ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

最強ジャンプ』で掲載されている「ONEPIECE」のスピンオフ作品。本編よりもかなりはっちゃけたギャグ漫画
作者は『魔神のガルド!』の安藤英(元尾田のアシスタント)。
この漫画を作るにあたって、原作者の尾田栄一郎先生にネームの段階で原稿チェックをしてもらっている。
例:1巻のたしぎに対してゾロの台詞「よう、パクリ女」
...尾田先生が「ゾロはもうたしぎをパクリ女とは呼ばない」と指摘
...「よう、メガネ女」に変更

とにかく細かいネタが多く、特に2巻掲載の「盃兄弟物語」ではエースがサボの所持品全てに名前を書いていたり、ルフィがサボを「はい さんぼうちょう」と呼んでいたり、挙句の果てにはコアラに殴られたサボがぶったなァ!! ドラゴンさんにもぶたれたこと無いのにィ!!」と泣きごとを言ったりと爆笑ものの展開が待ち受けている。
本編のノリで行くこともあれば、徹頭徹尾『麦わら劇場』のようなパロディで進むこともある。
ちなみに『最強ジャンプ』の読者層は小学生だが、ちょっとエッチな描写も(少なくとも本編よりは)多く、同誌の広告ページでは「最強ジャンプのお色気枠!」などと銘打たれていた。また、ナミが「Dってドウ…」と言いかけてローから即座にダメ出しされるなど、児童誌にあるまじき下ネタも散見される。

尾田先生にチェックしてもらっているわりには
ローがキャラ崩壊していたり←本作の一番の特徴である
サンジの変態度がかなり増していたり
バルトロメオが喜びのあまり自殺をしかけていたり
可愛い物好きこじらせたロビンロリコンになっていたりする。

なお、この漫画には、本編にも扉絵劇場にも描かれなかった話も登場する。
(ポートガス・D・エースの項目を参照。)

主な登場人物

麦わらの一味


11人の超新星

  • トラファルガー・ロー本作最大の被害者。事あるごとにイジられまくり、麦わらの一味とくだらない対決を行ったり、協力したり(という名目の奉仕活動をさせられたり)、腹いせに悪戯したりする、元・王下七武海(笑)。しまいにはCP9から「(キャラ崩壊を始めるルッチを見て)アレみたいになる」などと称される。絵を描くのが好きだが出来は悍ましい
    • ベポ:電波なキャプテンを陰で支える健気なシロクマ。
  • 殺戮武人キラー:ボケまくる。
  • ユースタス・キッド:突っ込みまくる。


麦わら大船団


海軍


サイファーポール

  • CP9:まだ本編(第2部)に出てなかったにも拘らず第2話でいきなり登場。ナミとロビンを攫い(偽者)十重の塔(司法の塔そっくり)に麦わらの一味をおびき寄せた。その後、『GOLD』公開に際しCP-0衣装で再登場する。探偵編では旧ガレーラ組が容疑者として登場。
  • ワンゼ:第1話にいきなり登場。伝説の「ニクニクの肉」の情報を知っている。鼻でモンブランも作れるようになり、挙句の果てには月歩まで身に着けた。
  • ジェリー:元CP5。柔道が盛んな島で、卓球のチャンピオンになった


新旧王下七武海及び関係者


四皇関係者


一般市民

  • ネフェルタリ・ビビ:頻繁に登場しているが、諸事情につきロビンとは顔を合わせていない。父親思いの優しい王女。魅惑のメマーイダンス黒歴史らしいが、ルフィを助けるために使用する良い子。
  • ダダン:嘘が下手。子は親の背中を見て育つ。
  • 巨大怪鳥:かつてトリノ王国でチョッパーと親しくしていた鳥。キューカ島への乗り物として登場し、ルフィが「ラフテルまで飛べ」という爆弾発言を吐き麦わらの一味総員にフルボッコにされた
  • モーダ:↑の案内人のバイトをしていた。
  • ドリップ:かつて登場した偽麦わらの一味の一人。一人息子がいると言う設定が新たに与えられたが、その息子に何故か自分が「麦わらの一味のサンジ」とウソをついている。
  • しらほし姫:あのさ安藤先生、誰がカイデ姫描けっつった!?
  • ケイミー:浦島太郎ので登場。
  • レベッカ:あの格好はモネからも笑われた。家族に愛されすぎ。
  • クザン:なぜか呼んだらマリンフォードまで来てくれる。探偵回では異常な嵌りぶりを見せた。


革命軍


海賊

大抵は「今週の悪役」として登場する。


その他独立勢力


関連タグ

ONEPIECE:ゾロは「オネピエッチェ」と誤読していた。
放課後の王子様テニスの王子様のギャグスピンオフ作品。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワンピースパーティー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345

コメント