ピクシブ百科事典

黒炭カン十郎

くろずみかんじゅうろう

黒炭カン十郎(KUROZUMI KANJURO)とは『ONEPIECE』に登場する侍、カン十郎の本名である。
目次[非表示]

概要(974話以降のネタバレ注意)





















“カン十郎”


光月おでんの家臣団「赤鞘九人男」の一人“夕立ち”カン十郎の本名である。
敵側の大将「黒炭オロチ」と同じ黒炭姓であり、この名前を明かした事で、彼が敵側から送り込まれたスパイである事が明らかとなった。

カン十郎の生まれは実は黒炭家の分家で、大衆演劇の家の子。つまり黒炭オロチと同様、彼もワノ国による黒炭家迫害の被害者の1人だった。迫害に伴って彼の両親は舞台上で殺害されており、舞台でしか生きる事を知らなかった彼は、これを切っ掛けに完全に心を失ってしまったのである。

絶望のどん底にあったカン十郎に、黒炭の本家末裔であるオロチが接触。オロチから両親の仇を殺した事、これからワノ国への復讐を行う事を伝えられる。同時に彼はオロチから光月に入り込むスパイとして、光月の忠実な部下を演じる役割を与えられた。「光月として生き、光月として死ね」と言うオロチの命令も、死に場所を求め、尚且“大役”を演じられる機会を与えられたカン十郎は直様承諾し、オロチから渡された悪魔の実を食し、希美にて浮浪者を偽って将軍家の嫡子・光月おでんに接触、ひと悶着を経て家来となり彼らの旅に同行した。以降は九里大名となったおでんの家臣を務める裏で、オロチに情報を提供する黒炭側のスパイとして暗躍するようになった。

つまり、光月おでんと出会った時点で、既にオロチと接触した後であり、最初から光月家を貶める為に行動していたのである。加えて、何者かを演じる事でしか生きられないと言う、一種の職業病めいた性分から、他の家臣達同様に絶対的な忠義の下おでんに仕え、その上で命を落とす事も厭わぬ異常性を持ち、密かに彼らの情報や郷の予算を、オロチに流したり等はしていたが、おでんやその家族、同心を直接手にかける行動は一切取らなかった。この徹底された演技により、おでん達も誰1人として彼がスパイであるのを見破る事が出来なかった。

当初はオロチの命令通り、20年前の処刑時にそのまま光月の家臣として死ぬ予定だったが、おでんの計らいにより奇しくもその場から生き長らえ、トキの能力で20年後の未来(現在)に飛ばされる。こうした予想だにしない状況の中でも、カン十郎の演技はブレる事なく、以降も変わらず忠臣を演じ続け、跡取りのモモの助を支えつつ、オロチとの内通を続けていた。
オロチが部下からの信頼を失いつつも、「赤鞘が20年後に自分に復讐に来る」とするトキの予言を具体的に信じていたのも、そもそもオロチからして見れば、20年間音沙汰のなかったスパイが、急にタイムスリップの事を知らせてきた事実があった為で、信じるのが当然だと言える。

ドレスローザでの初登場から正体が判明するまで、連載中のリアルタイムで6~7年以上経過しており、否が応でも時間の流れを感じさせるものとなっている。

人物

本性

冷血な人格破綻者。役を演じている間は、一人称が「それがし」で、錦えもんと同じような侍口調を用いていたが、本性を表してから一人称は「おれ」に変化し、これまでルフィやロー等の協力者達を「○○殿」と敬称を付けて呼んでいたが呼び捨て、もしくは侮蔑的な呼称を用いる等、乱雑な口調を用いるようになった。

性格に関しても、これまでまんまと騙されていた光月の同盟者達を徹底的に煽り、罵り、逆に錦えもんの策(実際はただの偶然)に騙された際には、驚愕や憤怒の表情を顕にしたり等、以前よりも感情的な側面が目立つようになった(心が完全に破綻しているため、場の雰囲気や状況に合わせてこれらの本性もただ演じているだけなのかもしれない)。

