ピクシブ百科事典

超獣機神ダンクーガ

ちょうじゅうきしんだんくーが

「超獣機神ダンクーガ」とは、葦プロダクション制作のオリジナルロボットアニメである。
目次[非表示]

概要

1985年4月5日から1985年12月27日までTBS系列の一部および福井テレビフジテレビ系列)(局によっては放送時期は異なる)で全38話が放送された。
企画当初はTBS担当バンダイスポンサーだった初代日5(08~17年の二代目日5MBS担当)の枠で全52話を予定していたが、放送枠が廃枠になり、TBSでは金曜夕方5時の放送となった。
しかし、TBSでの裏番組が当時社会現象になり、且つ全国ネットのフジテレビ系帯バラエティー番組「夕焼けニャンニャン」だった為、視聴率は大幅に水を空けられた事、玩具が精巧過ぎたのと、ダンクーガがアニメーター泣かせの線が多いメカ(当時のアニメは手書きセルのフイルム撮影だった)だった為、合体=最終手段の演出と展開だったにせよ、合体後に瞬殺で終わる事が多かった為、商業的に振るわず打ち切りと同時に初代日5から続いたTBS放映バンダイスポンサーのロボットアニメ枠と、東映本社とのタッグでポピー時代の超電磁ロボコン・バトラーVから続いたバンダイスポンサーの変形合体ロボットアニメ(コンVから数えて10作目で、東北新社勇者ライディーンを含めると11作目になる)の最終作となった。しかし、ファンの熱意ある支持とキャラクター人気に後押しされて多数の続編が作られた。
因みにもしも初代日5で放送されたとしても、ラスト10分が当時40分番組だった「笑点」の裏になっていた。

OVA『超獣機神ダンクーガ 失われた者たちへの鎮魂歌』は、1986年4月にテレビアニメ総集編+完結編として全1話が発売、TVシリーズでは描かれなかったムゲとの決着がなされた。他にも『GOD BLESS DANCOUGA』が1987年4月に全1話、『白熱の終章』が1989年12月から1990年にかけて全4話発売されている。
漫画『超獣機神ダンクーガBURN』は、1997年から1998年まで長谷川裕一作画によりアニメのスピンオフ的な作品として連載された。本来ならアニメ化の予定だったが、諸事情により実現できなかった。
テレビアニメ続編『獣装機攻ダンクーガノヴァ』は、2007年にアニマックスで放送された。

なお、『ダンクーガ』という名前に漢字表記も存在し、その際には【断空我】と書き、その意味は「我を空にして煩悩を断つ」である。

ストーリー

20世紀末、侵略者ムゲ・ゾルバドス軍の攻撃により、地球は壊滅的な打撃を受けた。だが、ロス・イゴール長官と葉月考太郎博士が密かにイーグルファイターら4体の「獣戦機」を完成させていた。これにより藤原忍ら4人を招集し「獣戦機隊」を編成して、対抗していくことになる。

登場人物

獣戦機隊

藤原忍(CV:矢尾一樹
結城沙羅(CV:山本百合子
司馬亮(CV:塩沢兼人
式部雅人(CV:中原茂
ロス・イゴール(CV:池田勝
葉月考太郎(CV:石丸博也
ゲラール(CV:玄田哲章
クリス(CV:小滝進
スライ・ダンパー(CV:佐々木望
リンダ麻生(CV:鷹森淑乃
ケイ・ベックリン(CV:小林通孝
早瀬優(CV:菊池正美
ドイル(CV:筈見純

黒騎士隊

アラン・イゴール(CV:田中秀幸
フランシス(CV:小滝進
速水(CV:幹本雄之
敷島麗美(CV:榊原良子

ムゲ帝国

ムゲ・ゾルバドス帝王(CV:仲村秀生
デスガイヤー将軍(CV:屋良有作
ギルドローム将軍(CV:佐藤正治
ヘルマット将軍(CV:二又一成
シャピロ・キーツ(CV:若本規夫
ルーナ・ロッサ(CV:島津冴子
ビストール(CV:戸谷公次

