ピクシブ百科事典

フランキー

ふらんきー

フランキーとは、『ONEPIECE』の登場人物である。
目次[非表示]

「破損したらおれが完璧に直してやる!!! 船や兵器の事は何でもおれに頼れ!!」
「今日からコイツが!! お前らの船だ!!!」


「ん~~~~~~~~~~~~……スーパー~~~~!!!!」

概要

声 - 矢尾一樹野田順子(幼少期)
モンキー・D・ルフィの7人目の仲間。本名は「カティ・フラム」。
麦わらの一味の船大工

自分の作ったに乗り、その船が海の果てに辿り着くのを見届けることが夢。

水色リーゼントアロハシャツビキニ海パンがチャームポイント(?)。
両腕にあるのマークを頭の上で合わせ、「ん~~~~~……スーパー~~~~!!」というのが決めポーズ。

プロフィール

所属トムズ・ワーカーズ 社員→フランキー一家・初代棟梁→麦わらの一味・船大工
異名鉄人(サイボーグ)フランキー
懸賞金4400万ベリー(エニエスロビー崩壊後)→9400万ベリー(ドフラミンゴ討伐後)
誕生日3月9日(39=サイボーグ)
年齢34歳→36歳
身長225cm→240cm
出身南の海(育ちはウォーターセブン
仲間と「自分の作った船」で旅に出て、その船が世界の果て(ラフテル)まで達するのを見届ける事
好きな食べ物ハンバーガーフライドポテトコーラに合う物
嫌いな食べ物マシュマロ(硬くないから)
得意料理バーベキュー
好きな島春島の夏
イメージ動物闘牛
イメージナンバー08
イメージカラー水色
イメージマーク
フランキー 海賊旗
フランキー 海賊旗 
漫画版:リーゼントのあるガイコツの半分が機械になっており、両端にはフランキーの腕を模したものがある。    映画版:ガイコツ部分がフランキーの横顔で三日月状になっており、後ろの骨がフランキーの両腕を模している。
イメージ国アメリカ
イメージの花(ロビン談)アネモネ
家族に例えると(チンピラ)
ニオイコーラのニオイ
弱点背中(後ろ半分)は普通の肉体、コーラが切れると出力低下


人物

情に厚く涙脆い兄貴肌だが、自他ともに認める変態
どんな服を着てもズボンを履かないポリシーを持ち、常にビキニパンツ。
また、「ヘンタイ」という単語に反応を示し(「編隊」「変態」など)自身も口にする。

常に巻き舌でノリの良い軽快なしゃべり方をするためチンピラ臭いが、根は仁義を解する好漢であり、些細な事にも同情しては即興の歌を作って弾き語るなどかなり涙もろい。
一方で現実を直視して先々の計画を見据える頭脳も持ち合わせるが、「宵越しの銭は持たねぇ」発言等、金銭面の管理能力だけは壊滅的。実際、自分が棟梁として率いていたフランキー一家の収入源も、メインは町で無法する海賊から旗艦ごと身ぐるみ剥いで賄っていたらしく、『骨も残さない』が一家の謳い文句になっている。
下半身丸裸にされてなお威風堂々と見栄を切る胆力は、ルフィをして『漢の中の漢だ!』と言わしめ、ドレスローザ編のメラメラの実争奪闘技大会では、ルフィが既にゴムゴムの能力者である自分の代わりに義兄の形見と言っても過言ではないメラメラの能力を預ける候補として、真っ先にフランキーを名指しするなど、その漢振りへの篤い信頼が伺える。

船大工として

ネタキャラとしての地位を確立している彼だが大工としての腕は天才的で、一瞬にして装飾まで凝ったを作ったり、戦いの最中に切れで空中階段(フランキー空中散歩)を作ったり、ウソップと協力して応急配管工事を行ったりした。
カナヅチなどの工具はいつもパンツの中に入れている。

サウザンドサニー号を作る際は、買い出し船「ミニメリー2号」や、いくつかの小型船も作ったり、長い航海で仲間が極力ストレスを溜めないように滑り台やアクアリウム・バー、図書館などといったちょっとした娯楽施設も備えるなど、かなり繊細な気配りが感じ取れる。

特にミニメリー2号は船員全員に大好評で、普段は皮肉屋のロロノア・ゾロをもってして「最高の心遣い」と評される。
但し、シロモクバ1号に関しては、ナミウェイバーを勝手に改造したものなので、後にこっぴどく怒られるハメとなった。

戦闘力

サイボーグであり、頑強な鋼鉄の肉体と常人を上回る膂力により、素のパワーとタフネスは一味随一。
更に体内に多数内蔵された武装と特殊装備(後述)、手製のフランキーメカ軍団(後述)を駆使することにより、一味の中では最も距離・場所を選ばない戦いぶりと大火力を発揮できる。

しかし、胴体後ろ半身など露出している生身(手が届かないので改造できなかった)部分は弱点であり、覇気などは修得していないため、自然系悪魔の実の能力者相手などは分が悪い。

食べ物から普通に栄養を摂るが、体の機械部分は腹部に取り込んだコーラがエネルギー源。
そのため、エネルギー源としてのコーラが無くなると戦闘力がガタ落ちする弱点がある。
ちなみにコーラ以外の飲み物を内蔵すると、髪型が変化し性格も変わってしまい、戦闘力はガタ落ちする。

例:


内部図解

第1部(BF-36)

スーパー!


  • リーゼントになっているが、コーラエネルギーがなくなるとしおれるなど、エネルギーゲージの役割を果たす。
  • もみあげ手裏剣のように飛ばせる。外してもまた生えてくる。
  • :バルジモアの一件を見ればわかるとおり、頭蓋骨鋼鉄製である。
  • を入れるがある。これとは別に火炎放射器も内蔵しており、口から噴き出す業火『フレッシュ・ファイア』は一瞬で分厚いの束をも消し炭にしてしまうぞ。
  • 自動追尾式大砲『フランキーデストロイ砲』が内蔵されている。自動追尾式と銘打っているが砲弾はただの玉なので、フランキーが走って標的を追いかける。ただしいちいち発射するたびに肩が脱臼するため結構痛いらしい。
  • 胴体:全身鋼鉄だからは勿論、大型ライフル銃弾も弾き返す。ただし背中には手が回らなかったので生身のまま。
  • 冷蔵庫が内蔵されており、いつでも新鮮なコーラが飲める。ただしこれのせいで腹が冷え症ズボンはけよ。
  • 右手:通称『ストロング・ライト』右利き。一撃で列車座席をも引き剥がし、象ほどの巨体の相手も後ろのごと吹っ飛ばす剛腕(皮膚の下は本物の鋼鉄の手)。手首で繋がれており、ロケットパンチのように遠方の相手を殴り倒すことも可能だ。
  • 左手:通称『ウェポンズ・レフト』。カパッと手首がずれて迫撃砲や連射砲弾を発射する。
  • 『アウチ・フィンガー』。小型の仕込み拳銃になる。
  • 前腕:両前腕に刻まれた刺青はただの飾りではなく、横に開いて大砲の直撃でも弾き返す『ホシ・シールド』となる。
  • 風来砲(クー・ド・ヴァン):腕に仕込まれた必殺兵器。空気を吸い込んで圧縮し、射出する空気砲ゴーイングメリー号を吹き飛ばすほどの威力を持つ。
  • :上記の風来砲の原理を利用して強烈なオナラ「風来噴射(クー・ド・ブー)」を放つことが可能。クサい。
  • :縦にパカッと分かれてケンタウロス状(体の付き方は逆)に変身することができる。

第2部(BF-37)

2年後には、自身に改造を施しさらにロボットの様な姿になった。
両腕を大型の機械に改造(は球体で武器を内蔵、から先は直方体状になり工具を収納、掌からは精密作業用の通常サイズの手が出てくる)、両肩にはBF-37の文字を刻み、ヘアスタイルは基本的に坊主に変えた。
また、エネルギー切れを起こす描写は今のところ見られない。

フランキー


  • :鼻を3秒以上長押しすると髪型がフランキーの思うがままに変化する仕組み。髪型も以前と同じリーゼント・おさげ・カブトムシ・大砲など様々。
  • :先ほど述べたように巨大化しているが中から小型マジックハンドが出るため精密性は変わらない。また、ボルサリーノのそれを再現した、『フランキーラディカルビーム』という瞬時に鋼鉄をも溶かす超強力なレーザーが出せるようになり、シーザー・クラウンからも一目置かれた。
  • 前腕:風来砲は片手でも打てるようになった。
  • :肩の大砲は『フランキーキャノン』改名され、巨大化した両肩にロケットランチャーが内蔵されたぞ。
  • 乳首サーチライトが付いた。
  • 正座することでからキャタピラが出るようになった。一見無駄な武装に思えるが、フランキーはいつも裸足なので悪路走行には向いている。

制作した武器・兵器など

BF(バトルフランキー)1〜35号、36、37号、38号(フランキー将軍)

(1〜35号は戦艦、36、37号はフランキー自身)
トムズワーカーズ時代に自身が趣味で製作していた戦艦。35号まで製作した後にスパンダムによって悪用され、それがトムの死を招いたのを期に、中止した。
そのため、”最後の戦艦”という意味を込めて、自分の両肩には「BF 36」と刻んでいた。
後にウォーターセブンを改めて船大工として出る際、自分の罪を許せるようになったためか、麦わらの一味の戦力となるBFシリーズを再開している。

