ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「そして今、空に飛び出せバトルフィーバー!ぼくらの夢の大ロボット!」

データ

全高:58m
重量:3000t※
飛行速度:マッハ10
出力:500万hp/t
テーマソング:「バトルフィーバー大出撃」(youtubeへリンク。)

※資料によっては「30000t」と表記されている場合もある。

概要

バトルフィーバー隊の指揮官・倉間鉄山将軍の下に建造されたISO合金の装甲を持つ巨大ロボット。

巨大な鉄武者
バトルフィーバーロボ


上半身は日本の鎧武者、下半身は西洋の鎧騎士をモチーフとし、赤と黒をベースに黄色をアクセントとしたカラーリングが施された重厚な意匠が特徴。
海底基地ビッグベイザーから戦艦バトルシャークによって輸送される。

21世紀に入ってからの戦隊ロボとは違い、フィーバーアックスを投げつけて相手に刺す、チェーンクラッシャーにアタックランサーを繋いで振り回した勢いで突き刺す、ケーンノッカーで一度ならず何度も殴って容赦なく叩きのめす等、殺意をむき出しにして敵を殺しにいっていた感がある。

変形もしなければ合体もしないというシンプルな戦隊ロボであるが、これは当時はまだスーパー戦隊シリーズに巨大ロボットの変形や合体といった、現在でいうところのスーパーロボット的な概念や様式が持ち込まれていなかったためであり(巨大空母との連携を重視した結果ともいえるが)、この事から後の歴代戦隊ロボを見渡した中でも孤高の存在感を維持し続けている。
操縦席にはバトルフィーバーの五人分の席が当然ながら装備されているが、操縦自体は最低一人いれば可能で、必殺技も操縦者一人が居れば放てる。あるエピソードでエゴス怪人と悪魔ロボットが同時に出現した時、バトルジャパンが一人で操縦しつつ、他メンバーたちが怪人と戦う、という運用をしていた(フィーバー隊の必殺技ペンタフォースも、ジャパンがスティックを操縦席から放つ事で行った)。

東映版スパイダーマンレオパルドンの成功を受けて登場したバトルフィーバーロボだが、超合金などの玩具が商業的成功を収めたことが以降のスーパー戦隊シリーズでも様々な巨大ロボが登場するきっかけの1つとなった。

後継作の巨大ロボは、年を追う毎に変形・合体・パワーアップなどの新要素が追加されながら、各番組における関連玩具の商品展開上の中核として、放映後30年を超えた現在でも重要な役割を果たしている。

武装

バトルフィーバーロボは、歴代戦隊ロボの中でも豊富な武装を取り揃えており、必要に応じてバトルシャークから射出される。
銃砲類に該当する飛び道具は持っていないが、これは接近戦用に特化した仕様であるためといわれている。
※なお、過去に発売された超合金では、腹部に収納された操縦席をミサイルのように発射可能だったり(バトルシャークに乗せる事も可能)、パッケージで描かれているように脚部にカノン砲が内蔵されている。また、劇中未使用の頭部のクロスターンも、実際に発射できる(超合金魂では、これらはオミット)。

  • ソードフィーバー

バトルフィーバーロボ


脚のホルスターに収められた起爆装置付きのクナイ型ダガー。

  • 電光剣

BFろぼ
【特撮ワンドロ 848】バトルフィーバーロボ


鞘付きの巨大な太刀拵えの日本刀。刀身には「電光剣」と銘が刻まれており、柄にはバトルフィーバー隊のメンバーを表す「ACFKJ」と刻まれている。

  • フィーバーアックス
巨大な斧。初期には投げて使うことが多かった。
  • スティックアタッカー
槍。柄の端には防御に使うトゲ付きの円環がある。アタックランサーより柄が短めで、刃部分が長め。そのため、長柄の剣、あるいは短槍に近い。
取り回しが良かったのか、必殺武器以外では最も使用された。
※ちなみに、過去に発売された玩具には付属していなかった。超合金魂には付属。
  • チェーンクラッシャー
両手首に固定武装として内蔵されているISO合金製の鎖。先端にアタッチメントがある。
普通に叩き付けたり薙ぎ払ったり、振り回してけん制に用いるほか、これを利用して敵を束縛することもあった。
  • アタックランサー

