ピクシブ百科事典

ジャック(ONEPIECE)

じゃっく

ジャック(JACK)とは少年漫画『ONE PIECE』に登場する大海賊である。
目次[非表示]

バカ野郎 やるに決まってんだろ おれを誰だと思ってる!!!!

……はっきり言っとこう…!! “侍”がいれば攻撃はやめる!! いねェのは…“罪”だ!!! もう一つ言っとこう!! おれァ 破壊が好きだ


概要

百獣海賊団大看板・マンモス号船長。
四皇百獣のカイドウ”を支える3人の「災害」と称される腹心の一人。一本角のプレジャーズや体の一部を動物に変形できるギフターズを率いており、ワノ国では真打ホールデムの後ろ盾こと「九里」の元締めを務めている。

モンキー・D・ルフィに敗れたインペルダウンへ護送中のドンキホーテ・ドフラミンゴ奪還を目論む場面で初登場した。

ビブルカードによればタマカイ(ハタの仲間の海水魚)の魚人だが、同時に「皮膚呼吸で水中でも溺れない」と説明されており、純粋な魚人なのか不明(手の水かきなどもない)。
魚人の血を引き水中で皮膚呼吸ができるため能力者の最大の弱点である海底でも、動けずながらも溺死することなく意識を保ったまま耐え続けることができる。

  • 設定が明かされる以前も、通常の魚人ではなくウォータンだと推測される場合もあった。

プロフィール

通称ジャック
CV乃村健次
所属百獣海賊団大看板・マンモス号船長
所属船マンモス号
種族タマカイの魚人
異名旱害のジャック
懸賞金10億ベリー
出身地偉大なる航路
年齢28歳
誕生日9月28日ジャ(28)ク(9)
身長830cm
星座てんびん座
血液型F型
好物ゾウ肉のステーキ
悪魔の実ゾウゾウの実 モデル“マンモス”(動物系古代種)
初登場単行本81巻 第808話『イヌアラシ公爵』


人物

凶暴性

非常に獰猛で自信家。

彼の通った後は干魃が起こったかのように朽ち果て滅びることから「旱害のジャック」の異名をとり、懸賞金は破格の10億ベリー。これは戦闘力のみならず、何より破壊を好み多くの被害を齎してきた凶悪性も加味されていると考えられる。
「おれァ破壊が好きだ」と言い放つだけあって破壊という行為をこよなく愛し、無益な戦闘・蹂躙も厭わず、自分の意思を曲げることは皆無と言って良い程に無い。
他者の言うことを聞き入れることなく、己の思うままに眼前の存在を破壊していく様はまさしく「災害」。その残虐さには部下のジンラミーですら恐怖を抱くほど。

昼夜で交代するミンク族の二人の王であるイヌアラシネコマムシと丸5日間互角に戦った事話を聞いたルフィは、イヌアラシと互角に戦える強さを持つジャックでさえカイドウの部下に過ぎない事に驚いていた。

そして目的の為には戦力差も鑑みず突っ込み、ミンク族を皆殺しにするために島並みの大きさを誇る象主(ズニーシャ)を殺そうとするなど、頭のネジが飛んでいると評されている。

頭脳

一見すると脳筋のように見えるが、ミンク族について、その生命力の高さや「月の獅子(スーロン)の持続時間は短い」ことまで知っているなど20代ながら知識は豊富。
象主を襲った際は皮膚が老朽していることを見抜き、足を攻撃することで転倒を狙った。

殺しかけたら息の根を止めろ!! 情けは“厄介な”復讐を生む」と語るなど、残虐さを見せながら「復讐者」を決して侮らない慢心のなさとも言える。
いざと言うときには、部隊をすぐ編成してカイドウの元にかけつける頭の回転の速さを見せる。

破壊についても自分達にとっても損になると判断した破壊は自粛し、ゾウでは雷ぞう探索のために殲滅作戦を行い、ワノ国ではあくまで「見せしめ」の場合でのみ破壊を行った(労働力がいなくなって困るのは自分たちのため)。
作中初登場の、脳筋・無益とも思えるゾウでの破壊活動も情報源に基づく、威圧と脅迫を兼ねたものだった。

人に従うようには見えない男である彼がどういう経緯でカイドウの部下となったのかは不明。

立場

自分の懸賞金は全く興味・意味がないもののようで、ジャックの賞金額を誇る部下に対して「ペラペラとうるせェ部下だ」と不快感を露わにしている。

そんな彼でも冷や汗を流す存在がカイドウ
特に酔っている場合は、“酔った勢いで”その地域一帯を壊滅させて百獣海賊団にも甚大な被害を及ぼしかねないため、ジャックをして「メチャクチャだぜ」と評している。
しかしカイドウに嫌々従っているわけではなく、その忠誠心が高く、自分の任務の失敗でカイドウに危害が加えられたことに責任を感じたり、非常時にはカイドウのためにすぐ行動を起こした。

