ピクシブ百科事典

コビー

こびー

コビーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「そこまでだ!! もうやめましょうよ! これ以上戦うのやめましょうよ!!」

曖昧さ回避

  1. 漫画『ONEPIECE』に登場する軍人
  2. トランスフォーマー ギャラクシーフォース』の登場人物
  3. MCU版『アベンジャーズ』にてマリア・ヒルを演じた女優→コビー・スマルダーズ


本項では1.について解説する。

概要

本作の世界の均衡を司る三大勢力の一つである海軍に所属する軍人。
元々は女海賊アルビダの元で無理矢理航海士(兼雑用)として働かされていたが、主人公モンキー・D・ルフィとの出会いをキッカケに勇気を持つようになり、海賊を辞め、紆余曲折を経て憧れだった海兵となる。

しばらくは「東の海」シェルズタウンに位置する海軍第153支部にて雑用として過ごすも、後にとある事件をキッカケに友人のヘルメッポ共々、海軍本部中将でルフィの祖父でもあるモンキー・D・ガープの直属の部下となる。
現在の階級は「大佐」。

ルフィやゾロとは、海賊と海兵という決して相容れぬ関係であるが、互いに友達(コビーとヘルメッポにとっては恩人)と認識している。

プロフィール

本名コビー
通り名不明
肩書き雑用→曹長→大佐
掲げる正義不明
年齢16歳→18歳
身長167cm
能力無し
出身地東の海
誕生日5月13日(コ→5、ビー→B→13)
血液型F型
好物リカが作ったおにぎりじゃがバター
主な上司モンキー・D・ガープ
主な部下ヘルメッポ
CV土井美加


人物

ONE PIECE - Coby


ピンク色の髪と大きな丸眼鏡が特徴の少年。
登場初期は非常に小柄で、ルフィは当時の彼を「脂肪でダルダル」と振り返っている。性格も弱気かつネガティブ、泣き虫であり、アルビダの配下に加えられてからは決して彼女に逆らえず、予てよりの夢である「海兵になること」を諦めていた。ルフィに対しても、彼の意見や海賊王になろうという夢を「無理無理無理!」「絶対無理です!」と全力否定しては殴られる

しかし、ルフィの物怖じしない性格や、たとえ死んでも悔いを残さない生き方に感化され、以降はアルビダと決別し、ヘルメッポの脅しにも屈せず、リッパー中佐の前で「僕は海軍将校になる男です!!」と宣言するなど、土壇場で強い勇気を発揮するようになる。

また、微妙な外見的変化として、海軍入隊以降は頭頂部に2本の小さなアホ毛が生えており、その形はどことなく海軍のシンボルであるカモメを彷彿とさせる。

コビー


その後、とある事件を機に(ヘルメッポ共々)海軍本部中将ガープに引き抜かれ、彼とその副官ボガード指導の下、心身ともに大きな成長を遂げる。

ウォーターセブンでルフィやゾロと再会した頃には身長も伸び(それでもルフィよりほんの少し低い)、顔立ちも以前より精悍になるなど、ルフィやゾロだけでなく、作品を追っている読者の多くが驚かされた。また、この頃には額右側に十字型の生々しい傷跡が付いており、それを隠すように花柄のバンダナを巻いているが、その経緯については今の所語られていない。また、眼鏡も普段は額に上げるようになった(新聞や手紙を読むときに装着している)。

性格についても以前より堂々としており、ルフィとの再会時は(ガープからの指示もあり)六式を駆使した体術で攻撃を仕掛けている(CP9との戦いですでに六式を把握しているルフィにはすぐねじ伏せられてしまったが)。

2年後の世界では「大佐」まで昇格しており、更に風格と逞しさが増している。頭身もさらに高くなり、おそらくルフィ(平時)の身長はすでに上回っているとおもわれる。…ただ、この頃になっても腰の低さや涙脆さは残っているようで、部下に対しても常に敬語で接し(友人のヘルメッポは除く)、新聞でルフィの活躍を知った際には滝のような涙を流して喜んでいた。

能力

元々海軍将校を目指していただけに、勉学など頭脳面では優秀。序盤でも、その知識でルフィ(や読者)への解説役として活躍している。
ガープに拾われて以降は厳しいシゴキの末に、をはじめとした六式の技をいくつか使う事が出来るようになった。また、マリンフォード頂上決戦において見聞色の覇気を開花させている。

第2部ではアニメ『エピソードオブルフィ』で先行登場しており、パンチ(恐らく獣巌)で大岩をブチ砕き、飛んできた瓦礫を素手で受け止めて仲間を救うなど人間離れした活躍を見せた。

性格

海軍側の主人公的な登場人物の1人。初期は「夢だけは人一倍大きい泣き虫の弱虫でネガティブ」という三重苦のヘタレであった。
ルフィとの出会いで徐々に変化していき、アルビダの船で底辺を這っていた経験も肥やしとなり、それまでになかったガッツと男気にも目覚め、徐々に筋金の入った精神力が養われていくことになる。
非常に優しい性格で将来は海軍大将を目指すと語る海軍の有望株であるが、少々優し過ぎて決断力に欠けており、未熟な点もあった。

活躍

ドジを踏んで海賊"金棒のアルビダ”の船に乗ってしまい、雑用として働かされていた折にルフィに助けられ、紆余曲折を経て夢だった海軍に入隊することになる。当初の配属は本部ではなく、東の海の支部だった。そこで、今後の相棒となるヘルメッポと出会う。

その後、ヘルメッポの父モーガンの脱走事件での対応をモーガン護送のため支部にやって来ていたガープに評価され、ヘルメッポと共に本部に栄転。そこで猛烈な鍛錬をした結果、超短期間で六式の“剃”を会得し曹長にまでスピード出世した。

その後CP9との決戦を終え、ウォーターセブンで療養するルフィの前にガープとともに登場。この頃には、かつての“ちんちくりんなメガネ面”からがらりと風貌を変え、逞しく真っ直ぐな男の顔になり、背丈もルフィに追い付いている。

マリンフォード頂上戦争では、ポートガス・D・エースの目前まで差し迫ったルフィと対峙するもルフィの迫力に気圧されて一撃で倒されてしまう。しかし、そこから目を覚ました後、将校達や海賊たちが次々と倒れ行く地獄絵図を見て、極限状態に達した精神が見聞色の覇気を覚醒させる。戦場を埋め尽くす悲痛な声にいたたまれなくなり、ついに海賊に猛追を掛けていた大将赤犬の前に飛び出して、泣きべそをかきながら攻撃中止を懇願。申し入れは却下されたうえに赤犬に粛清されそうになるも、シャンクスが仲裁に入り、結果としてこれが終戦のきっかけとなった。

この行為によってルフィはローの船へと避難することができ、図らずもルフィの生還を助けた結果になった。


2年後編に先行し、2012年12月15日放映開始のONEPIECE FILM Zと、同日放送のテレビスペシャルに登場した。前者では上司のガープや元帥から退き指導役となったセンゴクと会話をする程度の小さい活躍だったが、後者では圧政を行っている疑惑のある海軍基地を視察する任務を任された大佐として登場し、先述したとおり一般人を崩落する建物の瓦礫から守るなど大活躍している。




《下は90巻の内容なので注意》




本編では903話で再登場。ドレスローザとプロデンス王国の船を狙う海賊の魚雷を遠方より見聞色で確認するやいなや、すぐさま海に潜り驚異的な脚力で魚雷に追いつくと水上に持ち上げ船と魚雷の衝突を防いだ。爆発のすぐそばにいたはずだが、彼の身には傷一つなく服もきれいなままだった。「発射式の爆発物を素手でなんとかする」というのは、かつてのガープを思い起こさせる。

キュロス曰くコビーはトラファルガー・ローが首謀者とされるロッキーポート事件で市民を守った英雄であり、その事件の功績で有名になったらしい。ただ本人は英雄と呼ばれることに照れ臭さを感じており、そんな態度にキュロスも好意を示す。

ルフィの新聞を読むときはじっくりと眼鏡をかけて読みその活躍に感動して泣くなど昔のような泣き虫コビーの一面を見せ、レベッカレオにルフィへの好意を見透かされた結果レベッカの態度が親密なものとなりルフィについての会話を求められた。

余談

ちなみに初登場時の夢は「海軍将校になること」。将校とは少尉以上の階級を指すためその夢は達成したといえる。そしてルフィとの再会の折に、新たに「海軍大将になる」ことを目標とすることをルフィに告白し、敵として会った時には互いに全力でぶつかることを誓い合った。

関連イラスト

海軍将校になる男
お前ドジでバカだなー!おれ お前キライだなー!のシーン
メポコビ



関連タグ

ONEPIECE 海軍(ONEPIECE)
モンキー・D・ガープ ヘルメッポ ボガード サカズキ
アルビダ モンキー・D・ルフィ

コビー似の小日山…コビーそっくりの男子高校生が登場する公式スピンオフ漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「コビー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1398146

コメント