ピクシブ百科事典

四皇

よんこう

四皇とは、少年漫画ONEPIECEに登場する4人の大海賊の総称である。
目次[非表示]

概要

大海賊時代、偉大なる航路後半部・通称“新世界”にて皇帝のように君臨する4人の大海賊の通称。
いずれも幾つもの船団や拠点、傘下を従え、その戦闘の規模は「戦争」と言われるほど。
海賊王ゴールド・ロジャーの存命時には一切そのような存在の描写が無かったため、彼の死後に出来上がった勢力名と思われる。

現在、『四皇』と2つの勢力(『海軍本部』や『王下七武海』)が、海賊達の行く手を阻む、偉大なる航路の三大勢力と呼ばれ、新世界での海賊の生き残る道は「四皇に従うか、抵抗し続けるか」のどちらかと言われている。
新世界を支配する四皇たちの影響力は世界に及び、三大勢力のパワーバランスの崩壊は世界を混沌の時代へ導くことを意味する。

幹部でも王下七武海クラスの実力者、大幹部ともなるとその強さは王下七武海以上は当たり前、海軍本部最高戦力三大将とも渡り合える実力者達が揃う。

四皇の一つである白ひげ海賊団と正面衝突にすることとなった海軍は、全戦力と王下七武海を海軍本部に結集させ、パシフィスタなど万全の準備・策によるスクアードの裏切り・白ひげがすでに持病で限界を迎えていた事等をもって、海軍本部基地が崩壊しながらもようやく勝利をつかんでおり、その戦力の高さをうかがわせる。

四皇同士が接触するという事態だけで世界政府・海軍はそれを阻止するため艦隊を差し向け、接触が防げないと最厳戒態勢で構えるが、これは四皇同士が戦争になれば世界が大きく揺らぐことと、万に一つでも四皇同士が"手を結んで"世界政府に牙をむいた場合、世界政府でも破滅しかねないという理由であると思われる。

来歴

大海賊時代「"白ひげ”エドワード・ニューゲート」「"赤髪の”シャンクス」「"百獣の”カイドウ」「"ビッグ・マム”シャーロット・リンリン」の4人が四皇と呼ばれていたが、海軍による"白ひげ”の部下であるエースの公開処刑を契機に発生した戦争により四皇の一角且つ世界最強の男である“白ひげ”が死去。

白ひげ海賊団残党と黒ひげ海賊団のお互いの援軍を含んだ落とし前戦争を経て、現在は「"黒ひげ”マーシャル・D・ティーチ」が"白ひげ”の縄張りを奪い取る形で新たな四皇となった。

四皇と呼ばれる大海賊

海賊団の規模が非常に大きく、トップは「船長」の肩書ではないことも多い。
"赤髪"と”白ひげ”は最強クラスの経験・実力と大きな器によるカリスマによって、"百獣"と"ビッグ・マム"は自身にすら手に負えない過剰なまでの強さによる恐怖政治で、それぞれ配下を纏めている。

現在の四皇

シャンクス


海賊王”であるゴール・D・ロジャーの元で雑用として少年時代を過ごす。
かつて左腕が健在だったころは、世界最強の剣士である“鷹の目ジュラキュール・ミホークと互角に渡り合ったことで知られる。
主人公であるモンキー・D・ルフィの憧れの人物。

『マーシャル・D・ティーチ』


白ひげ海賊団の船員で、作中唯一の二つの悪魔の実を食べた男。マリンフォード頂上戦争にて白ひげを殺害。戦争後、白ひげ海賊団残党との落とし前戦争に勝利し、白ひげ海賊団時代の知識を生かして白ひげの陣地を占領、四皇に上り詰めた。

"大切な話"


新世界にある“ホールケーキアイランド”に住む女。無類のお菓子好きのようで、お菓子の為に国さえも攻め落とす。また、亡き白ひげに代わって魚人島をナワバリとして守り、引き換えに大量のお菓子を徴収している。

The beast Kaidou.


この世における"最強生物"と呼ばれている男。ジャックを始めとする災害と称される三人の腹心がいる。
かつて新世界においてゲッコー・モリアを抗争の末に撃破した。
2年前のマリンフォード頂上戦争直前では動きを見せたが、赤髪海賊団により足止めされた(海軍本部は戦争に介入するためにマリンフォードに乗り込もうとしたと推測している)。
また、ドンキホーテ・ドフラミンゴとの取り引きにより人造系悪魔の実SMILEによる動物系能力者の軍勢を組織している。

かつての四皇

昔描いた白ヒゲさん


海賊王”であるゴール・D・ロジャーと互角に渡り合ってロジャーの死後は“世界最強の男”と呼ばれた男。2年前に囚われたエースを助けるために海軍本部&王下七武海連合を相手に戦争を仕掛け、その果てに戦死した。

関連タグ

ONEPIECE ワンピース 
エドワード・ニューゲート シャンクス シャーロット・リンリン カイドウ(ONEPIECE)

マーシャル・D・ティーチ

pixivに投稿された作品 pixivで「四皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 142546

コメント