達などで大幅な戦力向上に成功し、海賊派遣業者バギーズデリバリーに発展している。また、その統率力を買われたのか、業者のトップを務めるバギーは七武海入りを果たしている。

関連項目

ONEPIECE 海賊
麦わらの一味 モンキー・D・ルフィ ハートの海賊団 トラファルガー・ロー
キッド海賊団 ユースタス・キッド キラー スクラッチメン・アプー バジル・ホーキンス
ファイアタンク海賊団 カポネ・ベッジ
バギー アルビダ モージ カバジ

pixivに投稿された作品 pixivで「海賊同盟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 912920

コメント