また、百獣海賊団の最高幹部に位置する大看板キングクイーンの弟分のような存在で彼らを「兄御」と呼び慕っているが、たびたび彼らから叱責を受けることがあり、ズッコケジャックと呼ばれることも。
一方、いざというときにはすぐ部隊を編成し行動するその判断力をキングから評価されてもいる。カイドウもジャックを大切な部下として丁重に扱っており、ジャックがミンク族に敗北してなおその強さと戦果を褒め称えるなど、カイドウからの評価は極めて高い。

戦闘能力

"10億の大海賊"


悪魔の実ゾウゾウの実 モデル“マンモス”(動物系古代種)
能力マンモスに変身できる

動物系古代種の能力者でマンモスに変身できる。
戦闘では状況により人型と獣型を使い分けているようで、ネコマムシとの戦いでは能力を解除していた。

獣型では主に鼻を振るって攻撃する。
人型では両肩にマンモスの牙のような刀袋をつけており、その刀袋からマンモスの牙のように非常に曲がりくねった専用の刀(ショーテル)を取り出して戦う二刀流剣士。
作中では人獣型を披露しておらず、どのような姿なのか、その戦闘スタイルは不明。場合によってはまだ底力を見せていない可能性すらある。

戦闘に長けたミンク族は、ジャック率いる百獣海賊団の部隊との五日間に及ぶ連日連夜の戦いでプレジャーズやギフターズらを着実に圧倒していったが、ジャックだけは『ただ一点、崩すことの出来なかった怪物』と評している。
昼夜途切れることなく続いた五日間の闘いでは、ミンク族の二人の王イヌアラシネコマムシ相手に闘うも、二人とは5日間決着が付かなかった。しかし、イヌアラシネコマムシをはじめミンク族たちは昼夜で交代しており、性格や体力・「崩すことができなかった」という発言を考えるに5日間不眠不休で闘い続けていたであろうジャックの方が自力は上だと思われる。
なお、その後も丸一日ミンク族を拷問し、そのままドフラミンゴ奪還のために海軍の艦隊を襲撃したりとすさまじい体力を見せている。
また、象主(ズニーシャ)から船ごと粉々にされる一撃を受けながら、呼吸できるとはいえ動けない海底で治療なしに意識を取り戻すなど回復力は高い。

酒天丸との戦いでも、彼を勧誘しようとして宣戦布告代わりの一太刀を受けながらも、その後の斬り合いで酒天丸に逆に一太刀いれる技量を見せた。
海軍本部大将クラス3名が乗る艦隊に挑んで敗れこそしたものの、大将を相手に五体満足で生き残る底力を持つ。

また海賊らしく正面対決にこだわらず、必要ならば毒ガスを使用する、相手の地盤たるゾウを殺そうとする等、相手を破壊するために一切の容赦はしない点も非常に厄介。

アニメ版

象主の噴火雨で部下達が流され溺れていく中、一人だけビクともしていなかった(海でも溺れないので当然だが)。

わずかながら描かれたドンキホーテ・ドフラミンゴ奪還作戦時の海軍との戦いでもセンゴクから「こりゃあ えらいのが来たな…」と警戒されていた。

酒天丸との戦いでは、「飛ぶ斬撃」を嵐のように連射するほどの腕前を見せた。

経歴

第2部 最後の海・新世界編

パンクハザード

シーザーがルフィとの対決に敗れた際に、電伝虫越しでその対決を観ていた者の一人がジャックの名を発していた。

ゾウ

さァ すぐに差し出せ!!! この国に“雷ぞう”というワノ国の武人がいるハズだ…………!!!

麦わらの一味ドンキホーテ海賊団と死闘を繰り広げている数日ほど前、ワノ国の忍者・霧の雷ぞうの捜索のためギフターズやプレジャーズを率いてゾウミンク族が治めるモコモ公国を襲撃した。
イヌアラシ公爵からは「この国中!!いや島中!! その侍を好きなだけ捜すといい 抵抗はしない!!だから破壊をやめろ!!」と破壊活動を止めるよう求められるが、「”侍”がいれば攻撃はやめる!! いねェのは…“罪”だ!!!」と語り、全てを破壊しようとしたためミンク族との全面戦争に突入。

大量に部下を投入し続けるも、エレクトロを扱う等基礎戦闘力も高く地の利もあるミンク族達に阻まれ、自身もイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那を仕留めきることができず、5日間昼夜問わず戦闘は続いた。
しびれをきらしたジャックはついにシーザー・クラウンが開発した毒ガス兵器を用いる事でミンク族たちを戦闘不能に追い込み、クラウ都を攻め落とした。

イヌアラシやネコマムシをはじめとする者達に苛烈な拷問と破壊を続けるが有益な情報は何一つ得られず、その1日後にドフラミンゴが討たれたという事態を知り、ドフラミンゴ奪還の為、シープスヘッド等わずかな部下を残してゾウを離れる。
その3日後、ドレスローザからインペルダウンへ向けてドフラミンゴを護送していた海軍本部大将藤虎、中将つる、大目付センゴクが率いる船団を襲撃。軍艦2隻を沈めるも、三大将クラス3名がいる船団を相手に流石に敵わず返り討ちに遭う。
新聞には死亡したとの報道がなされるも、ジャック及び彼の率いる船団は生き延びていた。