ディラド

ディオレ(CV:山田栄子
アベル(CV:山寺宏一
ケイム(CV:堀川亮

その他

ローラ・サリバン(CV:藤原理恵
ダニエラ(CV:あきやまるな
結城タケル(CV:藤城裕士
式部雅男(CV:徳丸完
テッド・カイゲル(CV:宮内幸平
道那賀小百合(CV:荘真由美
マルテ(CV:光野栄里

話数リスト

話数サブタイトルトピックス
1帝国の野望 Empire's Desire
2吠えろ! 獣戦機 Get your! JYUSENKIイーグルファイター初登場
3シャピロ! 転生 !! Reborn ! Shapiro !シャピロがムゲに寝返り、ランドクーガー初登場
4狙われたジャミング aimed Jammingsystem 雅人&ランドライガー初登場
5最後に来た男 The man came last亮&ビッグモス初登場
6戦場の聖少女 Maiden in the battlefieldローラ初登場
7小さな英雄 A kind of hero
8激戦!! 思い出を囮に Trapped memoriesテッド・カイゼル(ドン)がゲスト
9アマゾン河の魔獣 Hell beast in Amazon
10騎士の伝説 legend of Knight黒騎士初登場
11敵からの援護射撃 A covering fire of enemyヒューマノイド形態初登場
12目覚めるな恐竜 Don't wake up megalosaurs
13裏切りの町 Betray town
14ニューヨーク市街戦 Street fight
15獣を超え、人超え、いでよ神の戦士(前篇)God bless the machine Act.1
16獣を超え、人超え、いでよ神の戦士(後篇)God bless the machine Act.2ゲラール戦死、ダンクーガ初合体
17デスガイヤーの敗北 GENERAL retire総集編1・デスガイヤー戦線離脱
18神の国への誘惑 Temptationギルドローム参戦
19怪奇!! 悪魔に消された部隊 Night Terror
20南風ハートブレイク Southern wind
21降りてきた死神 The first contact地球人と共生しようとしたムゲ兵士・ザンテの悲劇
22止まった時間 Time goes around still
23殺人鬼への報復 Revenge for murder
24凱旋門燃ゆ La Marseilleシャピロと最初の直接対決、ダイガン初登場
25ヨーロッパ戦線の罠 TRAP!
26黒騎士の秘密 The secret of velieves黒騎士の正体がアラン・イゴールと判明
27妖星堕つ Gildorome's decline and fallギルドローム戦線離脱
28獣戦機基地(前篇)General Attack I獣戦機基地の所在が暴かれ、ヘルマット参戦
29獣戦基地総攻撃(後篇)General Attack Ⅱイゴール長官戦死、ガンドール起動
30戦場!出会い、そして別れ We meet only to part総集編2
31去りゆきし長官 After his death故・イゴール元長官の葬儀
32空からの強敵 Targetここでやっとダンクーガが空を飛べない弱点が判明
33飛べ明日へ!! 将軍の子ら Caputure the intelligence
34故郷に別れの歌を Long goodby沙羅の両親が登場し、ブースター・ガルーダ初登場
35月は地獄だ!! Moon is hell!アラン、ヘルマットと相討ちに
36野望の崩壊 Harmony loveシャピロと最後の対決
37暗黒の終焉 Tell Laura I Love her !シャピロとの決着
38最後の咆哮 Darkness and ruinsTV最終回・ギルドローム、ルーナ相次いで戦死
39(OVA)失われた者たちへの鎮魂歌 Requiem for Victims 断空剣初登場と最終決戦を描いた真の最終回

