ピクシブ百科事典

超獣機神ダンクーガ・白熱の終章

ちょうじゅうきしんだんくーがはくねつのしゅうしょう

超獣機神ダンクーガ・白熱の終章は1989年から1990年にバンダイビジュアルから全4巻が発売されたOVAで、映像作品としては藤原忍の代の物語の完結編と言える。
目次[非表示]

概要

超獣機神ダンクーガ・白熱の終章とは、1989年から1990年までバンダイビジュアルから全4巻が発売されたOVAである。
ムゲ帝国滅亡から数年が経過し、TV版と同じハードでヘビーなタッチに戻り、植物をモチーフにしたディラド星軍と言う新たな敵と、サイボーグとしてシャピロ・キーツが復活し、更にTV版の監督だった奥田誠治氏が監修に入り話題になった。

STORY

ムゲ帝国滅亡から数年後、獣戦機隊のメンバーはそれぞれの生活を送っていた。レーサーとして生計を立てる藤原忍、引き続きファッションの仕事を続けている結城沙羅ムゲ帝国残党の事件で死亡した父の会社を引き継いだ式部雅人、妻・ダニエラと共にメキシコで暮らす司馬亮
そんな日常も未知の敵の侵略で終わりを告げ、その中に死んだ筈のアイツの姿もあった!

CHARACTER

MECHANIC

植物巨人 ディラド星の主戦力で兎に角数で押してくる。その為、スパロボIMPACTでは飛影(忍者戦士飛影)の餌食に…。

TRIVIA

  • 本作ではOP曲が無く、EDでTV版の歌をリサイクルしており、その為、やや古臭い印象があった。
  • 藤原忍の世代の映像作品はこれで完結したが、本作よりその後を描いた小説『獣機神曲』が真の最終章となる。粗筋は雅人が復活し、獣戦機隊がネオ・ナチスに戦いを挑むもので、最後の敵は人類同士とは驚いたものだった。

関連タグ

白熱の終章 ダンクーガOVA完結編

関連記事

親記事

超獣機神ダンクーガ ちょうじゅうきしんだんくーが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超獣機神ダンクーガ・白熱の終章」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント