ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アルマナ・ティクヴァー

あるまなてぃくゔぁー

アルマナ・ティクヴァーは「第3次スーパーロボット大戦α」に登場するキャラクター(メイン画像はイメージ)。
目次 [非表示]

概要

初登場は『第3次スーパーロボット大戦α』。16歳。

百数十年ぶりの神託によって誕生を告げられた「ズフィルードの巫女」。優れた念動力者である。

バルマーでは巫女の誕生が告げられると、その人間が17歳を迎えた日をもって神体ズフィルードに捧げる慣わしが存在する。それは死と同義だが、巫女はズフィルードと一体化し永遠に生きるとされるため、帝国の臣民にとっては希望の象徴であり巫女にとっても最上級の栄誉である。

アルマナも生贄となることにためらいはなかったが、その前に外の世界を見てみたいとルアフ・ガンエデンに願い出て、1年間の猶予を与えられて地球に来た。それが、彼女の運命を変えることとなった。


人物像

バルマー帝国の貴族階級である「十二支族」の一つ・ティクヴァー家の令嬢であることから礼儀正しくお淑やかに見えるが、これは猫をかぶっているだけであり、本来は年相応に子供っぽく、感情豊かな性格である。


当初はかなりの世間知らずだったものの、αナンバーズと関わるうちに変わっていくが、ハザル・ゴッツォ率いるゴラー・ゴレム隊によって命を狙われるようになる。 αナンバーズが地球圏追放を言い渡された際には侍従のルリア・カイツと共に密航しており、レプリ三重連太陽系での一件で密航していたことがバレて一時拘束されるが、その後の閉鎖空間内でのハザル及びゴラー・ゴレム隊との戦いで宰相のシヴァー・ゴッツォがルアフへの反逆を目論んでいることを知り奮起。


バラン・ドバンに護衛されて本国へ戻り、バルマー本星にαナンバーズがやって来た際にルアフに停戦を懇願するが、一蹴されてしまう。 さらに、ルアフから「ズフィルードの巫女」の本質が、その魂を以てズフィルードの霊力を補填する、単なるエネルギー補給でしかないことを聞かされる。そのままルアフの念を補充するため殺されかけるが、土壇場でルアフが完全に力を失い難を逃れた。


直後に現れたシヴァーによってルアフに関する真相と、帝国の人々を避難させた場所の座標を明かされ戦場から離脱。直前の戦いで戦列を離れていたサルデス、ヒラデルヒアと共に帝国民を保護するとそのままαナンバーズと合流、アポカリュプシスによる隕石雨を逃れるため共に転移した。


通常ルート最終話「終焉の銀河」におけるケイサル・エフェスとの最終決戦ではバルマー艦隊を率いてαナンバーズの救援に登場。仲間たちを激励するまでに成長を見せた。


銀河大戦終結後はバルマーの代表となり、バルマー復興に尽力する。また、外宇宙移民船団への参加を表明している。

人間関係

『第3次α』における最大のキーパーソンとして、4人の主人公全員に何らかの形で関わることになる。


ルリア・カイツ

副官的な立場の侍女。味覚がアルマナと同レベル。

ちなみにトウマ編では第35話でボス達やトウマと出会った際、素性を隠すために「ルリア星の貴族のお嬢様」と勝手に名前を使っている(しかも本人の前でトウマが「ルリア星から来たというのは…」と言う場面がある)。


バラン・ドバン

護衛の将軍。アルマナが最も信頼する相手。


ハザル・ゴッツォ

アルマナを抹殺しようとする。アルマナ曰く「気障なボンボン」。

しかし、エイス・ゴッツォからハザルとエイスの素性を知らされ、エイスによってハザルが殺された時はルリアやバランと共にショックを隠せなかった。


シヴァー・ゴッツォ

アルマナを利用し、バルマーの専制を打倒しようとした。


ルアフ・ガンエデン

ズフィルードの巫女として彼に忠誠を誓っていたが、終盤で彼に考えを改めるよう進言したため、彼に殺されそうになる。


トウマ・カノウ

トウマ編では、ミナキとライバルになってトウマを取り合う三角関係に。中盤ではトウマをデートに誘っていた。

スペシャルシナリオでのアルマナ一行の扱いはトウマルートで語られた内容を元にしているため、このルートが公式設定となっている。


ミナキ・トオミネ

トウマ編における親友であり恋敵でもある存在。


クォヴレー・ゴードン

クォヴレー編におけるメインヒロインと思われたが…フラグを折られてしまったため、友人止まりに。

最初に出会った時は一介のバルシェム呼ばわりしていたが、最初から生きる道を全て決められていたアルマナにとって、自らの意思で生きる道を探そうとしていたクォヴレーの姿は眩しいものだった。

クォヴレー編のエンディングでは、クォヴレーを自らの側に置きたかったことを語っている。


クスハ・ミズハ

クスハ編では、文明の差もあるだろうが、彼女の超味覚に平然と対応し、ブリットを始めとしたクスハを知るαナンバーズの面々を驚愕させた。


セレーナ・レシタール

セレーナ編では、女スパイとお姫様という、対照的な二人。


ヴィレッタ・バディム

αナンバーズによる尋問を受けた際、彼女から掛けられたとある言葉が自身の迷いを払拭するきっかけとなった。


ケイサル・エフェス:バルマーことゼ・バルマリィ帝国を裏から操っていた真の霊帝

ユーゼス・ゴッツォを除く帝国関係者の例に漏れずアルマナも直接対面するまで彼の存在を認知していなかった。

その他情報

エスリムを操縦でき、クォヴレールートではヴァルク・ベンも操縦する。


声優

無し

誕生日

関連イラスト

センシティブな作品

センシティブな作品

アルマナサンタ

別名・表記ゆれ

アルマナ

関連タグ

第3次スーパーロボット大戦α バラン・ドバン ルリア・カイツ シヴァー・ゴッツォ クォヴレー・ゴードン セレーナ・レシタール

巫女 色白 巨乳 美少女 サブヒロイン


カップリングタグ

クォヴマナ

外部リンク

スーパーロボット大戦 公式サイト[SRW]

関連記事

親記事

ゼ・バルマリィ帝国 ぜばるまりぃていこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87244

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました