ピクシブ百科事典

サウザンドサニー号

さうざんどさにーごう

サウザンドサニー号は、『ONE PIECE』に登場する海賊船。
目次[非表示]

概要

竜骨に大きな損傷を負い、寿命を迎えながらも麦わらの一味を助け、壮絶な最期を遂げたゴーイングメリー号の後継として、フランキーが設計し、アイスバーグガレーラカンパニー幹部たちの手によって建造された。
世界にたった数本しかなく、砲弾のふり注ぐ戦争で島中の人間が死に町が死に廃墟と化そうが、ものともせず立ち続ける巨大な樹「宝樹アダム」が船に使われている。まだ解体屋だった時代のフランキーウソップから分捕った2億ベリーで購入した代物。
名付け親は製造者であるアイスバーグで、「過酷なる「千の海」「太陽」の様に陽気に越えていく」という意味が込められている。
船首はライオンであるが、ロビンからは「お花」と呼ばれた。

基本的なデザインはメリー号を参考にしているが、元々戦艦として設計された訳ではないメリー号には備わっていなかった戦闘向けの装備も充実している(おそらくメリー号から運び出したであろう、同じデザインの副砲も装備されているのが確認できる)。
それだけでなく、
すべり台芝生甲板
・魚の貯蔵庫(生簀)兼、水族館としても利用できる水槽
・展望台、鉄張りのトレーニング・ジムバスルーム図書室
・大型のキッチンと鍵付き冷蔵庫
などと言った船員のストレスを極力貯めないようにする気配りが設けられている。フランキー曰く「お前ら(当時の麦わらの一味)のリクエストにも全て応えた」とのことで、戦艦豪華客船と言っても差し支えない(更にメリー号の時から載せられていた蜜柑畑も移設されている)。

大部分はフランキーが設計しているため、装備のほとんどはコーラを燃料としており、それ故に船内にはコーラが入った巨大な樽がいくつも積み込まれている(「炭酸抜けてしまわないのか?」という疑問は野暮である)。また、「空気」を利用した強力な装備が目立つ。

『サウザンドサニー』という名前になる際、クルー達が思いおもいの名前を思いついたが、どう聞いても厨二病レベルのセンスだった。
ここに挙げると、
ルフィ:「クマ!!白クマ!!ライオン号」「トラ!!狼!!ライオン号」「イカ!!タコ!!チンパンジー」「ダンゴ・ゴリラ・ライオン号」
ゾロ:「ライオネル親方」
サンジ:「ムッシュひまわり」
ロビン:「暗黒丸」
フランキー:ニューバトルフランキー「ライオンギャングチャンピオン号」
である。
(ルフィだけ、何処ぞの仮面の戦士みたいなネーミングなのは気にするな)

麦わらの一味が不在だった二年間は海軍海賊賞金稼ぎらに狙われており、はっちゃん鉄仮面のデュバルバーソロミュー・くまの手によって守り抜かれていた。

内部・装備

ソルジャードックシステム

フランキー考案のサニー号最大の目玉ともいうべきシステム。メインマストのほぼ真下にある。
母船の巡航を補助する小船を円滑に運用するためのシステム。円形のドックが6つに分けられており、そのうち2つにパドルが、4つに小船が入る仕組みになっていて、大きなドックを回転させることで、パドル・小船を運用できる。ドックの内部は常に水が溜まっている。
中心は乗組員待機室になっていて、梯子を登れば芝生の甲板に出られる。キャプスタン(錨を巻き取る装置)もある。
新世界編に入ってからは、チャンネルが一つ増設された。

・チャンネル0「補助外輪(サポートパドル)」
船体の左右に付いている外輪を回転させることで、風向き・天候にかかわらず自在に海を走ることができる。
左右の外輪の動力は連動しておらず、逆回転も可能なため、船体の方向を自由に変えることも可能である。動力源はもちろんコーラ。
・チャンネル1「シロモクバ1号
一人乗りウェイバー。ゴーイングメリー号時代から一味が保有していたナミのウェイバーフランキーが(勝手に)改良したもの。実質ナミ専用。ちなみに最初にこれを見たナミは凄く怒った。
・チャンネル2「ミニメリー2号
4人乗り買い出し船。主に買い出し用だが、サニー号では入れない個所の探索にも多用される。デザインはゴーイングメリー号を小型化したもの。動力源は蒸気。ルフィ達クルーには好評だった。
・チャンネル3「シャークサブマージ3号
3人乗りの潜水艇。偵察用のため、潜望鏡と本船への連絡用の電伝虫が搭載されている。水深5000mまで耐えられる。
・チャンネル4「クロサイFR-U4号
フランキー専用の大型バイク
当初はここにプールが設置されていた。
・チャンネル5「ブラキオタンク5号
3人乗りの巨大戦車。クロサイFR-U4号と合体して合体ロボフランキー将軍となる。
(クロサイFR-U4号、ブラキオタンク5号は新世界編にて登場。)

風来バースト(クー・ド・バースト)

船尾に搭載されている巨大な砲門。しかし、砲弾を撃つなどの攻撃的な要素は無い。
その正体はコーラを燃料とした緊急加速装置。大量の空気を噴射し、その反動を利用して一気に前進する。あまりの推進力に海上で使用した場合はそのまま空中に飛び出し、およそ1km飛べる。並の船舶では耐え切れないほどの負荷が船体に掛かるが、宝珠アダムの圧倒的な強度がそれを可能としている。威力はある程度調節も可能。
「空気」を発射するため弾切れという概念は無いに等しいが、それ故に空気が限られている状況(シャボンコーティングを施して水中を移動している場合など)では安易に使えない。また、発射までの事前準備に少々時間が掛かるという弱点がある(燃料となるコーラ樽三つを専用の装置に積み込まなければならず、発射の勢いで裂けてしまわないように基本的にはメインセイルを畳んでおく必要がある)。

チキン・ボヤージ

船首に搭載されている緊急回避用秘密兵器
起動するとライオンを模した船首の鬣が扇風機のように勢いよく回転し始め、空気を発射。その反動で帆船でありながらバックできる。さすがに風来バーストのように大きく移動することはできないが、それでもサニー号数隻分程度の距離であれば移動できるため、敵の攻撃を回避するためならばこれで十分と言える。風来バーストよりも圧倒的に短い時間で起動できるのも長所。

ガオン砲

船首に搭載されている、サウザンドサニー号最強の攻撃的装備。使用時には普段は閉じているライオンの口が開き、そこから砲門が出てくる。
コーラ樽三つ分のエネルギーを使い、凄まじい威力の空気の弾丸を発射する。建築物一棟くらいなら簡単に吹き飛ばせるほどの破壊力を誇る。しかし発射の反動を抑えるためにコーラ樽二つ分の風来バーストを併用するため、コーラの消費量が合計して樽5つ分と非常に大きく滅多に使えない。

サニーガンリキ

船首の目の部分に搭載されているライト。
暗い夜でも安全に航行できる。しかし光が一切届かない深海ではさすがに厳しい。


関連タグ

ONEPIECE 麦わらの一味 ゴーイングメリー号

フランキー  ガレーラカンパニー アイスバーグ パウリー

はっちゃん 鉄仮面のデュバル バーソロミュー・くま

pixivに投稿された作品 pixivで「サウザンドサニー号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12977

コメント