ピクシブ百科事典

エネル顔

えぇぇぇーっ

エネル顔とは、『ONE PIECE』空島編のボス、エネルの見せた驚愕の表情のこと。またそこから派生して同様の表情で驚愕するキャラの顔のことを指す。
目次[非表示]

概要

全てはここから始まった ~空島編~

悪魔の実の能力の中でも屈指の実力を持つゴロゴロの実の能力者・エネル。彼は「」を名乗り、スカイピアを支配していた。自らの野望を達成するために主人公のルフィと戦うこととなったエネルは、岩をも瞬時に蒸発させる自らの・「神の裁き」でルフィを一蹴する。しかしルフィには全然効いておらず、「うまくよけたようだな」と呟く。
エネルはルフィに直接近づいて放電するが、それでも全くルフィには通じない。ゴムゴムの実の能力によって完全な絶縁体となったルフィには電気が通じず、しかも白海(スカイピアのあるところ)にはゴムの木が存在しないため、エネルはゴムの存在を知らなかった。
(厳密には絶縁体は電気を絶対通さないわけではなく、超高電圧をかけることで「絶縁破壊」という現象を起こし電気を通してしまう。ただ、電気自体にも「最も抵抗値が低い、流れやすい経路を流れたがる」という性質がある。この場合、極端に抵抗値が高いルフィの肉体よりも大気の方が流れやすかったために実質「電気の方がルフィの肉体を避けて流れた」と表現したほうが正しい。)

エネル


その結果、こうなった。
1頁ぶち抜きで描かれたこの表情には焦燥驚愕絶望といったありとあらゆる感情が詰め込まれており、読者の腹筋と顎にも「神の裁き」が降りることとなった。

終わりは始まりにすぎなかった ~スリラーバーク編~

王下七武海の一角ゲッコー・モリアからを取り戻すために、世界一巨大な海賊船スリラーバーク」に乗り込む麦わらの一味。そこで一味を迎え撃つのが、モリアの部下であるペローナだった。ホロホロの実の能力者で、相手をネガティブにさせる能力の持ち主だったペローナは、一瞬でゾロサンジウソップフランキーをヘナチョコにしてしまう。勝ち誇った笑みを浮かべるペローナだったが、なぜかウソップだけは立ち上がって戦闘を続ける。
どういうことだ、と驚きの色を隠せないペローナに対し、ウソップは高らかに叫ぶ。

「俺は元から、ネガティブだ!!!」

結果、エネルとほぼ同じ顔で目ん玉ひんむいて驚愕するペローナ。

ウソップは残った三人に「ここはおれに任せろ、でもゾンビはちゃんと倒してってね」と告げ、再びペローナに挑みかかるのだった。

二度あることは三度あった ~魚人島編~

再開した麦わらの一味はサウザンドサニー号に乗り込み、魚人島へと向かう。突入時にバラバラになってしまい、ルフィはひょんなことから魚人島の王女しらほし姫と出会う。海賊バンダー・デッケン9世の求婚から身を隠すために幽閉され、母親の墓参りにも行けないことを知ったルフィは、しらほし姫をペットの大の口の中に隠して外に連れ出す。
さて、デッケンを追い払って無事王妃のに着いたルフィは、旧知の魚人ジンベエに出会う。そのジンベエがルフィとあいさつした後、何気なくしらほしにも声をかけた時にようやくその事態の重大さに気が付きこの顔になるのだった。



いつまでやる気なんだ ~ドレスローザ編~

王下七武会の一角ドンキホーテ・ドフラミンゴの治める王国・ドレスローザにやってきた麦わらの一味は、班ごとに分かれて活動することとなる。途中で亡きの形見であるメラメラの実がコロシアムの優勝賞品にされていることを知ったルフィは、変装してメラメラの実奪取のためにコロシアムに飛び入り参加する。
Cブロックで強敵たちを破り決勝戦にたどり着いたルフィは、Bブロックのベラミーバルトロメオに出会い、コロシアムから外に出るための道を聞こうとする。そこに突然謎の男が現れ、ルフィたちに話しかけようとする。バルトロメオは「なんだお前、このお方を誰と心得る!? この方はポートガス・D・エースで、将来の海賊王であらせられる…」と突っかかるが、男は「そんなことは昔から知っていたさ」と返す。
その顔を見たルフィは、1頁ぶち抜きでエネル顔を晒し、、その後も「生きているとは思わなかったんだ」と泣きじゃくる。
その男こそゾンビの如く生きていたもう一人の兄であった。

場面は変わって「オモチャの家」。ドンキホーテ海賊団の特別幹部・シュガーを気絶させれば国中のオモチャが人間に戻ると知ったウソップロビンフランキーの三人は、怒りの雷兵小人トンタッタ)と共にシュガーを気絶させようと目論む。ウソップはシュガーに激辛のグレープを食わせ、暗殺…もとい気絶を狙うが、あえなく失敗して逆に捕えられてしまう。ロビンやトンタッタ達もおもちゃにトランスフォームされた。
ウソップを捕まえたシュガーは激辛のグレープを食わせる。あまりの辛さに某芸能人顔負けのものすごいリアクション顔したウソランドの顔にシュガーが予想外のエネル顔**で驚き、気を失った。


その後に復活したシュガーはルフィとローの前に現れて玩具にトランスフォームさせようとするが、覇気に目覚めた(らしい)ウソップがカン十郎の作った作品を弾にして狙撃し、トラウマになったリアクション顔の人形を見てまたエネル顔で気絶した。
これまでの顔芸のように反応の表現に留まらず「シュガーを気絶させてオモチャ化した人々を解除する事に成功」「復活したシュガーを遠距離から戦闘を介さずに戦線離脱させる」といった形で麦わらの一味の勝利に大きく貢献した顔芸であり、二度目に至っては意図的に戦略として取り入れられている(以前にもウソップは戦闘で精神的なダメージによる気絶を狙った一例がある)。

四皇の身内も考える事は同じ ~万国編~

ヴィンスモーク&ビッグ・マム海賊団の戦略結婚に巻き込まれたサンジ。婚約者であるシャーロット・プリンに夜食を届けようと庭へ出て窓から部屋の様子を見た際に、彼女が今まで見せてきた優しい人柄が全て演技だった事を知る。プリンはサンジの姉であるヴィンスモーク・レイジュにヴィンスモークの皆殺しの計画を教えながら、自分の手で拳銃を向けられた時のサンジのリアクションを「こんな顔するかしら」と予想する。その表情の内の一つに、(ご丁寧に額の三つ目も一緒に)目玉と舌を盛大に飛び出させた見事なエネル顔があった。
あくまで予想でありプリンの本心からの反応ではなく、また特に大きなコマを使って強調されたシーンでもないが、盛大に驚いた時のリアクションの分かりやすい一例としてエネル顔が使われている。


受け継がれるエネル顔

こうして劇中でキャラクターが驚愕する時の表情の定番パターンとして定着したエネル顔は、
レジェンドの意志並みに受け継がれていく・・・。

「受け継がれる意志」
「時代のうねり」
「人の夢」
「エネル顔」

それらは止めることが出来ないものだ!
人々が新たなリアクションを求める限り、それらは決してとどまる事はない!

グッズ化、食玩

2014年12月下旬にバンダイから 「超びっくりスイング」が発売。
2019年1月21日にバンダイキャンディから 「ワンピース スパイシー・D・スナック」(クリップ付)が発売。
こうしてお菓子コーナーにエネル顔が並ぶことになった。

超びっくりスイング ガシャどこ?PLUS(外部リンク)
スパイシー・D・スナック バンダイ(外部リンク)

関連イラスト

今日のプリキュアのウルフルンさんの驚き顔に燃えました。
【例大祭】ドッキリ【合同本】④



関連項目

ONEPIECE 表情 驚き 顔芸 鼻水
バーン顔 FXで有り金全部溶かす人の顔
リアクション

pixivに投稿された作品 pixivで「エネル顔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242952

コメント