ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


ボガード(ONE PIECE)

世界の均衡を司る三大勢力の一つである海軍本部に所属する軍人で、海軍本部中将モンキー・D・ガープの直属の部下。


階級は不明だが、将校(少尉以上の階級)である模様。


プロフィール

本名ボガード
通り名
肩書き不明(将校なのは確定)
標語
能力能力無し
出身地
主な部下コビーヘルメッポ
CV黒田崇矢氏→竹本英史

人物

目元を伏せるように深く被った中折れ帽子にグレーのダブルスーツ、腰に刀(日本刀)を携えた和洋折衷の出で立ちが特徴。アニメオリジナルでは煙管を吹かす姿もみられた。


豪快かつ天然なガープの補佐役を務めるのに相応しい、冷静沈着で物静かな男性。

的確な判断能力にも長けており、一時意識を失ったガープに代わり指揮をとる場面もみられた。


能力

剣術、とくに抜刀術を得意とする凄腕の剣士であり、作中ではコビーの持つ拳銃を一瞬で輪切りにしてみせる妙技を披露していた。


コビーとヘルメッポが海軍本部に異動して以降は二人の稽古相手も務めている。先の剣術描写から右利きであるようだが、二人を相手に竹刀片手持ち(左手)だけで圧倒する力量差をみせている。


活躍

初登場はガープと同じく扉絵連載『コビメッポ奮闘日記』から。

海軍第153支部の元・司令官でヘルメッポの父親でもある罪人モーガンを護送するためガープに同行。しかし、モーガンは一瞬の隙きをついてガープを斬りつけ、ヘルメッポを人質に小舟を奪って逃走する。


ボガードは(居眠りで)意識を失っているガープに代わり、即座にモーガンの乗る小舟を人質諸共砲撃するように指示するも、ヘルメッポの友人であるコビーがこれを阻止しようと、砲口前で威嚇射撃をしながら立ちはだかる。しかしボガードは瞬時に彼の持つ拳銃(両手の2丁と、腰に指した3丁の計5丁)を斬って「砲撃阻止を阻止」する。その後、ガープが起き上がり大砲そのものをゲンコツで破壊したため、砲撃を中止せざるを得なくなる。


その後はガープの気まぐれで雑用二人を本部で預かる決定を受け、驚きの表情を見せていた。本部では二人の剣術指南役を務めた。


本編ではウォーターセブン編にて初登場。

エニエス・ロビー陥落の主犯でありガープの孫でもあるルフィと初めて接触するが、特に目立った動向はなかった。


その後は出番らしい出番がなく新世界編に突入してからしばらくは影も形も存在してない状態だったが、ガープがコビー奪還のためにハチノス島へ向かう際に同船。

ひばりの救護を行う海兵たちをよそに船からハチノス島の状況を見届けていた。


またくまの回想でゴッドバレー事件の際にもガープと共に参戦していたことが判明。

この際38年前にもかかわらず現在と比べてほとんど体格、顔つきが変わっていないことが読者からつっこまれている。もしかしたら似ているだけで父親だったりするのかもしれない。


関連タグ

ONEPIECE 海軍

モンキー・D・ガープ コビー ヘルメッポ

剣豪

関連記事

親記事

海軍本部 かいぐんほんぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1101443

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました