ピクシブ百科事典

黒ひげ海賊団

くろひげかいぞくだん

黒ひげ海賊団とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊団である。
目次[非表示]

概要

白ひげ海賊団2番隊隊員の黒ひげを船長とした海賊団である。船長の黒ひげは主人公のルフィと何かと因縁を感じる描写が多く、今後麦わらの一味最大の敵として立ちはだかることが予想されている。

現在、どういう訳か悪魔の実の能力者を殺害して能力を奪い取る「能力者狩り」を行っている。

組織構成

確認されているのは10人で、船長黒ひげの他に航海士、船医、狙撃手、操舵手の役職を持つ船員が1人ずついる。彼ら役職持ちのメンバーは初期メンバーで、初登場時から黒ひげ海賊団の一員として描かれている。残りの5人は海底監獄インペルダウン襲撃時に加わったメンバーで、囚人4人と職員1人(看守長)が加わった。

新世界編では四皇の一角となるほど勢力を拡大している。海賊団の人数も相当増えているようで、幹部級の部下に船を持たせて船団を構成しているようである。この船長達は「十人の巨漢船長」と呼ばれており、かつてティーチが所属していた白ひげ海賊団の隊長制を彷彿とさせる。

船長→提督

ゼハハハ!!!俺はぁ!!闇だ!!


マーシャル・D・ティーチ/異名“黒ひげ”/元白ひげ海賊団2番隊隊員
自然系ヤミヤミの実&超人系グラグラの実の能力者(&地震人間)

航海士

ラフィット


ラフィット/異名“鬼保安官”/元西の海保安官/2年後は五番船船長

船医

ドクQ


ドクQ/異名“死神”

狙撃手

ヴァン・オーガー


ヴァン・オーガー/異名“音越”

操舵手

Mr. Store


ジーザス・バージェス/異名“チャンピオン”/2年後は一番船船長

船員

雨のシリュウ


シリュウ/異名“雨のシリュウ”/元インペルダウン看守長/2年後は二番船船長

巨大戦艦の


(イラスト中の背後にいる巨大な人物)
サンファン・ウルフ/異名“巨大戦艦”

大酒のバスコ・ショット※ネタバレ注意※


バスコ・ショット/異名“大酒のバスコ・ショット”

ニャー Year


アバロ・ピサロ/異名“悪政王”

My Fair Lady


カタリーナ・デボン/異名“若月(みかづき)狩り”

海賊船

一味の海賊船には、何と巨大な丸太を繋げて帆を付けた丸太船を終始使用していた。
丸太の内部を刳り抜いて船室や砲門を設けているなど、見た目よりも造りがしっかりしている部分はあるが、舵が無いので操舵や加速はオールで漕いで行わなければならず(他の船もオールを使って船を進めることはあるが、あくまで風が無く帆が使えない時の緊急手段である)、そのため黒ひげ海賊団の「操舵手」とは即ち「オールの漕ぎ手」である。
更に、甲板が非常に低い位置にあるため波を防ぎにくく、構造的にも脆くなっているなど、とにかくこんな代物でグランドラインを突破したのだから、とんでもない連中であると言える。

雨のシリュウからも『まるで筏』と指摘され呆れられているが、ティーチは意に介さず、丸太船を使用し続ける理由を『愛着』と言ってのけ、一笑に付した。
ティーチが四皇となってからも海賊船団の主力として採用されているが、さすがに改良されたのかデザインが変わっており、一線級の海賊船と遜色ない性能に仕上がっていると思われる。

余談

「十人の巨漢船長」

二年の間に大規模な拡大を果たしたと思われる黒ひげ海賊団。今やかつてのメンバーそれぞれが一個船団を担うほどとなるが、その構成と事情には幾つか疑問が残る。

ドレスローザのコロシアムの決勝戦におけるバージェスの紹介では、正確には「黒ひげを支える十人の巨漢船長の一人」とされた。二年前の黒ひげ海賊団の人数は全員で十人だったため誤解しやすいが、この「十人」にティーチは含まれていない。
現在のティーチは提督であり、紹介でも他の船長たちと区別されたような表現がなされている。

つまり、黒ひげ海賊団は今もう一人彼らと並ぶ大幹部が加入している。時期はおそらく二年の間だろうが、一切それについての情報がないため人物像は全く不明である。


しかし、パンクハザードの最終盤に突如現れたクザンに対するスモーカードンキホーテ・ドフラミンゴの言及。そしてドレスローザでのバージェスとティーチの電話で出てきたクザンへの信用の有無が発言されるなど。
彼が新たに黒ひげ海賊団に加入し最後の船長となったと思われる描写が存在する。


関連項目

ONEPIECE 四皇 マーシャル・D・ティーチ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒ひげ海賊団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51528

コメント