極東の武人ここにあり


三又の槍。厚さ12mの鉄板を貫く威力がある。
チェーンクラッシャーと繋ぎ、豪快に振り回したことがある。

  • バトルシールド
バトルフィーバー隊のロゴと赤い円が書かれたISO合金製の長方形型の盾。
2万8千度の耐熱性能を誇る。
シールドバッシュにも用いられた。
  • ケーンノッカー
錫杖。劇中では対ドラキュラロボ戦のみに使用され、容赦なく叩きのめしていた。
設定では錫杖先端の輪の部分は、刃物になっている。
  • 名称不明の日本刀
電光剣とは別の巨大な日本刀。電光剣のプロトタイプともいわれる。最初期に敵ロボットとの白兵戦で使用されていた。
  • ナックルパンチャー
巨大メリケンサック。劇中未使用。
  • クロスターン
頭部の角をブーメランのように飛ばす。劇中未使用。

漫画家・長谷川裕一は著書『すごい科学で守ります!』において、「今まで地球に攻めてきたことの無い巨悪に対し、ミサイル爆弾で強引にぶっ倒すと周囲にも甚大な被害が出るため格闘戦で叩き潰せるように人間型兵器を作った」という仮説に基づき、「どんな武器をエゴスが用意しても立ち回れるよう、人間が使う近接兵器をサイズ相応に巨大化させて何個も持たせた」のではないかと推測している。なお、長谷川はこの際「この手法は某機動戦士に相通ずる。ある意味リアルロボットである」と冗談めかして触れている。

必殺技

クロスフィーバー

バトルフィーバーロボ


初期の必殺技。ソードフィーバー2本を交差させエネルギーを注入、敵に投げつける。

電光剣唐竹割り

バトルフィーバーロボ
そして今 そして今 空に飛び出せ バトルフィーバー


第15話から登場した、電光剣を用いた必殺技。円月を描くような所作(この際に大気中の電気を刀身に集め発熱させる)を行った後、上段から敵を豪快に一刀両断する。
大半の悪魔ロボットを倒してきたが、唯一ヘッダーロボには通じなかった。
40年後、人間大でこの技を使った戦隊メンバーが登場した。
実は倉間鉄山将軍も、生身でこの剣技を使う事が出来、エゴス四面怪人を倒したり、ヘッダーと一騎打ちして勝利したりしている。マリアに伝授してバッティングに応用した事も。

バトルフィーバーパワー
第51話でヘッダーロボを倒した必殺技。
倉間鉄山将軍の遠隔操作で発動し、ロボの全エネルギーを電光剣に集中させ、すれ違い様に敵を斬り裂く。

電光剣ロケッター
最終話(第52話)でサタンエゴスを倒した必殺技。
電光剣にエネルギーを集中し敵に目掛けて投げ、柄部分のロケット噴射の加速度によって敵の身体を貫き、破壊する。ただしそれを使うと電光剣を失うことになるため、最後の切り札として温存していた。

関連タグ

バトルフィーバーJ 戦隊ロボ
バトルシャーク …本機の輸送用メカ。前述した『すごい科学』では某機動戦士の支援機との類似性について語られていた。なお、玩具的には「戦艦のバトルシャークがメインで、バトルフィーバーロボはその付属アイテム」と考えられていた。

歴代1号ロボ
バトルフィーバーロボダイデンジン

ダイゼンガー…鎧武者をモチーフにした巨大ロボ繋がり。こちらはバトルフィーバーロボと比べると鎧武者の要素が濃いデザイン。

無敵将軍旋風神シンケンオーシュリケンジン…鎧武者モチーフの1号ロボ繋がり。また、バトルフィーバーJ以外は、和風戦隊忍者スーパー戦隊でも、和風とロボの要素を強調されるため、よくモデルにされる傾向がある。
埴輪武者モガリバトルシーザーロボ…2体ともバトルフィーバーロボをモチーフとされた事実上悪の後輩たる存在。

関連記事

親記事

バトルフィーバーJ ばとるふぃーばーじぇい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バトルフィーバーロボ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バトルフィーバーロボ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55231

コメント