ピクシブ百科事典

ゾウ(ONEPIECE)

ぞうのうえのくに

ゾウとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する地名である。

CV:樋浦勉

概要

偉大なる航路新世界”に存在するである。
島という扱いではあるが、実際は1000年以上生き続けている超巨大なゾウ「象王(ズニーシャ)」(の背中)である。地盤が生物であるため、記録指針(ログポース)では絶対に辿りつけず、地盤であるゾウがを縦横無尽に歩きまわるため到達困難な「幻の島」扱いされている。

島の住民は半獣半人のミンク族で、モコモ公国という名の国家を築いていた。
象王がから吸う海水濾過して飲み水を作り、背中から生えた植物や、象王が吹き上げる海水に取り残されたを食べて暮らしていた。

その歴史はゾウの年齢と同じ1000年近いとされる歴史の長い国だったが、ルフィ達が来る数週間前に、四皇百獣のカイドウ」の側近ジャックの一団に壊滅させられてしまった。

ハートの海賊団航海士ベポビッグ・マム海賊団戦闘員であるペコムズの故郷である。

関連項目

ONEPIECE ミンク族

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾウ(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9681

コメント