スパイとして

彼のスパイ行為において、非常に恐ろしい点は情報や金を流す事以外は、一切の利敵行為を行わなかった事である。光月おでんの家臣として彼に忠義厚く従い、仲間達とは時には笑い、時には互いを練磨し合ったりと苦楽を共にし、オロチやカイドウと戦う時は、命を落とす事も憚らず死力を尽くして戦う等、「おでんの忠実な家臣」と言う“役”を見事に演じ抜いたのである。

釜茹での刑で他の赤鞘と一緒に処刑されかけた事については、元々死に場所を求めていた彼としては、さして気にするような事でも無かったらしく、むしろ自身の正体を明かした時、その事を問われた際には「共に死ぬ事によって完全なる役が完成していた」として、自分の死を歓迎していた節さえ匂わせている(飛行力の低い雀に乗った状態で、落ちること等への恐怖心を感じさせずに絵を描く、標高の高い象主を登っている最中に、よくよく考えれば自身も危険な目隠し行為を行うといった行動も、自身の死に対する危機感や恐怖心の乏しさによるものと思われる)。

こうした徹底された役作りから、錦えもん達もカン十郎自らが、正体を明かすまで全く気付かずにいた。

真の主君であるオロチも、こうした彼の性質を利用しつつも異常なものと捉えているようで、カイドウとの対談で口汚く罵っている。しかしその分、スパイとしての有能かつ忠実な仕事ぶりから、オロチ自身も彼に全幅の信頼を寄せている。事実、カン十郎からの情報に部下含む他者から、度々疑義を持たれているが、その度に「確かな情報だ」として疑惑を否定している。

能力

上述通り、彼の食した悪魔の実はオロチと初めて出会った際に渡されたものであり、能力者となった期間は意外にも長い(入手ルートはおそらくオロチと同様、彼の後見人である黒炭ひぐらしと思われる)。

自ら描いた絵を実体化させる能力に関しては、これまで通りだが、役を演じている時とは異なり非常に精巧な絵を描いており、そもそも絵が下手だった事自体が演技(嘘)であった事も明らかになった。実際、よく見ると過去の食事シーン等では普通に右手を使用しているのに対し、ドレスローザ等で絵を描く時は左手を使用しているように見え、敢えて利き手でない方の腕で絵を描いていた事が分かる。
尚、この筆には絵を描く以外にもしっかりと『斬る』力も持っているようで、オロチの元に辿り着いた際に、襖が斬り裂かれている描写がある。

正体を現した際に、赤鞘達の小舟に乗っていたカン十郎は、自身が能力で作り出した分身であり、錦えもん達もそれを斬り捨てるまで、偽物である事が見破れなかった。しかも、雨風が吹き荒ぶ悪天候の中でも、一切その絵の分身が崩れず、『水にかかると消える』と言う弱点まで、嘘であった事が同時に判明した。

画力だけでなく絵を描くスピードも非常に早く、河松との勝負では彼の攻撃を受け交わして退いている僅かな時間に、見事な鶴の絵を描いて実体化させ、空中に逃げて追撃を回避している。

能力の練度そのものも、妙な悪戯などで誤魔化されているが、全長2万m以上もある象主の背中にある国(アフリカゾウの全長と肩高等を基準に、大まかな計算をした場合、標高は2千mは軽く超えていると思われる)を登攀できる疑似生物を用意する等、実際は底知れない。また、彼の絵を実物化する能力も本領を発揮すれば、もう1人の自分を生み出してアリバイ作りも容易、オロチの元へ擬態も出来て意思を持って情報を運ぶ鳥と言う伝達能力の高さ、食料難に及ぶ事はない生存能力の高さと、必要な要素を兼ね備えている。

その他、髪を筆代わりにして空中に絵を描く描写もあり、彼の能力は「空中でも絵を描ける」もしくは「墨自体を自在に操る能力」とも解釈が出来るが、詳細は今のところ不明。いずれにせよ、彼が光月家に潜伏していた現在までの十数年(タイムスリップを含めれば更に20年)もの間、これ程の能力の本質まで偽り続けていた事になる。

