ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

偉大なる航路新世界”に存在するである。
島という扱いではあるが、実際は1000年以上生き続けている「象主(ズニーシャ)」という名のゾウである。地盤が生物であるため、記録指針(ログポース)では絶対に辿りつけず、地盤である象主がを縦横無尽に歩きまわるため到達困難な「幻の島」扱いされている。
大昔に罪を犯し歩き続けることしか許されず世界を移動し続けているという。

島の住民はミンク族という獣人で、モコモ公国という名の国家を築いていた。
象主がから吸う海水濾過して飲み水を作り、背中から生えた植物や、象主が吹き上げる海水に取り残されたを食べて暮らしていた。
象主の年齢と同じ1000年近いとされる歴史の長い国だったが、ルフィ達が来る数週間前に、四皇百獣のカイドウ」の側近ジャックの一団に壊滅させられてしまった。

象主と意思疎通を図れた事は皆無だという。ところが、再度ジャックの襲撃に際しされるがままであったが、ルフィとモモの助にだけ言葉が聞こえたらしく、自らの事情を語りモモの助が迎撃を命じたおかげで返り討ちにでき事なきを得た。

ハートの海賊団航海士ベポビッグ・マム海賊団戦闘員であるペコムズの故郷である。

プロフィール

本名象主(ズニーシャ)
CV樋浦勉
種族ナイタミエ・ノリダ象
出身地偉大なる航路
年齢1000歳以上
誕生日12月18日(でっかい(1)ニー(21)ャ(8)
星座いて座
好物空島リンゴ 巨大ワカメ


余談

  • モデル

本編だけを見ると浅瀬を歩いている象に見えるが単行本83巻のSBSにおいて、象主は「ナイタミエ・ノリダ」と呼ばれる種類の象であることが判明した。これを逆さまに読むと「ダリノ・エミタイナダリの絵みたいな)」となることから、象主のモデルは、シュルレアリスムの大家・サルバドール・ダリが好んで描いたモチーフである、長脚の象(参考リンクであると思われる。

  • 象主の身長
「象主(ズニーシャ)」の身長は驚くことに、少なくとも全長2万m(20km)以上・全高3万5000m(35km)以上あるということが判明している(『ONEPIECE magazine Vol.4 怪物図鑑』・『VIVRECARD~ONEPIECE図鑑(0949 ミンク族)』より)。

関連項目

ONEPIECE ミンク族

関連記事

親記事

新世界 しんせかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゾウ(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43664

コメント