サウザンドサニー号

フランキーとウォーターセブンの職人たちが伝説の宝樹「アダム」を使い、総力を結集して作り上げた”夢の船”。

船首主砲「ガオン砲」は強力無比な他、ソルジャードックシステムで様々な局面に対応可能。

フランキー将軍(しょうぐん)(BF-38)

クロサイFR-U4号、ブラキオタンク5号が合体して誕生する巨大ロボット
オーズ戦以降から多くなった、自分たちよりも遥かに巨大な敵と戦うために開発された。
フランキーが胸部に乗り込む。背中に背負った巨大な「フラン剣」がメインウェポン。
またガオン砲のダウンサイジング版である「将軍砲(ジェネラルキャノン)」も搭載。

来歴

過去

海賊両親の間に生まれたが、その両親ですら手の付けられない暴れん坊だったため、偉大なる航路で捨てられストリートチルドレンになっていた。

幼少フランキー


生来の手先の器用さから廃を使って武器を作り生活していた所をトムさんに拾われ、トムズワーカーズ社員になる。そこで兄弟子のアイスバーグと切磋琢磨しながらも造船技術を学び、ヒマさえあれば戦艦「バトルフランキー」を作っていたが、そこでCP5スパンダムによりトムがオーロ・ジャクソン号を作った罪で死刑に処されそうになってしまう。

壇上でトムは「死刑になる前に沈みゆくウォーターセブンを救うために海列車を作りたい」と語り、それにより10年の執行猶予を与えられる。トムズワーカーズは猶予期間に必死で海列車制作に取り組み、遂に海列車第一号「パッフィング・トム」を完成させる。

【ワンピース】 ♪ 太陽と埃の中で


しかし、トムの保有する古代兵器設計図に目がくらんだスパンダムはコッソリとバトルフランキーシリーズを盗み出し、司法船を襲撃。これによりトムは重傷を負い、自分が作ったで師を傷つけたことを知ったフランキーは慙愧の念に駆られ「あんなもんはおれの船じゃねえ」と吐き捨てる。しかし、そこで返されたのはトムの鉄拳だった。

「その言葉だけは船大工は言っちゃならねえ! 自分が作った船がどう使われようが、作ったヤツだけはその船を愛するべきだ! 自分の作った船に、男はドンと胸を張れ!!」

トムの自分の命を犠牲にしたとある機転によりアイスバーグとフランキーは司法船襲撃のを許され、トムはオーロ・ジャクソン号造船の罪でエニエスロビーに送られる。
それを許せなかったフランキーは重傷に鞭打ちながらもバズーカを引っ提げてパッフィング・トム破壊してでもトムを奪い返そうとするが、逆に跳ね飛ばされて瀕死の重傷を負う。
流れ着いた先にあったガラクタや機械部品で瀕死のを改造し、フランキーはサイボーグとして生まれ変わる。
こうして機械身体(前面だけ)となり戻ったフランキーはアイスバーグと袂を分かち、『ウォーターセブンの裏の顔』として君臨。裏町のチンピラ達を解体屋「フランキー一家」として纏め上げることで、カリスマとして日向を歩む兄弟子の手が届かない闇から、師匠が救った街の治安に睨みを利かせ、守り続けていた。

偉大なる航路

ウォーターセブン

しかし、ウォーターセブンに潜伏していたCP9スパイにフランキーがトムから古代兵器の設計図を継承したことを知られると、ニコ・ロビンと共に捕縛され、エニエスロビーへと送られる。

そして悪魔の子ニコ・ロビンが決して風評通りの人間ではないと知り、麦わらの一味に協力。
ロビンを取り返しに来た麦わらの一味及びガレーラカンパニーフランキー一味連合軍のおかげもあって拘束から解放。
CP9フクロウを倒し、更にスパンダムをボコると麦わらの一味から受け取ったでロビンの手錠を外し彼女を救い出した。

かくしてウォーターセブンに帰還したフランキーは、ゴーイングメリー号に変わる新たな麦わらの一味の旗艦を創るべく(以前ウソップからふんだくったで買った)「宝樹アダム」の木材を使って大型帆船の製作に取り掛かる。
ガレーラの職長たちも加わり、後に「サウザンドサニー号」と名付けられるその船は完成した。

フランキーの夢「最高の船を作り、海の果てに到達すること」を知ったフランキー一味の解体人たちは、フランキーにサウザンドサニー号と共に行く冒険の旅をプレゼントしようと計画。
自分の手下達の思いや、アイスバーグから「もう(過失でトムの死を招いてしまい船大工としての道を自らとざした)自分を許してやれよ」との言葉もあって、晴れてフランキーはルフィの仲間となった。

