ピクシブ百科事典

目次[非表示]

何も答える筋合いはねェな…

言った筈だ わいは『世界一口の固い男』 戦桃丸だ

──あ 今のはわいが自発的に教えたんだぜ てめェの質問には答えねェ

概要

世界の均衡を司るという三大勢力の一つ、海軍本部に所属する軍人。
海軍の科学者ベガパンクのボディーガードで「海軍本部科学部隊」の隊長も務めているらしいが、超新星編時点では「海軍関係者」というだけで海兵ではなかった模様(しかしこの時点でも海軍本部大将・黄猿は直属の上司であり、彼を「オジキ(=伯父貴/叔父貴)」と呼ぶなど近しい間柄ではあるようだ)。
 
新世界編序盤で早速再登場した際には「正式に海兵になった」とのことで海軍マントを羽織っている。このマント(正確にはロングコート)は将校・将官クラスの海兵に与えられるものなので、少なくとも少尉以上は確実とみられる(ちなみに一等兵以下は制服と軍帽が義務、伍長以上で私服OKになる)。
 
なお「せんとうまる」という名前だが戦ではなく戦
金太郎を彷彿とさせる格好が印象的。

プロフィール

本名戦桃丸
通り名不明
肩書き海軍本部科学部隊隊長→階級不詳(海軍将校)
掲げる正義不明
年齢32歳→34歳
身長279cm
能力無し
覇気武装色、見聞色
出身地偉大なる航路
誕生日3月10日(ん,10うまる)
血液型F型
好物おにぎり焼き芋
主な部下パシフィスタ
一人称わい
CV伊倉一恵


人物

外見

黒髪のおかっぱ頭に赤い前掛け(中央にベガパンクのシンボルマーク入り)、大鉞を背負った大柄な体格の偉丈夫で、日本の昔話『金太郎』を彷彿とさせる。ついでに熊(くま≒パシフィスタ)を連れている。
左目尻と口角を繋ぐような縫い傷跡があるのが特徴。

言動

ボディガード及び海兵としての職務には勤勉で特にガードの固さには自信があり、「世界一ガードの固い男」を自称している。
いっぽうでやけに口が軽く、度々言う必要のない事を口走ってしまうのが玉に瑕。
しかも本人に自覚症状は無く、その点をツッコまれても「今のは自発的に教えただけで質問に答えたわけではない」と言ってはばからない。酷い時には軍の作戦内容を海賊の前で放送してしまったりする
 
ただし常識人の部類ではあるので、黄猿のとぼけた言動に対してツッコミを入れたり、道具類の使い方や戦況を教えたりする事も多い。
そしてくまの横槍が入ってもなお任務を続け、覇気を維持できるだけの精神力も持つため、情報機密以外のガードは低くないようだ。
武装色だけでなく見聞色も使えるので、防御面も抜かりはない…はず。

麦わらの一味との関係

ルフィ達麦わらの一味に対してはシャボンディ諸島で捕らえ損ねてから因縁じみたものを感じており、一味の復活を察した時にはパシフィスタ(プロトタイプ)を二体連れて誰よりも早く出陣。
そのシャボンディ諸島で麦わらの一味の名を騙っていた"ニセルフィ"のデマロ・ブラックと鉢合わせた際には「”麦わら”はおめェみてェなカスじゃねェよ!!!!」と一喝するなど、敵ながらもルフィの実力を認めているような言動が見られる。

戦闘能力

基礎戦闘力

悪魔の実は食べておらず、2年前にルフィと交戦した際「言っとくがわいは能力者じゃないぜ」と宣言している。
 
本腰になると背中に担いでいるを武器として振るうものの、基本は体技で戦うパワーファイターの模様。現在のところ、劇中でその鉞が活躍したのはデマロ・ブラックを文字通り叩き潰した時だけである。

また覇気を体得しているため、能力の特性で打撃が効かないはずのルフィにも打撃でダメージを通す事が可能。

そしてパワーだけではなく冷静さも兼ね備えており、くまレイリー介入によって戦局が乱れた際にも深追いせず一旦報告する慎重さを見せた。
さらに当時のルフィ(まだ覇気を習得していなかった)を「自身よりは戦闘力に劣るものの油断ならない相手」として確実に撃破しようとした事から、相手の特徴や力量を分析する観察力も持っている様子。

覇気

戦闘シーンが少ないため、見聞色のレベルや武装色硬化(覇気を纏って黒くなるアレ)や流桜を体得しているのかは不明。
だがワノ国編にてヒョウじいが武装色の上位技術「弾く覇気」をやって見せた際にはルフィが彼の存在を回想している(他にはレイリーやマリーゴールドも登場)。このため弾く覇気は扱える可能性が高い。

足空独行(アシガラドッコイ)
覇気を纏った突っ張りで相手を弾き飛ばす。シンプルだが威力はかなりのもの。
技名の由来は金太郎伝説が残る足柄山からか。
 
ほいさ!!(仮)
両手を突き出して覇気らしきもの(流桜?)を放ち、攻撃を弾き返す。
ちなみに頂上戦争では当時の三大将が同様に両手を突き出した姿勢で白ひげの放った衝撃波を防いでいた事から、これらは同様の"技"であると思われる。
 

活躍

初登場時はシャボンディ諸島。大将・黄猿の部下として世界政府の人間兵器パシフィスタを引き連れ現れる。
世界貴族に手を出した麦わらの一味を襲い、あと一歩のところまで追い詰めるも、突如現れた“王下七武海”(兼 パシフィスタのオリジナルでもあるPX-0こと)バーソロミュー・くまの介入により取り逃した。

次の登場はマリンフォード頂上戦争センゴク元帥の作戦に参加し、白ひげ海賊団をパシフィスタ軍団で囲い猛攻を掛ける。戦争の途中、パシフィスタに危害を加えたボア・ハンコックと交戦する場面も見られた。

3度目の登場は2年後のシャボンディ諸島。正規の海兵となった戦桃丸は部隊とパシフィスタを連れて一味を再び襲うが、逃げられてしまう。
その際、2年前に一味を追い詰めたのと同型のパシフィスタ2体をルフィゾロサンジに破壊され、一味の成長とその危険度の高さを目の当たりにした最初の海兵となった。

余談

  • 声優

担当声優の伊倉氏は、大谷育江氏の療養期間中にトニートニー・チョッパーの代役を一時受け持っていた。

関連タグ

ONEPIECE 海軍 ボルサリーノ(黄猿) ベガパンク パシフィスタ
 
フクロウ(ONEPIECE):同様に口が軽い政府側の人物(ただし海兵ではなく諜報員兼アサシン
スモーカー:こちらは海兵。ルフィを追い詰めるも取り逃がしてしまったという点・彼に因縁を感じているという点で共通する
ペローナ映画STAMPEDEにて交戦。ネガティブホロウを受けネガティブになるなど本編では見せないギャップを披露する。

関連記事

親記事

海軍本部 かいぐんほんぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戦桃丸」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「戦桃丸」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321432

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました