ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

見聞色

けんぶんしょく

「見聞色」は、少年漫画『ONEPIECE』に登場する生物が持つ潜在能力である「覇気」を発揮する技術の一つである。本項では、その概略を記述する。
目次 [非表示]

本項では、『見聞色』について説明するが、概略を解説し能力の詳細・代表的な体得者は『覇気(ONEPIECE)』を参照


概要

本作『ONEPIECE』で度々登場していた能力で、後に『覇気』という生物が宿す潜在能力と明らかになった。これは全世界の全ての人間に潜在する「意志の力」のこと。”体内(身体)エネルギー”のようなもので、目に見えない感覚を操ることで発揮される技術でもある。

過酷な海域・新世界へ挑む冒険者や闊歩する強者の多くが、長期的な鍛錬で能力を引き出し扱い方を習得している。稀に、生まれながら会得している者(例:アイサオトヒメ)、生命の危機で発現する者(例:モンキー・D・ルフィ)、精神に強い衝撃を受けて覚醒する者(例:ウソップ)もいる。また描写は少ないが、無意識に『覇気』を発現および暴走する事もある(例:コビー)。


内容

定義相手の気配や感情をより強く感じることができる覇気
別名心綱(マントラ) ※空島での呼称
概要
  • 相手の気配や感情を読み取ることができる
  • 生物が発する心の声を聞くことができる
  • 相手の覇気を感じることができる
注意点
  • 「見聞色の覇気」は、覇気による効果や技術の一つであるため、覇気そのものの定義ではない
  • 音・声(心の声を除く)等は、覇気とは全く関係ないため、「見聞色の覇気」の発生源ではない

応用

相手の覇気(気配・感情など)の動きを読み取ることによって、様々な情報を探知することができる。

以下全ては、相手の覇気(気配・感情)の動きから行える派生能力であり、相手の覇気を強く感じれば感じるほどより強力な力として探知が可能である。

具体的には、


※「見聞色の覇気」によるものか定かではない技能、或いは「見聞色の覇気」の可能性もあるが、他の色で行える可能性が高い技能は、内容全体を丸括弧で囲むとする

内容
  • 相手の感情や気配を見抜き、先読みすることができる
  • 相手の感情や気配をより強く感じ、ある一定範囲に遠距離にいる者や隠れてる対象も探知する(察知した対象の様々な情報を探知できる)
  • 相当極めた覇気使いは音速や光速にも対応することが可能になる
  • 相手の感情や気配の動きから、周囲の状況を把握することもできる
  • 熟練していくと相手の強さを推し量ることもできる
  • この覇気を利用することによって、相手の記憶を読み取ることができる(ゲーム作品)
  • 相手の覇気の強さから生死の判別が可能
  • 完全に気配をカモフラージュすることができる(アニメ本編)
  • 相手の感情を読み取ることで、完全に気配を消したり、カモフラージュしている相手を探知することができる
  • 相手の感情の動きを読み取ることで、完全に気配のない攻撃を先読みし危険を回避することができる
  • 相手の感情の動きを読み取ることで、その者の状態(表情や威圧感など)を把握することができる
  • 知人の覇気を感じることで、個人の特定ができる
  • 相手の覇気の動きから性質を感知することができる
  • 相手の覇気の動きの状態を把握することができる
  • 知人の気配や感情の動きから存在を探知し、その者の視界を見ることで、現在の状況を直接映像として「視る」ことができる(映画)
  • 両者がお互いに気配や感情の動きを波長を合わせながら感じ取り、視界を共有することで、意思疎通して情報を共有することができる(映画)
高度な領域
  • 超高度に極めていくと、感情や気配の動きから、未来予知未来視)が可能になる


『見聞色』の使い手によって性質に差があり、覇気は実戦の極限状態や過酷な修業でさらに開花する。悪魔の実の能力と併用することで、より強力なものに昇華させることもできる。

但し、冷静さを欠き心が乱れた場合などには、上手く効果を発揮できない場面がある。また感受性の強い使い手は、苦しむ者の『声』に心を痛めることも多い。



関連項目

ONEPIECE 覇気(ONEPIECE)

 チャクラ 覇気 波動 意志 精神

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332869

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました