ピクシブ百科事典

目次[非表示]

違いない…………

頼むぞキッド! 穏便にな

概要

ユースタス・キッド率いるキッド海賊団の戦闘員。
フルフェイスのマスクと、両手に装備した手甲鉤のような鎌「パニッシャー」が特徴。

シャボンディ諸島11人の超新星と呼ばれるルーキー海賊の一人として登場し、現在は相棒のキッドと共に最悪の世代の一角に数えられている。

プロフィール

本名キラー
異名殺戮武人人斬り鎌ぞう
年齢25歳→27歳
身長195cm
懸賞金1億6200万ベリー→2億ベリー
肩書き最悪の世代
所属キッド海賊団戦闘員
所属船ヴィクトリアパンク号
悪魔の実SMILE(失敗)
覇気武装色見聞色
出身地南の海
誕生日2月2日
血液型X型
趣味ドラム料理
好きな食べ物ペペロンチーノ
嫌いな食べ物カレーうどん
武器「パニッシャー」
イメージ国スコットランド
イメージ職業武器商人
イメージ花スノードロップ
イメージ動物イタチ
CV浜田賢二


人物

外見

生存祈願


長い金髪と顔全体を覆った白と青のストライプ柄の仮面が特徴的。
この仮面には複数の穴が開いており、食事の際もこれを外すことなく、パスタを食べたりストローを使ったりしている模様。
好物はペペロンチーノなので麺類好きなのかと思いきやカレーうどんは嫌いで、これが嫌いなのはキッドと同じ。実は彼らが幼いころに同じ女の子を好きになり、その子がカレーうどんの汁まみれになったのを笑ってしまったところ、二人揃って半殺しにされてしまったトラウマが原因らしい。
その女の子の名前は「シルトン・ドルヤナイカ」。
 
2年後もマスクはそのままだがあごひげを生やし、また体格もより筋肉質で男らしくなった。左腕に火傷らしき傷跡があるが、詳細は不明。しかしキッド海賊団は2年の間にビッグ・マム海賊団赤髪海賊団とやり合った事が言及されており、キッドは赤髪海賊団との戦いで左手を失った。その後ビッグ・マム海賊団の最高幹部「将星(多分シャーロット・スナック)」と戦ったようなので、大方このどちらかで負傷したのだろう。

性格

キッド&キラー


物騒な異名や出で立ちとは裏腹に至って冷静沈着。
キッドとは幼少期を共に過ごした仲であり、「相棒」と呼ばれるほど強い信頼を置かれている。キラー自身も他の船員がキッドのことを「キッドの頭」「船長」と呼ぶ中「キッド」と呼び捨てにしており、互いに対等な立場であるようだ。
 
短気な上に超好戦的なキッドのブレーキ的存在で、世情や習慣などにも通じている博識な面もあるらしく、頂上戦争終結後にルフィ、シルバーズ・レイリージンベエがマリンフォードを訪れて「16点鐘(マリンフォードの鐘を16回鳴らす年末行事)」を行った件についても、「本来16点鐘は去る年に感謝して8回、新年を祈り8回鐘を鳴らす。しかし今はその時期ではない……"時代"の終わりと始まりの宣言だろう」と、自分なりの見解を折り交ぜてキッドに説明。
ちなみにキッドはこれについて「"白ひげ"の時代は終わり、『おれが新時代を作る』とでも言いてェのか…」と笑いながら「確かにコイツはこの戦争で頭一つ抜き出た。だがこのまま走らせる程甘くねェぞ、おれは」と更なる対抗心を燃やしていた。
 

戦闘能力

殺戮武人


両手の手甲に回転する鎌を取り付けた武器「パニッシャー」を操り、アクロバティックな体術を駆使しながら相手を斬り刻む戦法を得意とする。
ウルージとも互角に渡り合えるほどの実力があるようだ。

斬首爪(ざんしゅクロー)
空中回転しながらパニッシャーで敵の首を斬りつける。

鎌阿音撃(カマアソニック)
パニッシャーを音速回転させて敵の内部へ斬り込む技。
発生した衝撃波はカイドウの体内にまで到達し、ダメージを与えた。

活躍

シャボンディ諸島~頂上戦争

初登場のシャボンディ諸島では、偶然にも麦わらのルフィが天竜人を殴った事件にキッド達と共に居合わせ、その事件をきっかけに襲来したパシフィスタ1体を、海賊団の仲間達及びトラファルガー・ロー率いるハートの海賊団と連携して倒した。
騒動後は頂上戦争の行く末を見守り、新世界入りを果たす。その後、とある島で新世界から脱出する途中の海賊団を1つ壊滅させ、新世界への名乗りを上げた。

