ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

立ち上がれ、全勢力


概要

作品名ONE PIECE STAMPEDE
監督大塚隆史
脚本大塚隆史、冨岡淳広
作画監督佐藤雅将
ゲストユースケ・サンタマリア指原莉乃山里亮太 ほか多数出演
主題歌WANIMAGONG
公開日2019年8月9日
上映時間101分
興行収入55.5億円
前作ONE PIECE FILM GOLD
次作ONE PIECE FILM RED

テレビアニメ『ONEPIECE』放送20周年記念作品であり、令和時代初の劇場版。

STAMPEDE(スタンピード)とは日本語熱狂暴走を意味する。

今作も原作者である尾田栄一郎は監修として制作に参加しており、原作キャラクターの衣装やオリジナルキャラクターのデザインなどもを手掛けている。


監督は2017年放送のスペシャルアニメエピソードオブ東の海の監督を務めた大塚隆史。脚本は大塚と2015年放送のスペシャルアニメアドベンチャーオブネブランディアの脚本を担当した冨岡淳広が担当する。


FILMシリーズとの関わり

ONE PIECE FILM STRONG WORLD』以降の作品でタイトルに取り入れられていた「FILM」の語句は本作には含まれていない。その為、原作者が制作総指揮に関わる劇場版シリーズであるFILMシリーズからは除外されるが、本作では後に原作に関わる設定が明かされており、FILMシリーズ同様にONE PIECEという物語を語る上では重要な作品となっている。


その為、ファンの中には本作もFILMシリーズの一部と考えている者もおり、そうでなくてもFILMシリーズと同列に扱われる傾向にある。


特徴

本作の特徴は「全勢力」が集うオールスター作品。

海賊、七武海、海軍、世界政府、革命軍といった多種多様な人種がある目的のもと海賊万博に参加。その混乱の中で一騎当千の強豪たちをも退ける本物の「化物」を相手に一致団結するというのが物語の主軸となっている。


時代の覇権を巡る熱狂、開幕


あらすじ

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典海賊万博。万博の目玉は「海賊王の残した宝探し」


「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にした麦わらの一味。会場には、最悪の世代をはじめとする多くの海賊たちも群がっていた。しかし、その万博の裏には別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にすべく海軍までもが動き始めていた。

そんな時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団“鬼”の跡目と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる!


狂乱する海賊、事態の収束を諮る海軍、巧妙に海を生きる王下七武海、独自の思惑を持つ革命軍が参戦し、敵味方入り乱れ類を見ない大乱戦が巻き起こる。お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥って行く!!


登場キャラクター

今作はオールスター出演と名を打ってるのもあって、総勢200人以上のキャラクターが登場する。


麦わらの一味


海賊

最悪の世代


王下七武海


その他の海賊


革命軍


海軍


CP‐0


その他


今作オリジナルキャラクター


余談

  • パラレル

なお今回も本編と食い違う時間軸のため、パラレル扱いである。そうはいっても本編からあまりに逸脱することも出来ないためか麦わらの一味の仲間とは言えど当時安否不明だったジンベエや世界会議で事件に遭遇したと思われるネフェルタリ・ビビは直接の登場はしていない(ジンベエはウソップの回想シーンの1シーンで、ビビは本人は登場しないが『仲間の印』が1シーン登場する場面がある)。ジンベエは次回作で劇場版初登場を果たした。


  • 前日譚

アニメ本編では本作に連動するストーリーとして、2019年7月28日8月4日にオリジナルストーリー「シードル・ギルド編」が放送された。


関連イラスト

ワンピスタンピード信号機🚥


どうしてこうなった

なんかいろいろおかしいSTAMPEDE


関連動画


関連タグ

劇場版ONEPIECE オールスター


ライオンキング:同日公開のディズニー映画

関連記事

親記事

FILMシリーズ わんぴーすふぃるむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6383473

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました