ピクシブ百科事典

ダイゼンガー

だいぜんがー

スーパーロボット大戦シリーズに登場するオリジナルメカ。
目次[非表示]

概要

第2次スーパーロボット大戦αのスーパー系男主人公機。「ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン(Dynamic・General・Guardian)」シリーズの1号機。
劇中でゼンガー自身が「武神装攻ダイゼンガー」と命名。
操縦方式は、パイロットと機体の動作を一体化させたDML(ダイレクト・モーション・リンク)システムを採用。
当初の予定ではグルンガストシリーズ本来の路線を受け継いだ内蔵武装を持っていたが、諸事情(詳細は後述)によりグルンガスト参式から引き継いだ参式斬艦刀を主武装としている。

そのマッシブなデザインのコンセプトは大張正己風。
アニメ「ジ・インスペクター」では大張氏本人の手で描かれることになり、第2次スーパーロボット大戦OGでは、斬艦刀・雲耀の太刀の戦闘演出が、ほぼアニメそのままの形で逆輸入された。

概要

形式番号 DGG-XAM1
所属 クロガネ
開発 ビアン・ゾルダーク
製造 DC
生産形態 ゼンガー・ゾンボルト専用機
全高 55.4 m
重量 142.7 t
パイロットゼンガー・ゾンボルト
登場作品第2次α・第3次α・OG2(OGs)・OG外伝


武装

ゼンガーの戦闘スタイルに合わせて基本的には斬艦刀のみという潔い武士道スタイル。
内蔵火器はシナリオの都合で使用できなかったり、大抵は隠し要素として封印されている。
詳しくは後述。

ダイナミック・ナックル
グルンガストシリーズにおける「ブーストナックル」に位置する武装。
一言で言えばロケットパンチ

ゼネラル・ブラスター
グルンガストシリーズにも搭載されているビーム砲をダイゼンガー用にして搭載したもの。
両肩の円盤部分から放つ熱線砲。

ガーディアンズ・ソード
斬艦刀よりもやや小振りな片刃の剣で、取り回しは軽い様子。刀身がGの形になっている。
斬艦刀との兼ね合いからか、内蔵火器が解禁されても使用されないことが多い。

参式斬艦刀
元はグルンガスト参式のもの。普段は通常の日本刀の形状を取る武器だが、特殊な液体金属を使用しており、刀身の形状を変えることが出来る。
また、刀身に合わせて柄と鍔の部分が延長し、大剣のように変形させることも出来る。
起動時のはじめての戦闘でこれを手にして闘って以降、基本はこの参式斬艦刀を用いた技で戦うことになる。

ネオ・チャクラムシューター(搭載予定だったもの。ゲームは装備できない)
G・インパクトステーク(搭載予定だったもの。ゲームは装備できない)

必殺技

斬艦刀・電光石火
剣先に刀身の形状を固定する為のエネルギーを集中させ、衝撃波として放つ。

斬艦刀・大車輪
ククリ刀型にした斬艦刀をブーメランのように投げつける。
無駄に熱すぎる「大! 車! りぃぃぃぃん!」は必聴。

斬艦刀・雷光斬り
斬艦刀を両刃の大剣に変形させて敵に接近し、一瞬の間に十字に切りつける。

斬艦刀・牙壊(第2次OGから)
ブースターを全開にして相手に突進し、すれ違いざまに袈裟斬りにする。斬艦刀を使う技としては珍しく攻撃時に刀身を変形させない。コンボ攻撃が可能。オリジナルの示現流にもっとも近い技。

斬艦刀・雲燿の太刀
斬艦刀を大上段に構え最大出力で急上昇し、落下の速度を加えて一気に振り下ろして相手を一刀両断する大技。ダイゼンガー単体で繰り出すものとして最大の必殺技。
なお“雲耀”とはのことであり、剣術において研ぎ澄まされた最速の一閃を指す言葉である。

竜巻斬艦刀・逸騎刀閃
アウセンザイターとの合体攻撃。OGシリーズでは単に「竜巻斬艦刀」と表記されるが、台詞ではゼンガーが『斬艦刀・逸騎刀閃』と言っている。
作品によって演出が多少異なるが、概ねプフェールト・モードに変形したアウセンザイターの背中にダイゼンガーが騎乗し、加速をつけ斬艦刀で一撃。その後斬艦刀を回転させて竜巻を発生させ、敵を上空へ打ち上げながら切り刻む。第二次OGではその後更に地上から飛び上がり、空中の敵を追撃の斬艦刀で一閃する。

スパロボ本編では

αシリーズ
第2次αで初登場。大破したグルンガスト参式に代わり急遽起動したが、
当初は武装が未完成の状態であったため、まともな戦闘が出来ず、危機に陥る。
しかしレーツェルの機転により投げ込まれた参式の斬艦刀を装備し、戦闘を行った。
武装の修理の提案もあったが、ゼンガーは断り(ただし、その断り方が「いらん!」の一言である。この発言があんまりだったのか、後述のOGシリーズでの登場では「内蔵火器の修理に時間がかかる」という設定になり、すぐにダイゼンガーを戦線に投入するためにやんわりと断っている)、それ以降は斬艦刀を装備して運用された。
第3次αでは全員のシナリオに登場。新たに竜巻斬艦刀が武装に追加された。

OGシリーズ
OG2から登場。第30話「武神装攻ダイゼンガー」(OGsでは第37話)が初登場となる。
第2次α同様、敵の攻撃で大破したグルンガスト参式の代わりに急遽機動した。
しかしOSの調整(完成にはゼンガー本人が立ち会う必要があり、それまでは別のOSを使用していた)
の関係で内蔵武装が使用できず、危機に陥るが、その場にいたスレードゲルミルから参式の斬艦刀を投げ渡され、それで戦うことになる。
そのタイミングでOSも書き換わり、火器管制システム以外は問題なく動かせるようになる。
内蔵装備の修復には1ヶ月以上かかるため、武装の修理は行われず、以降も斬艦刀のみで戦闘に参加した。

なお、このステージタイトル「武神装攻ダイゼンガー」は、タイトル表示に専用の字体が使われている。
OGsに至ってはアニメーションが挿入され、ゼンガーの声でタイトルコールが入る。タイトルロゴと話数も表示され、もはやアニメのタイトルである。
もちろんOGs通してタイトル表示にアニメーションが使われるのはここだけである。
OG外伝では内蔵装備が修復され、ようやく武装として使用できるようになった。
機体換装することで斬艦刀装備と選ぶことができる。
また、アニメでは斬艦刀で敵の大群を纏めて叩き切る大技を見せたが、
ゲームでは再現されていない。再現されたら間違いなくMAPWか。

第2次OGでは斬艦刀・電光石火がなくなってしまったが、変わりに「斬艦刀・牙壊」が追加された。
更に特定の条件を満たすと隠し武装としてダイナミック・ナックルとゼネラル・ブラスターが追加される。特にゼネラル・ブラスターはダイゼンガー唯一のALL属性武器なので非常に強力。

関連タグ

グルンガスト参式 アウセンザイター 雷鳳 大雷鳳

バトルフィーバーロボ…鎧武者をモチーフにした巨大ロボ繋がり。こちらも日本刀で必殺技を使う。

関連記事

親記事

ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン だいなみっくぜねらるがーでぃあん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイゼンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237040

コメント