ピクシブ百科事典

偉大なる航路

ぐらんどらいん

『ONE PIECE』に登場する海域。
目次[非表示]

概要

ONE PIECE世界現実地球に比べてもかなり面積が広い惑星舞台となっており、その世界を四分割するのが世界最大の大陸赤い土の大陸(レッドライン)」と「偉大なる航路」である。
偉大なる航路はレッドラインと垂直に交わっており、世界の海域を西に割っている。このうち、東の海南の海に面している前半を「楽園(パラダイス)」、西の海北の海に面している後半を「新世界」と呼ぶ。

偉大なる航路に入るには四つの海に面しているリヴァース・マウンテン」を船で駆け上がって入る。一見不可能に思える方法だが、このリヴァース・マウンテンのある場所はそれぞれの海の海流が集中している海域のため、流れに上手く乗れば船で登っていく事が出来る。しかし、入口に入り損なった場合、船はレッドラインの岸壁に叩きつけられて海の藻屑と化す。

海が繋がっているのならばわざわざ入り口を通らずとも偉大なる航路に入れそうなものだが、偉大なる航路は「凪の海(カームベルト)」という風が全く吹かない海域に挟まれており、この凪の帯には超巨大な海王類がウジャウジャ生息してるため、突破は困難を極める。その結果、リヴァース・マウンテンを駆け上って、双子岬を通るのが一番マトモなルートとなる。

なお、サンジによればリヴァース・マウンテンに入る際に半分近く脱落者が出るとのこと。

特徴

偉大なる航路に点在する島々は特殊な鉱物を多く含んでおり、強い磁気を発している。この磁気の影響で普通の羅針盤は使い物にならないため、「記録指針(ログポース)」と呼ばれる特殊な羅針盤でその島の磁気を記録し、次の島への指針とする。もちろん、これでは一定のルートにしか進めないため、交易等に際しては「永久指針(エターナルポース)」という、一度記録した島の磁気を決して忘れない羅針盤を使用する。記録指針が磁気を記録する時間は島ごとに違っており、数時間で終わる島もあれば数日から数ヶ月、中には数年かかる島もある。
この特殊な磁場の影響で、偉大なる航路は非常に気候が変動しやすい。も何の予兆もなく発生するため、凡百な航海士ではたちまちの藻屑である。
島同士を行き来するのが困難なため、偉大なる航路では島ごとに文化文明が独自の発展を遂げることが多い。

特に、後半の「新世界」は最早奇怪と言ったレベルを通り越したメチャクチャな天候や海流、地理が目白押しであり、ここに足を踏み入れた者の多くは「前半は楽園だった」と語り、脱落していく。
新世界では記録指針もそれに対応した物を使用しなくてはならず、前半で使っていた物は役に立たない。新世界用の記録指針は一度に三つの島を指し示し、航海する者はその三つの指針の中からどれか一つを選んで進む。
「針が激しく動いているほど危険度が高い」という一応の目安はあるものの、どっちにしてもギャンブル的な要素が強く、航海士のも試される。

主な偉大なる航路の国家、島、大陸

以下、◎は凪の海域に属する。★は世界政府加盟国

楽園

新世界


歴史上でこの島に到達したのは“海賊王”ゴール・D・ロジャーの一団のみとされている。

関連項目

世界政府 海軍(ONEPIECE) 
海賊(ONEPIECE) 王下七武海 四皇

pixivに投稿された作品 pixivで「偉大なる航路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228

コメント