主題歌

オープニングテーマ

愛よファラウェイ
歌:藤原理恵、作詞:松井五郎、作曲:古本鉄也、編曲:戸塚修

「ほんとのキスをお返しに」
歌:藤原理恵、作詞:冬杜花代子、作曲:古本鉄也、編曲:戸塚修

エンディングテーマ

バーニング・ラヴ
歌:いけたけし、作詞:松井五郎、作曲:いけたけし、編曲:戸塚修

「SHADOWY DREAM」
歌:東郷昌和、作詞:冬杜花代子、作曲:東郷昌和、編曲:戸塚修

スーパーロボット大戦

初登場となった第4次スーパーロボット大戦では「初登場であるにも関わらずリストラ候補」「空を飛べず機動力が足りない為前線に出にくい」「敵勢力が一切出ない」という不遇の扱いとなっていた。
その後もウインキー時代はあまり良い扱いではなかったが、その後アルファシリーズでは幻の形態であるファイナルダンクーガが登場したり、シャピロ専用戦闘メカも公式に「デザイア」に、ヤラレ役の名無しの空戦メカに「ドル・ファー」に、それぞれ名付けられたり、大張正己氏が戦闘デモ原画を描いたりと、かなり優遇されている。
上記の通り「バーニング・ラヴ」はエンディングテーマではあるが、オープニングテーマにしても違和感ないほど熱い曲調なためダンクーガの戦闘BGMとして何度も使用されており、他作品の多くがオープニングテーマを戦闘BGMに採用しているため、原作未視聴者には『ダンクーガのオープニングは「バーニング・ラヴ」である』と勘違いされることもある。
ただし「愛よファラウェイ」「ほんとのキスをお返しに」も戦闘BGMとして採用されたことはある。
続編である「ノヴァ」とも共演した事がある。

ダンガイオー等の大張スーパーロボット達との関連

ダンクーガダンガイオーもメカデザイナーが同じ大張正己(但し、ダンクーガは平井久司(当時は久)氏との共同デザイン)氏であり、初代は共に同じ四機合体と言う共通点もある。
しかし、それだけでなくダンクーガの企画書題名が「獣戦機ダンガイオー」または「獣戦機ダンクーガ」だった事、及び完全放送されていたら番組終盤に登場予定だったムゲ版悪のダンクーガと言えるライバルロボットが何とダンガイオーだったのであり、歴史が違えば此方がダンガイオーになっていたかも知れない。(但し、「ダンクーガ版ダンガイオー」は名称のみ知られているだけなので、詳細は不明)
序でにOVA初作に登場した中ボスザン・ガイオーダンガイオーの名残と言え、この没構想は04年の超重神グラヴィオンツヴァイにおけるグラヴィオンゼラヴィオンで実現する事となる。
ダンクーガに始まりダンガイオーオーディアンダンガイザー3を経て大張スーパーロボットはグラヴィオンで到達点を迎えたと言える。

余談

本作超時空要塞マクロスのアンチテーゼを目指したと言え、三角関係の男女比を逆転させ、「空から振ってきた死神」で地球人と共存しようとしたムゲ兵士が同胞に敢え無く惨殺されている事から、地球とムゲ帝国との共存共生が断たれた事に顕著に出ている。

関連イラスト

ダンクーガ
☆



関連タグ

やってやるぜ!
超獣機神ダンクーガBURN 獣装機攻ダンクーガノヴァ
スーパーロボット大戦

関連作品

超時空要塞マクロス・宇宙からの侵略と異文明との接触の共通点と、マクロスが男1・女2の三角関係に対し、ダンクーガは女1・男2となり、マクロスの主人公・一条輝が軟派な優柔不断に対し、ダンクーガの主人公・藤原忍は硬派で一途とそれぞれ反転した相違点もある。
なお、ダンクーガ自体、マクロスのアンチテーゼ企画だったと言え、初代マクロスが竜の子制作なのに対し、続編マクロス7葦プロが制作担当となった。これはある意味、ダンクーガのリベンジを果たした形と言えよう。

赤い光弾ジリオン超音戦士ボーグマン機甲警察メタルジャック宇宙の騎士テッカマンブレード
少人数メンバーによるハイテク兵器を使用するチーム、主役に当時の若手声優を起用、放送短縮と言う共通点繋がり(ジリオンとテッカマンブレードは除く)。特にボーグマンは同じ葦プロ製作である。

外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

葦プロ あしぷろ

子記事

兄弟記事

ネット流行語100 2019 ノミネート発表中! 生放送 12/15 19:00〜

pixivに投稿された作品 pixivで「超獣機神ダンクーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143715

コメント