ピクシブ百科事典

ムゲ・ゾルバドス

むげぞるばどす

「超獣機神ダンクーガ」に登場する「ムゲ・ゾルバドス帝国」の支配者。通称ムゲ帝王

CV:仲村秀生スーパーロボット大戦シリーズでは稲田徹が担当)

概要

宇宙からの侵略者「ムゲ・ゾルバドス帝国」の帝王
ライオンのような仮面(黒目がついている)をしているがこれは冠に過ぎず、TVアニメ最終回にその真下に本当の顔をのぞかせている。

度重なる作戦の失敗で本国に更迭することになったデスガイヤー将軍に対して「私の信頼する者が敗れたのならば仕方がない」と嫌味を言わずあっさり肯定するなど度量が大きく、帝国を共に盛り上げた功績も評価して、休養を兼ねて来たるべき決戦に備えさせる等、配下に対しての信頼も持ち合わせている。
侵略対象の星の人間であるシャピロ・キーツの進言を聞いて司令官に取り立てる機転を持ちつつ、その野心も看破している(一度更迭されたギルドローム将軍にシャピロの指揮権剥奪をさせ、将軍の権威失墜に対する恨みを晴らさせた)。

(デスガイヤーの回想を除いて)異次元にある本星から動くことはなく、TVシリーズではその全貌を見せることはなかったが、OVA『失われた者たちへの鎮魂歌』にてデスガイヤーにダンクーガとの再戦のおぜん立てをし、デスガイヤー敗北後に超能力でダンクーガを窮地に追い詰めたが、野生の力を最大限にまで発揮した藤原忍達の投擲する断空剣に貫かれ、星とともに消滅した。

しかし、『GOD BLESS』にて亡霊と化して復活。結城沙羅の親友道那賀小百合に憑依して獣戦機隊を陥れるよう暗躍した。
偽ダンクーガを出現させたり、小百合の虚像で獣戦機隊を翻弄したがいずれも破られ、要塞と一体化した姿を現したところをダンクーガとガンドールによる「断空光牙剣」によって滅び去った。

小説版では小百合を異形の怪物へと変化させてダンクーガに倒させた。自らをと称し、地球の歴史に干渉し続けたと述べているが、忍達にはその所業は神よりもむしろ悪魔だと確信した。最終的には本当の神と思しき存在の力を与えられたダングーガに倒された。

TVシリーズでもシャピロに野心を起こさせた「宇宙の声」なるものがあり、その辺りに触れるつもりがあったようだが打ち切りにて実現しなかった。

関連項目

ズール皇帝:同じく実は地球の歴史に干渉し続けたという宇宙の悪魔で、シリーズ構成は同じ藤川桂介。ムゲ帝王と違い、部下を思いやる心は一切ない。

大魔王バーン:人智を超えた力を持つラスボスで、部下に温情を掛けたり本来敵となるはずの竜騎将バランを魔王軍に引き入れたりなど共通点が見られる。

ケイサル・エフェス:『第3次スーパーロボット大戦α』のラスボス。宇宙に漂うおびただしい悪霊を操るラスボス繋がりで、張五飛曰く「ムゲ・ゾルバドスと同質のもの」。

関連記事

親記事

ムゲ・ゾルバドス帝国 むげぞるばどすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムゲ・ゾルバドス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54

コメント