ピクシブ百科事典

目次[非表示]

遠い星からやって来た、僕らを助けにやって来た、凄い無敵の超兵器!

データ

全長50m(戦闘機時)
全高65m(ロボ時)
重量50000t(※後述)
装甲材質デンジα鋼
最高速度マッハ15(戦闘機時),マッハ10(ロボ時)
最大出力500万hp/t
スーツアクター日下秀昭


概要

ダイデンジン
エコなロボット


電子戦隊が誇る切り札。母艦デンジタイガーから発進する戦闘機デンジファイターが変形して誕生する巨大ロボで、戦隊シリーズ初の変形ロボである。また、スーツアクター日下秀昭(当時23歳)が初めて演じた戦隊ロボでもあった。
ベーダー一族の侵略を察知したデンジ星人が、総力を挙げてデンジ星で建造したが間に合わず、地球で初陣を飾った。動力源はデンジスーツにも用いられているデンジストーン。搭乗ハッチは足下にあり、そこからエレベーターでコクピットへ上がる構造になっている。…その間棒立ちになっているであろうことに、ツッコんではいけない。
デンジレッドの「アクション!」の掛け声とスイッチを押すことで起動し、ベーダー怪物と死闘を繰り広げる。
デンジ星の科学の粋を集めて作られただけありスペック的にもかなり高く、特に防御は「デンジ〇〇返し」の呼称でどんな攻撃でも無効化できる能力を持つほどである。
それに加え装甲も厚く、劇中での巨大化したベーダー怪物との戦いでは、ほとんどダメージを受けている様子は見られなかった。

バンリキモンスと戦った最終話では、モンスの超能力によって制御コンピュータを破壊され、スペアそのものが無いことで窮地に追い込まれる。
しかし、デンジ犬アイシーがその身をダイデンジンのコンピュータと化す事で復活し、モンスの弱点を突いて見事倒すことに成功した。

武器

武装が豊富だったバトルフィーバーロボに比べ、ダイデンジンの武装は以下の三種類(デンジボール、ダイデンジンブーメラン、デンジ剣)のみである。

  • デンジボール

ダイデンジン


トゲのついた鎖鉄球。力任せに投げ、ベーダー怪物にぶつける。

  • ダイデンジンブーメラン

6弾/ダイデンジン


全長25m・重量10tの巨大ブーメラン。投げるだけでなく、刃を持って刀のように斬り付けることもある。

  • ダイデンジンパンチ
格闘時に使用する。拳を発射することも可能。

  • デンジ剣

【特撮ワンドロ 145】ダイデンジン
正義の凱旋


ダイデンジン最強の武器。大気中のエネルギーを刀身にこめて、円を描いた後に豪快に敵を切り裂く電子満月斬りが必殺技。前述したデンジ〇〇返しを使用する際にはデンジ剣からエネルギーを放出して相手の攻撃をはじき返す。

その後の登場

2001年の『百獣戦隊ガオレンジャー』のVシネマ『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』では、全レッドの操縦するメカが勢揃いする場面でデンジファイターが登場。
ダイデンジンには変形する事はなかったが、1カットながら本編では描かれなかったデンジファイターでの戦闘シーンが初めて描写されている。

2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』と『天装戦隊ゴセイジャー』の映画『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』では、デンジブルー/青梅大五郎が登場。
青梅は幼稚園で園児が父からもらったダイデンジンの超合金を持って遊んでいることを知り、「大切にしていれば、きっといいことがあるよ。」と説いた。
その後、黒十字王が変貌した黒十字城が地球を脅かそうとしたとき、人々の願いに呼応してフィギュアが実体化

199ヒーロー大決戦


戦闘シーンでは、戦闘機形態に変形できるイカロスハーケン(ジェットイカロス)・タイムジェットγ(タイムロボα)と共に黒十字城に突撃し、ダメージを与えた。
※ちなみにジェットイカロスは1号ロボで最軽量の94tであり、ダイデンジンとは約500倍もの差がある。
ダイデンジン・デンジファイター共に造形物が現存していなかった為、ダイデンジンは放送当時のスチール写真や映像を合成、デンジファイターはCGで表現されている。

2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』の第29話では、ワイルドトウサイキングがゲスト出演したゴーカイジャーからデンジマンの大いなる力を借りて、ダイデンジンの必殺技である電子満月斬りを繰り出した。

