ピクシブ百科事典

モーダ

もーだ

「ONE PIECE」に登場する人物。
目次[非表示]

概要

ONEPIECE』の短期集中の連載扉絵第6弾「エースの黒ひげ大捜査線」に登場する少女。
素朴な印象を受けるミルク売りの少女

6月1日生まれ。

出番は少ないが、他の女性キャラに比べ、おぼこい雰囲気であること、人気キャラであるエースが絡んだ貴重な女性キャラであることからそこそこ人気がある。

両親は海軍関係者ながら、海賊や革命軍などと縁のある数奇な人生を送っている。

来歴

扉絵連載

牧場で牛を飼っていたが、川で溺れていたポートガス・D・エースを救い上げた。
実は牛のミルクが売れていないことを悩んでおり、エースは助けられたお礼に、海軍G-2支部に彼女のミルクの売り込みの手紙を届けることになる。

実はどういう経緯か両親と離れ離れになってしまっていたようで、G-2支部のコックをしていたモーダの両親コックのキュージ氏とその妻・コーダ女史)は、買い出し船でミルクを買いに戻りモーダと再会。
牛乳を積んで基地に帰る。海兵たちも苦すぎるコーヒーカフェオレにして楽しめるようになり、丸く収まった。

新世界編

原作904話に登場。作中では特に語られないものの、書籍『ONE PIECE DOORS!』にて彼女だと判明。
2年の月日を経て美しい女性に成長している。

ルルシア王国の港町にいたが、世界貴族への天上金で生活は豊かではなく、黒ひげ海賊団傘下・桃ひげに襲われて絶体絶命に。
そこをベロ・ベティ革命軍幹部達に(ベティの巨乳を揉みつつ)助けられ、町人達一致団結して桃ひげの一味の撃破に成功した。

余談

  • 公式ガイドブック『ONE PIECE GREEN』

2年後の姿と思しきラフスケッチが掲載されている。

新世界で旅行代理店の添乗員役で本編に先駆け登場。トリノ王国巨大怪鳥と一緒に偉大なる航路前半にあるキューカ島に向かうが、ルフィから無粋なツッコミを受ける。

関連イラスト

ミルク売りの少女モーダちゃんです!成長妄想
命の恩人



関連タグ

偉大なる航路 酪農 コーミル
イスカ(ONEPIECE):モーダと同じくエースと関わりのある女性キャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「モーダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106395

コメント