シャボンディ諸島

スリラーバークなどで冒険を重ねるが、シャボンディ諸島でのボルサリーノパシフィスタとの戦闘中に、バーソロミュー・くま肉球によって「偉大なる航路」の「未来国バルジモア」に飛ばされてしまうこととなる。

バルジモア

放浪の果てにフランキーは(パン一雪山を歩き回った末)Dr.ベガパンクが生まれた家にたどり着いた。

アニメ版ではバルジモアで治療を受けた際、腹部にコーラ代わりにダージリンティーを内蔵され紳士風の性格になってしまうなど、更に波乱万丈となっていた(原作では他にも数種の飲料を内蔵され性格や外見が数度変化している。上記参照。)。

到着から数日後にルフィも参加したマリンフォード頂上戦争の知らせを受け、島から出る唯一の手段である砕氷船を入手するためにDr.ベガパンクの研究所に侵入する。
しかし誤って研究所の自爆スイッチを押してしまい、ベガパンクの”まだ実現していない表向きの研究成果の数々”という人類の英知・世界の至宝を全て吹き飛ばす「バルジモアの悪夢」を引き起こし、自分は前半分の皮膚が吹き飛んでしまう。

爆発に巻き込まれた人


その後、自爆の影響で見つけた、隠されていたベガパンクのもう一つの研究所を発見。そこには”表向きには”載せられない兵器などに関する研究成果・構想が残されていた。
新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取ると、そこで得た兵器の設計図を利用し自身の身体の改修、および新兵器開発に着手する(その最中に「バルジモアの燃える霊獣伝説」を引き起こした)。

新世界

2年後の現在は自身に改造を施し、以前はまだ人型だったのだが、ロボットの様な姿になった。
ニコ・ロビンには、「もう人として接することは出来なさそう」と言われている。

シャボンディ諸島に2番目に到着し、最初にサニー号の元へ向かいくまと接触、レイリーから事の次第を聞かされると、一味の再出航後それを全員に伝えた。

魚人島編

トムさんの弟である人魚デン(船大工兼海の森研究者)に会いに行き、事の次第をあらためて説明。
あの悔やむべき過去についても、フランキーの中では整理がついたようである。
デンのほうもまた、ココロから手紙でフランキーやアイスバーグのこと・兄の生き様を事前に知らされており、「最後まで兄貴は兄貴らしくドンと生きたんだねェ」とフランキーに対してよく接し、サニー号のコーティングを請け負った。

PH編~ゾウ編

パンクハザードではレーザー発射装置をシーザー・クラウンから狙われるも、ルフィはシーザーを倒し、そのシーザーを回収に来たベビー5バッファローノリで撃破。
続くドレスローザでのSMILE破壊作戦においては幹部のセニョール・ピンクと対決し、互いの漢ぶりを認めつつ勝利をもぎ取り工場を破壊した。
ゾウにおいては一旦ルフィらと別れ、ワノ国を支配するカイドウを倒す新型兵器製造を請け負うこととなった。

余談

  • キャラクター造型の経緯

テレビアニメで声を担当している矢尾一樹と原作者の尾田栄一郎は矢尾がジャンゴ役で出演してからの友人で、アニメの初代プロデューサーから尾田に「アニメは長寿番組になるから、矢尾一樹が麦わらの一味に入れるようにしてくれ」とオーダーがあり、尾田が矢尾をイメージして作ったキャラがフランキ-である。アニメでは巻き舌でしゃべる事もある。そしてスリラーバーク編ではダンクーガのネタもやらかした

  • 声優
演者の矢尾一樹氏は、お店でコーラ以外を飲んでいたら、子供にガッカリされたため、以降は人前ではコーラ以外飲まないように気を使っているという。

『ONE PIECE 総集編 THE 22ED LOG』での尾田氏の言葉によると、ウォーターセブン編で当初決まっていたことは、「フランキーが加入」「ゴーイングメリー号との別れ」の二つのみだった。
そのため、誰が麦わらの一味の船大工になるかについて読者を混乱させようと、最初にフランキーを嫌いになってもらい、加えてロブ・ルッチパウリ―カクなど多くの個性的な船大工を登場させたという。


関連イラスト

フランキー
「効かねェなァ…。」


幼少時

スーパー!!!
カティ・フラム


二年後

BF-37 アーマードおれ
フランキー【 Z 】



関連タグ

ONEPIECE サイボーグ 麦わらの一味 ボクシング

トムズワーカーズ アイスバーグ トム(ONEPIECE) ココロ(ONEPIECE)

pixivに投稿された作品 pixivで「フランキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3190567

コメント