また、1008話で体力を消耗するが生み出した絵を遠隔操作することも可能だと判明した。

作品

  • 自分自身

カン十郎本人にそっくりな分身。雨に濡れても消えない為、上述の通り錦えもんが斬り捨てるまで偽物だと気付かれなかった。

しのぶを拘束する際に描いた蛇。無数に描く事でロープ代わりにした。

鬼ヶ島へ飛び立つ際に描いた鶴。ドレスローザで描いた抜け雀と違い、こちらは精巧な絵だった事から高い飛行能力を持つ。

  • 首なしの騎馬武者
鬼ヶ島に上陸しようとする赤鞘達を迎え撃つ為に描いた、馬に乗った首のない鎧武者。2体存在し、それぞれ長槍と太刀を携えている。カン十郎やカイドウの部下達と共に赤鞘たちと対峙する。

  • 光月おでん
モモの助を始末する際、障害となる赤鞘を足止めするために遠隔操作されたおでんの絵。立ち振る舞いそのものがおでんの為、錦えもん達も最初偽物だと気づかなかったが、いち早く感づいたアシュラにより抑えられてしまう。その後、隠し持っていたダイナマイトを用いて自爆した。

  • 浮世夕立ち絵図(うきよゆうだちえず)

髪の毛を筆代わりにして空中に“墨雲”を描き、そこから墨の矢を雨のように降らせる。木箱くらいなら簡単に破壊する威力を持つ。墨雲を描く際の髪を振るう姿は歌舞伎演目『春興鏡獅子』がモデルと思われる。

作中での動向

決戦当日、オロチの指示もあって鬼ヶ島へ討ち入りに行く途中の小舟にて、同船した赤鞘の6名に正体を明かし「初めからおれのような男はいない」とし、カン十郎と言う人間が作られたものであった事を伝える。
これらの事実を明かしている間に、赤鞘達の小舟はオロチを介してカン十郎の密告を受けた、百獣海賊団の軍艦3隻に包囲されてしまう。

許し難い裏切りに怒った錦えもんは、嬉々として裏切りの全貌を語るカン十郎を瞬速の居合抜きで両断するも、同船していた彼は能力で描いた分身であり、本物は港に残してきたモモの助としのぶを急襲し捕らえていた。元々この任務においてオロチから「死なないこと」と「モモの助を生け捕りにすること」を命令されており、カイドウはモモの助から“世界の真実”について聞き出そうと考えていた。

勝利を確信し、侍の最期を見届けてやろうと高笑いしたが、直後に殲滅できたと思っていた侍集&海賊達の連合軍が港に現れ、状況は一変。実は錦えもんが暗号の解釈を間違えており、周囲も自分もそれに気付かず信じた結果、密告した場所・日時が侍達の読み取った内容とは違うものになってしまったのだった(破壊した船団も、フランキーが作った予備の空船であった)。

最早、正体を明かしてしまった自分だけではどうにもならない程に趨勢を切り返され、一杯食わされた(?)事に憤慨するカン十郎。仕方なくモモの助だけでも攫っていく事にし、モモの助を救うべく素早く泳いで引き返して来た河松の攻撃も防ぎ切り、モモの助を抱えたまま地面に描いた鶴で上空へと離脱。現在身を隠している日和も見つけ出して必ず殺すと宣言し、自身の能力で連合軍に攻撃を加えながら鬼ヶ島へ飛んで行った。

錦えもん達より一足早く鬼ヶ島に上陸したカン十郎であったが、島内の入り組んだ構造や、事情を知らないカイドウ一派から攻撃を受けたり、モモの助がその隙を突いて縄を解いて逃亡を図ったり等のトラブルもあり、結局カイドウやオロチに対面する頃には、錦えもん達は鬼ヶ島に潜入した後になってしまった。抵抗した為ボコボコに痛めつけたモモの助の身柄をオロチに引き渡すと共に、港で起こった一連の出来事を伝えると、オロチは余裕を演じつつも焦燥し、宴会の催しがてらにモモの助を処刑しようと準備を始める。

