2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

偉大なる航路後半部、新世界に位置する国家。
世界政府加盟国で世界会議参加が認められている国家だが、天竜人への天上金などの影響もあり、決して豊かとは言えない模様。
現国王セキ王の即位以降、国外では王女コマネが世界会議に向かう最中に海賊に身代金目当てに誘拐されたり、国内では黒ひげ海賊団傘下桃ひげの襲撃を受けたりと、情勢が不安定な模様。

主要人物

セキ
ルルシア王国国王。しかしお世辞にも賢王とは言えず、反逆者に「串刺しの刑」を望んでいた。

コマネ
ルルシア王国王女。反逆者の処刑に自らも加わりたいという、苛烈な性格の姫。

モーダ
扉絵連載にて、溺れていたエースを救った女性。
両親は海軍G-2基地に勤務している海軍関係者。

モデル

モデルとなった国家はおそらくルーマニア
国王が望んでいた「串刺しの刑」は、15世紀にルーマニア南部を支配したワラキア公国の君主、ヴラド・ツェペシュの異名、「串刺し公」を想起させる。のみならず自国民をも串刺しにして処刑し、敵将から「悪魔」として恐れられた彼は、吸血鬼ドラキュラのモデルとしても知られる。
国王セキの名は同国の少数民族セーケイ人から、王女コマネの名は「白い妖精」と謳われた同国出身の体操選手、ナディア・コマネチからか。

関連タグ

世界政府
セキ コマネ
モーダ
ポートガス・D・エース 桃ひげ ベロ・ベティ


















ネタバレ注意!この先、単行本未収録の重大なネタバレを含みます!!














現王政に不満を抱いていた中での桃ひげの襲来とそれを対処したベロ・ベティ革命軍の鼓舞による革命の芽は、サボ世界会議で起こしたとさせる事件を契機に民衆によるクーデターとして萌芽した。最終的に国王含めた王族が民衆の手によって幽閉されるという事態となり、ルルシア王国は「8か国革命」の一国として大きく取り上げられる事となった。

また、アラバスタ王国の国王ネフェルタリ・コブラ殺害の容疑がかけられているサボが政府の追手から逃れるべく、この国に潜伏しており、電伝虫を通じて革命軍に自分の無実虚の玉座驚愕の真実を伝えようとする。またこの時海軍の通信部がこのやり取りを傍受しており、彼の居場所を突き止めることに成功していた。





















通信部、よく聞け...........








お前達は何も探知していない








何も傍受していない...








『ルルシア王国』?








---そんな国は...








元々...ないではないか...





サボ世界の真実を伝えようとした時であった…
王国の上空に突如として巨大な物体のようなものが出現し、突然現れたそれに民衆が恐怖し始めたその瞬間、島全てを飲み込むほどの謎の十六の光線が襲い、捕らえられていた王族もろとも国は一瞬にして消え去ったのである。これが主犯自身の能力によるものなのか、或いは古代兵器の類によるものなのかは現時点では不明であるが、
こうして、ルルシア王国は世界政府その存在を無かったことにされたのであった...

なお、かつてロジャーとガープがロックスを討ち取ったとされる島は現在地図からだけでなく、物理的にその存在が消えたとされているが、その際に、今回と同じ手段が用いられた可能性がある。

また、革命が起きたにしてはセキ王への敬意自体は国民にもあり「セキ様」と呼ばれている。“罪”を認めるよう言われていたが、どのような罪を犯したのか疑問が残るところである。

最大の謎として、サボは虚の玉座の真実を知ったことで消されたが、その前後の五老星の会話シーンや世界会議前の五老星の会話とを合わせると、元々ルルシア王国を消す為に事件の主犯が動き、サボはそれに巻き込まれただけに過ぎないようにも思えることである。
その場合、ルルシア王国自体が何かしらの大きな秘密に関わっている可能性がある。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルルシア王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 624

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました