ピクシブ百科事典

カン十郎

かんじゅうろう

カン十郎とは、少年漫画『ONEPIECE』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

新世界ワノ国に住む。同じくワノ国の侍である錦えもんの同心である。主君はワノ国九里大名光月モモの助

歌舞伎役者のような風貌をした長身の男で、背中にを背負っている。

往年の名優嵐寛寿郎をモデルにしていると思われる。

プロフィール

本名カン十郎
異名夕立ち
懸賞金無し
所属不明
能力絵を実体化させたり、自分を絵にする能力
出身地偉大なる航路 新世界 ワノ国
身長不明
CV山崎たくみ


能力

悪魔の実不明
解説描いた絵を実体化させたり、自身を絵に変化させる。
種類不明


ワの国では悪魔の実の能力は“妖術”と称されており、彼は背中に背負った筆で描いた絵を実体化させる。しかしカン十郎自身の画力が低いため出現させたものはことごとく質が低く、食べ物を描けば腹をこわす者が出て、を描けば飛ぶ動作がぎこちない奇妙な鳥が出る。天駆けるを書いても飛べず這いまわるばかりであった。
また、壁などに絵になって入り、壁を抜けたり、壁の中で隠れたりできる。

また、武装色の覇気を体得しており、ドンキホーテ・ドフラミンゴによる糸の鳥カゴをゾロ錦えもんと共に押し返していた。
侍を名乗っているが帯刀はしておらず、代わりに刀の柄のような模様の柄を持つ筆を背負っている。

性格

登場描写が少ないので詳しい性格はまだわからないが、身を挺して仲間の親子を守るなど、義理堅く人情に厚い武士道精神といったものを心得ている人物と思われる。

活躍

とある理由から仲間の錦えもんやその息子モモの助と共に故郷ワノ国を出て「ゾウ」を目指し旅をしていた。しかし、途中で立ち寄ったドレスローザで国王ドンキホーテ・ドフラミンゴに目をつけられてしまい、錦えもん親子を逃がす代わりに捕まってしまった。

捕まった後はドレスローザ地下にあるスクラップ場に落とされていたが、能力を使って地層に潜み、麦わらの一味らと戻ってきた錦えもんに助けられるまで地層に潜伏していた。
ドフラミンゴ失脚後はゴーイングルフィセンパイ号に同乗してゾウに到着し、象王のお尻を登坂する「りゅーのすけ」を描いた…のだが、くだらない悪戯をやっていたせいで錦えもん共々転落してしまう。
その後再度を書いて無事に登攀に成功し、雷ぞうと合流を果たした。

作品

抜け雀

メイン画像参照。大きななのだが、画力のせいで飛翔力は低い。元ネタは同名の落語から。

萵苣(ちしゃ)

レタス。まずい。

梯子

抜け雀に乗って描いたはしご定規が無いためガタガタで登りにくい。

りゅーのすけ

昇り龍。ロビン曰くかわいい外見だが、全く飛べないためゾウの外壁をよじ登るしかなかった。
同門の錦えもんによれば「竜は親の仇同然」らしいが、カン十郎には「目には目をと言うでござろう」という意識らしい。

ねこざえもん

りゅーのすけから落ちたカン十郎と錦えもんが再度登ゾウに使用した。噴火雨で消滅。

虎三郎

三度目の登ゾウ挑戦に使用された。あんまりねこざえもんと変わらない。

関連項目

関連タグ

ONEPIECE ワンピース ワノ国 錦えもん モモの助
ドレスローザ

pixivに投稿された作品 pixivで「カン十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5493

コメント