一方でカン十郎は、長年共に行動した赤鞘達が軍艦3隻ごときでは倒れないとも踏んでおり、百獣海賊団の軍勢と、自ら生み出した首なしの騎馬武者2体を率いて、島の裏門の防衛線を張った。予想通り、その場にはハートの海賊団の潜水艇によって上陸した菊の丞雷ぞうイヌアラシ河松、そしてマルコの手助けで空から着陸したネコマムシイゾウの姿があった。カン十郎はここでも赤鞘達を罵倒し、モモの助が今正に処刑されようとしている等を語って煽り立てるが、彼らは飽くまでも冷静にカン十郎に向き合い、それぞれ武器を抜いてカン十郎に対峙。菊の丞は、外していた鬼の面と兜を改めて装着すると、冷徹にカン十郎の言葉を制し、仲間達と一斉に挑みかかった。

錦えもん、傳ジローが作戦通り裏門まで辿り着いた頃、カン十郎と赤鞘達の勝敗も決していた。刀を手に落涙する菊の丞と雷ぞうの傍らで、カン十郎は新雪を血で染めながら静かに横たわっていた。奇しくもこの時、おでんの家臣であった10人がその場に揃う事態となり、錦えもんも横たわるカン十郎の姿を見ながら、貧しくも楽しかった当時を思い起こしていた。その為か、忌むべき筈のカン十郎に対して何を言う訳でもなく、被っていた傘を彼の顔に乗せて先へと進んでいった。

その他

伏線について

上述通り、カン十郎の初登場から正体発覚までに(連載期間で)7年近くを費やしており、実際に伏線が多く敷かれていた。

出来事理由
上述の通り過去編や食事シーンと絵を描く時とで右手と左手を使い分けている絵が下手という嘘のため
旱害のジャックゾウに来ることができた上に、雷ぞうだけを名指し情報を流したスパイだから(この時点で雷ぞう、イヌアラシネコマムシが内通者の線が無くなる)
ドレスローザにて錦えもん達が異名を含め名前が筒抜けだった(本来であればオロチですら把握出来ていない情報をドフラミンゴが知っていた)同上(この時点でドレスローザに居た侍は錦えもん、カン十郎、モモの助のみ)
当初錦えもんとモモの助は親子関係を装っていたのにも関わらず、ドンキホーテファミリーはモモの助を狙っていた。同上。
錦えもんとカン十郎が再会した後、ドフラミンゴ側がカン十郎を直接的に狙う描写や名前を出す描写が少なかった錦えもん達の味方ではないが、ドフラミンゴの忠君でもない為 (ドフラミンゴ側にとって、カン十郎は敵ではない。しかし、良くも悪くもオロチの命令に忠実で精神面が特殊な為、どこまで協力するか読めない)。
主君の仇敵である「竜」の絵を平気で描いて使役まともな心がなく、他の人間の気持ちが理解できなかった為。錦えもんに問い詰められた際には「目には目を」という理屈で誤魔化していた。
過去編にて「迫害された過去がある」と触れている黒炭の一族だから。おでんは当時のカン十郎の行い(死体から髪の毛を切り筆を作って生計を立てていた)だと勘違いしていた模様。
初登場時に頬張っていたのはレタスレタスの花言葉は「冷たい人」「冷酷」 強引な感じもあるがカン十郎の本性を現している。
名前・異名の夕立ちカン十郎の由来夕立ち(『狐の嫁入り』と言われ、『誰かを欺く』、『何かを隠す』という意味がある)カン(=間者=スパイ)十郎(江戸時代に舞台上で殺された『初代市川團十郎が由来だと思われる。

ちなみに、カン十郎が本編に初登場した原作753話のサブタイトルは「お見知り置きを」
「お見知り置きを」とは、一般的には初対面の人物に対して「自分の事をずっと覚えていてください」という意味で用いられる表現の一つである。そしてこの753話で初登場となったキャラクターはカン十郎だけ。そのような点からすると、そのサブタイトルは「後々まで『おれ』を覚えておけ」という、カン十郎から読者へ送られたメッセージだったのかもしれない。

好物について

コミックス96巻のSBSでは、おでんや家臣達(赤鞘、しのぶ、イゾウ)の身長と好物についてが明かされており、好物については全員が皆それぞれおでんのタネ(具)で統一されている。

カン十郎の好物は「ロールキャベツ」であり、おでんの中では唯一洋食の具材という点でも彼の異質感が強調されている……のかも知れない。また、ロールキャベツ系男子という言葉があるように、「一見無害な装いに得体のしれない本性を隠している」といったニュアンスも含まれていると思われる。

余談

演じる山崎氏は、過去にアニメオリジナルキャラクターのカミュ役でシリーズ出演経験がある。
ちなみにカミュも偽りの役を演じる人物であったが、『楽な生活ができる』と言う出来心によるものであり、人物像がマトモな部類であった。

尚、鬼ヶ島におけるカン十郎と赤鞘達の戦いについては詳しく描写されておらず、「コマに写らないところでいつの間にか倒されていた」と言う展開に驚いた読者も少なくない。
これまで「大舞台の役者」として赤鞘達を騙し続けてきた結果、戦闘での活躍や散り際を一切描写される事なく舞台外で退場するというこの結末は、死に場所を求め、死ぬ事で完全な役を完成させようとしていたカン十郎にとっては、これ以上ない皮肉な末路と言えるのかもしれない。

或いは「敢えて『黒炭カン十郎』としての明確な戦闘描写を避けて死亡させる事で、『赤鞘九人男のカン十郎』として同胞に看取らせた」と言う解釈も可能だと思える。

関連項目

ONEPIECE ワノ国
役者 スパイ サイコパス
黒炭オロチ 黒炭ひぐらし 黒炭せみ丸 カイドウ

織田信行織田信勝とも言われる。通称は「勘十郎(カン十郎)」。兄であり主君でもある織田信長に謀反(裏切り)を起こした人物である。なお光月おでんのモデルの1人が織田信長だと言われている。

ユダ新約聖書に記されるイエス・キリストの弟子(十二使徒)の一人。キリストの腹心でありながら銀貨で師を売り磔刑に追いやったことで、現在も「裏切り者」の代名詞として用いられる。カン十郎の通称である“ち”が彼の名にも掛けているとも考えられる。また、同じくユダをモデルとする『北斗の拳』の同名の登場人物にも外見の一部特徴が共通している(赤い長髪、顔の化粧など)。

市川團十郎…初代は舞台上で殺害されている。スーパー歌舞伎II「ONEPIECE」を手掛けた澤瀉屋一門から見て主家筋の養先祖に当たる。また、この時期の歌舞伎俳優はいわゆる「被差別階級」であった。

河上万斉…中の人つながり&破滅願望が混じった野心を抱える大将の忠君繫がり。また、高杉のカリスマ性や万事屋一行の個性等に隠れがちだが、彼もつんぽという名義で寺門通とともに芸能界で成功を収めたのにも関わらず、それを不意にするようなテロ行為を続行していた危うい人物でもある。

リボルバー・オセロット…青年期の中の人繋がり&正体を誰にも気づかれなかった凄腕スパイ繋がり。山崎たくみ氏が声を務めたMGS3において組織と繋がっていた三重スパイで、主人公に己の正体と真の目的を気取られる事なく彼をサポートした。また晩年は精神まで別人になりすましAIを騙す離れ業を成し遂げた。

歌舞鬼…歌舞伎・裏切り者・迫害された過去を持つキャラクター繋がり。

ベクター…リアルタイムで長期間味方のフリして主人公陣営を欺いたキャラクター繋がり。人当たりのよい人格を演じていたが本性を表してからは相手を煽る等の共通点を持つ。

関連記事

親記事

カン十郎 かんじゅうろう

pixivに投稿された作品 pixivで「黒炭カン十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18445

コメント