さらにその1週間後、戻ってきたシープスヘッドが「雷ぞうはいなかった」と報告したのに対し、「(例え雷ぞうがいなかったとしても、殺しかけた以上(ミンク族への)情けは厄介な復讐を生む」として、ミンク族を皆殺しにするためにゾウへと戻る。
そして街ごとミンク族を殺害する為に、誰も考えもしなかった船団による象主殺害のための攻撃を開始する。
その作戦も途中まで上手くいっていたものの、モモの助に攻撃を「命じられた」ゾウの鼻によるまさに「規格外」の一撃で、本人も動揺したまま船団全てが吹き飛ばされて粉微塵となり、ジャックも一度は戦闘不能となって海底深く沈んでしまった。

魚人且つ能力者であるため、海底でも意識を保ったまま生存し続け、部下によって引き上げられるのを待っていた。

ワノ国

第一幕

ビブルカードによる探索がされたのか無事に引き揚げられたようで、ルフィたちが赴く数日ほど前にはワノ国にもう戻っていた。ナワバリで暴れたルフィを捕らえるため、おこぼれ町に赴くがそこで酒天丸と交戦することになる。
空を覆う形でカイドウが現れ酒天丸との戦いが中断されてからは、ホーキンスと共に酔ってめちゃくちゃに暴れるカイドウを眺めた。

第二幕

第二幕では、鬼ヶ島にてクイーンの連れてきたビッグ・マムの様子を確認するため、キングと共に登場する。
流石にリンリンの襲来は想定外であり、落ち着きつつもクイーンに文句を言っていた。

第三幕(金色神楽)

大宴会「金色神楽」にカイドウの首を狙う赤鞘九人男が奇襲。
鬼ヶ島の頂上へ上がったカイドウを守るべく、迅速にナンバーズ「七鬼」を含む部隊を編成し、頂上へと駆けつけた。
赤鞘九人男のイヌアラシとネコマムシが毒ガスから生き延びたことやミンク族が雷ぞうを口を割らずに隠し切ったことには驚いた様子。

ミンク族を壊滅させられなかった自分の失態を恥じつつ、カイドウには指一本触れさせないと意気込むが、ネコマムシの部下達であるミンク族の精鋭戦士達がカイドウへの道を切り拓くため月の獅子に変身。
「"月の獅子"の寿命は短い」と部下達を鼓舞してジャックは戦闘に突入。
しかし、若いキャロットですら"月の獅子"になれば四皇の大艦隊を翻弄できるほどに強くなる"月の獅子"は手強く、ミンク族の戦士達の猛攻でジャックの部隊は瞬く間に壊滅していき、ジャック自身もゾウの時と違い、苦戦を強いられる。
それでもカイドウのために一歩も引かずに孤軍奮闘し、ミンク族の"月の獅子"を時間切れに追い込んで戦闘不能にし始めるが、それを見たイヌアラシネコマムシが"月の獅子"に変身。変身した二人には力及ばず敗北するが、イヌアラシとネコマムシを除くミンク族はほとんど撃沈しており、カイドウからはその戦果を賞賛された。

余談

  • 大海賊

原作漫画においては四皇以外で初めて大海賊と呼ばれた人物。
ジャックが登場するまで、大海賊と表現されていた海賊はシャンクスエドワード・ニューゲートシャーロット・リンリンカイドウのみであり、いずれも四皇であった。
なお、それ以前ではアニメ版においてゲッコー・モリアが初登場回で大海賊と表現されている。

  • 破格の懸賞金
懸賞金10億ベリーはゾウ編時点で判明している懸賞金額の中でも最高であり、ジャック登場まで最高懸賞金額だったポートガス・D・エースの5億5000万ベリーを大きく更新した(原作の作中描写に限れば当時はチンジャオが全盛期には5億越えと明かされたのが最高で、その倍近くという跳ね上がった額で登場した)。
また、彼の登場を皮切りに四皇の大幹部クラスの高額な懸賞金が次々と明らかになった。
四皇の脅威度や、ルフィやエースのようなルーキーが十数年以上活動して来た場合の懸賞金のレベルを示していると考えられる。

  • 実は苦労人?
無能な部下にイライラしたり酔っぱらった上司や圧の強い兄貴分たちに振り回されて労災のジャックというあだ名をファンからはつけられている。



  • 声優
担当声優の乃村氏は以前にワポルの部下クロマーリモ、シャンディアのブラハムボビー・ファンクなどを演じていた。

関連タグ

四皇 カイドウ 

百獣海賊団
キング クイーン
シープスヘッド ジンラミー ホールデム スピード X・ドレーク バジル・ホーキンス

ミンク族 ネコマムシ イヌアラシ

ワノ国 モモの助 酒天丸

外部リンク

関連記事

親記事

百獣海賊団 ひゃくじゅうかいぞくだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21424

コメント