ピクシブ百科事典

ケイサル・エフェス

けいさるえふぇす

ケイサル・エフェスとは第3次スーパーロボット大戦α-終焉の銀河へ-のラスボスである。
目次[非表示]

我は、まつろわぬ霊の王にして、あまねく世界の楔を解き放つ者なり…


概要

ゼ・バルマリィ帝国のトップである霊帝ルアフを陰から操っていた本当の霊帝。
永い時の中で繰り返されてきた宇宙の死と再生の輪廻から外れてしまった者達の魂が悪意と共に実体を成した存在であり、負の無限力の体現である。

CVは何とアニソンの帝王・水木一郎アニキ。コミックアンソロジーでは彼の声にαナンバーズの面々が
聞き覚えのあるような素振りを見せ、更にはあの熱気バサラですら低姿勢となるネタがある。

ケイサル・エフェスの目的

元々はゲベル・ガンエデンのサイコドライバーであった男、ゲベルが負の無限力を得て新生したのがケイサル・エフェスである。その目的は正の無限力をも取り込んで宇宙の因果律すべてを支配すること。そして肉体と生命が滅び魂だけの存在になった者たちの世界を創り、その支配者になることで宇宙の死と再生の輪廻から脱却することである。

そしてまさかの…

αシリーズ完結以降、全く出番の無かった彼であったが、2017年12月に事態が一変。

アイドルマスターシンデレラガールズスーパーロボット大戦OGのコラボイベント
スーパーロボット大戦CG-奏鳴の銀河へ-にまさかの客演を果たす。

最初のボスがルアフ&ゲベル・ガンエデンだったことからラスボスはケイサル・エフェスか(ネオ)グランゾン(あるいはオリジナル)ではないかという予想がイベント初日から上がっていたのだがまさかの登場。
基本的に威厳溢れる姿で圧倒的な強さを見せつけ、グランゾンも操って手駒としていた。対面するだけで全将兵の戦意を喪失させるほどだったが、唯一シロガネ艦長のアイコには通じず、ゆるふわ無限力を持った彼女の歌声によって人類は戦意を取り戻し、最終決戦に突入する。
アイコの歌声に不可解なものを感じながらも圧倒的な強さで勝利を目前とするものの、シロガネと運命を共に戦場で最後まで歌おうとしたアイコとそれに感じ入った艦隊メンバーの、さらに呼応するように銀河中から集まった歌声に銀河が奏鳴する中、悪を断つ剣に開眼したタマミ少尉と宇宙忍者アヤメのダイゼンガー刃馬一体「竜巻斬艦刀・逸騎刀閃」により打ち倒された。
歌に温もりを感じ、嘉せられながら消滅していったその最期は満足した安らかなものだった。

――という、8話で完結する駆け足展開でコラボでの接待補正もあるとはいえスーパーロボット大戦本編からするとものすごい展開であり、以前よりスパロボをプレイしていたプロデューサー(通称P。シンデレラガールズのプレイヤーの呼称)達を驚かせた。
そもそも原作本編での最期は、志半ばで消えていく事への悔恨が残り、αナンバーズ(自軍)に「必ず戻ってくる」という恨み言のような警告を残して消滅する。
どちらも歌がきっかけで倒されるという共通点はあるものの、思いもよらぬコラボ先で悔いの残らぬ救いの手が差し伸べられる事となった。
以降、P達の間では「高森藍子担当P」として知られていくことになる。

関連タグ

第3次スーパーロボット大戦α
ゲベル・ガンエデン ルアフ・ガンエデン

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイサル・エフェス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79088

コメント