新世界編

パンクハザード~ドレスローザ

新世界入りした後も赤髪海賊団ビッグ・マム海賊団などの四皇相手にも屈さず交戦していた。また裏社会との繋がりもできたようで、パンクハザード編ではキッドと共にシーザー・クラウンの公開実験の様子を見ている。
その裏で、自分や船長のキッドと同じ“最悪の世代”の海賊として恐れられるスクラッチメン・アプーバジル・ホーキンスを呼び集め、一時期険悪な雰囲気になったものの、キラーの仲裁もあり海賊同盟を結ぶことに成功する。

彼らの同盟は標的を赤髪のシャンクスへと定め、メンバー内で親睦を深めていたが、そこに突如空島から飛び降りてきた四皇・百獣のカイドウが襲来。キッドとキラーはカイドウに対し立ち向かうも敗れてしまう。(ホーキンス曰く勝率が0%であるにも関わらずキッドとキラーは立ち向かいその場で動けなくなるまで戦い続けた。)
カイドウはそんなキッド達の態度を気に入り、彼らを服従させようとキッド海賊団ごとワノ国へと連行した。

ワノ国

キッドは百獣海賊団の大看板クイーンが管轄する「兎丼」で囚われの身となり、キッド海賊団の船員たちは行方知れずとなる。
キラーも例外ではなく、ワノ国編以降は安否不明だったが……。




答えろよ!!! おい!! キラー!!!

Kamazo


ファッ ファッ

ワノ国第二幕において、「おいはぎ橋」でゾロと交戦した人斬り鎌ぞうの正体がキラーだと判明する。

カイドウに敗れた後、ワノ国に連行されたキラーはオロチに人造悪魔の実「SMILE」の失敗作を食えばキッドを助けるチャンスをやると言われ、SMILEを食し副作用で一生笑顔以外の表情を失い、笑うことしかできなくなってしまう。
キッドによると元々キラーは「ファッファッファッ」という自分の笑い方に強いコンプレックスを抱えており、いつしかマスクを被り素顔すら隠すようになった程だった。恐らくキラーは自身のそのコンプレックスを承知の上でオロチとの取引を受け入れ、キッド奪還のために奔走していたと思われる。
しかし精神は消耗し切っていたのか、ゾロに敗れ兎丼にキッドと一緒に連れられた際には皮肉にも再会できたキッドの呼びかけに応えられず、涙を流しながら笑い続けていた。
兎丼到着後はクイーンの見せしめでキッド共々水責めを受ける。しかしそこでおしるこを探しに来たおリンの乱入によって偶然解放され、キッドと共に海賊団の仲間を探すため兎丼を立ち去った。

経緯は不明だが無事に海賊団と合流できたようで、海賊団の面々に混ざって「金色神楽」当日に再登場。
SMILEの副作用で意図しない笑い声を発してしまうが、格好も話し方も以前のように戻り精神的に回復した様子を見せた。その際「よくもキラーさんを明るい人にしてくれたな!!」「明るい海賊団になったらァ!!!」と、彼の症状を前向きに受け入れはしゃぐの仲間達を笑いながら窘めていた。
鬼ヶ島に到着後、ルフィとゾロを苦戦させるアプーと遭遇。海賊同盟の一件で自分達を罠に嵌めた彼を見て激昂したキッドはアプーを急襲するが反撃を受けてしまう。キッドに同行していたキラーは彼らにアプーの能力の弱点を助言し、なんとか追撃を振り切った。

One Piece 1001 Yonkos vs Superno


そして幹部たちの追撃をかわしつつ進撃、キッドと共に島の頂上へ到着、ルフィやローたちと共にカイドウ、リンリンと対峙する。
その後、キッドと共にビッグ・マムを請け負い、キッドをビッグ・マムの元へ送り届ける為、バジル・ホーキンスと対峙する。

関連イラスト

2年前

キラー
killer


2年後

キラー
キラー



関連タグ

ONEPIECE 11人の超新星 最悪の世代

キッド海賊団 ユースタス・キッド
ワイヤー ヒート

スクラッチメン・アプー バジル・ホーキンス 海賊同盟

ロロノア・ゾロ

人斬り鎌ぞう

関連記事

親記事

キッド海賊団 きっどかいぞくだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キラー(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2038776

コメント