ピクシブ百科事典

モモの助

もものすけ

モモの助とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

概要

新世界ワノ国に住む子供。

ひょんな事から世界政府が立ち入りを禁ずる島パンクハザードに行き着き、そこで元世界政府科学者シーザー・クラウンによる人体巨大化実験の実験体として島に閉じ込められてしまう。
しかし、「侍」ゆえに施し(食事)を頑なに拒み続け、結果的にシーザーが子供達を島に縛り付けるために投与していた覚醒剤入りキャンディーを食べずに済んだ。しかし、研究所を彷徨っている最中、偶然見つけた試作品の人造悪魔の実をその空腹のあまり食べてしまい、龍に変身する能力を持つ体になってしまった。


プロフィール

本名光月モモの助
異名無し
懸賞金無し
所属不明
能力龍に変身する
出身地偉大なる航路 新世界 ワノ国
身長不明
年齢8歳
CV折笠愛


性格

父親に似て侍らしさを強調したような性格で、非常に頑固であるが女好きである。また、計算高い一面もあり、自分が小さい事を理由にナミニコ・ロビンの胸元に抱きついたり、一緒に風呂に入ったりする。そのため、女好きでもそのような事ができないサンジブルック錦えもんの3人には非常に嫉妬されている。
サンジの見立てでは父親もそうだがなにやらわけありの様子。

能力

モモの助


悪魔の実不明(ベガパンク作の人造動物系悪魔の実)
解説小型の龍に変身する
種類不明

小型の龍(小さすぎるため周りからはウナギと思われることも)に変身できる。まだ自分で制御できず自覚もないが、自分の周囲に雲を出現させ、それをつかむことで空中を移動することが出来る。

他にも、詳しくは不明だがルフィ魚人島しらほしのように本来喋るはずのないものの声が聞こえる特殊能力がある。

活躍

最初の登場はパンクハザード編で、元世界政府科学者シーザー・クラウン率いる軍団との戦いの途中で研究所のゴミ箱に落ちてしまった麦わらの一味モンキー・D・ルフィの前に小型の龍の姿で現れた。その後、ルフィと行動を共にし、シーザーの研究について情報を提供するなどしてルフィの戦いをサポートした。そしてシーザーとの戦いが終結した後、父錦えもんと再会した。

何故かドフラミンゴが狙っているらしく、シーザー、SMILE工場と同じく、ローがドフラミンゴに渡したくない手札だった。ドレスローザについたときも船から出ようとせず、ナミ達が先にゾウに向かうとき共にいく。
ゾウについても謎のざわめきから気分が落ち着かず、しばらくは外に出なかった。












以下ネタバレ







実はワノ国「九里」の大大名である光月おでんの息子で光月家の跡取り。
道中の危機から身を隠すため錦えもんと親子関係という芝居を打っていた。

しらほしのように象主(ズニーシャ)の声を聴くなど不思議な能力を持っており、8歳のはずだが、どういうわけかかなり昔の話であるイヌアラシネコマムシの仲の良かった頃(絶交したのはワンダがまだ子供だった頃)を知っていたり、ロジャーについてもわずかながら記憶がある。
この不思議について錦えもんは知っているらしく、モモの助が龍に変身した際には何か納得したような表情を見せたりしている。どうやら光月おでんの冒険が関係しているらしい。

ジャック率いる海賊船団によって象主(ズニーシャ)が襲われた際、象主から「話しかけられる」。1000年前の命令により歩くことしか許されていない象主からの願いで彼に「命令する」ことで、象主の攻撃によってジャックの排除に成功した。

関連項目

ONEPIECE ワンピース 
ワノ国 錦えもん 光月おでん
パンクハザード シーザー・クラウン

しらほし…その特殊な能力繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「モモの助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283609

コメント