2021年の『機界戦隊ゼンカイジャー』では、第7カイ!と第8カイ!にステイシーザーが召喚した偽物が登場。
これまでの客演は(主にスーツの都合で)デンジファイター形態で活躍する事が多かった為、偽物とは言えダイデンジンの形態で本格的に客演を果たしたのはこれが初である。
バイオロボと共にジュラン達に襲いかかり、電子満月斬りとバイオ粒子斬りの合わせ技を放って追い詰めるが、ギアトジンガーのエネルギーが切れてしまった事で消滅した。
スーツはバイオロボ共々2019年のパチンコ『フィーバースーパー戦隊』の演出用に新造されたものを流用している。
また、後にダイデンジンをモチーフしたデザインを持つSDワルドが登場している。

その他

  • 胸のマークは本来は「Denziman」(よく間違えられるが"Denjiman"ではない)の「D」である(ICを変形させたマークとも)が、真ん中が割れているため、エコと読めることをよくネタにされている。このネタ、実は本放送当時から存在する。
出撃ダイデンジン
亜美の趣味


  • 漢字表記は「大電神」



  • 漫画家・長谷川裕一は著書『すごい科学で守ります!』において、「デンジ星人たちは、ベーダー一族との戦いで流浪の民となったため、防御力に特化してロボを開発した」「デンジ〇〇返しという技があるのも防御の一環で、敵の攻撃を無効化するため」と考察していた。

重さについて

重量50000tは、歴代の1号ロボの中で最も重く、以降の作品で見られる合体ロボや、要塞ロボでもダイデンジンの重量を上回ったものはない。

重量比較

下記では主に母艦・要塞ロボや、多重合体ロボ・総重量が10000tを超える巨大ロボを紹介し、ダイデンジンとの重量を比較する。
ダイデンジンが如何に重たいかがわかるだろう。

ダイデンジン=ジャガーバルカン(太陽戦隊サンバルカン)
50000t=50000t
ダイデンジン>グレートタイタン(超新星フラッシュマン)
50000t>1133t
ダイデンジン>ターボビルダー(高速戦隊ターボレンジャー)
50000t>3468t
ダイデンジン>マックスマグマ(地球戦隊ファイブマン)
50000t>2980t
ダイデンジン>重甲気殿(五星戦隊ダイレンジャー)
50000t>1788t(ダイデンジンの大圧殺の方が怖く見える。)
ダイデンジン>バスターオーレンジャーロボ(超力戦隊オーレンジャー)
50000t>14500t
ダイデンジン>?キングピラミッダー(超力戦隊オーレンジャー)
50000t>? ※測定不能
ダイデンジン=ビクトレーラー(激走戦隊カーレンジャー)
50000t=50000t
ダイデンジン>VRVロボ(激走戦隊カーレンジャー)
50000t>11250t
ダイデンジン>ギャラクシーメガ(電磁戦隊メガレンジャー)
50000t>20000t(1号ロボではダイデンジンに次ぐ重さ)
ダイデンジン>スーパーギャラクシーメガ(電磁戦隊メガレンジャー)
50000t>35000t
ダイデンジン>メガボイジャー(電磁戦隊メガレンジャー)
50000t>40000t
ダイデンジン>ウイングメガボイジャー(電磁戦隊メガレンジャー)
50000t>48000t(惜しい!)
ダイデンジン>メガウインガー(電磁戦隊メガレンジャー)
50000t>30000t(電磁戦隊のロボは総じて重たいことがわかる。)
ダイデンジン>ギガバイタス(星獣戦隊ギンガマン)
50000t>15000t
ダイデンジン>グランドライナー(救急戦隊ゴーゴーファイブ)
50000t>14000t
ダイデンジン>デカベースロボ(特捜戦隊デカレンジャー)
50000t>12000t
ダイデンジン>エンジンオーG12(炎神戦隊ゴーオンジャー)
50000t>12000t
ダイデンジン>サムライハオー(侍戦隊シンケンジャー)
50000t>17700t

ちなみに、ダイデンジンより重いものは、母艦デンジタイガーが120000t、『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する大神龍が10倍の500000tである。
なお、バトルフィーバーロボは公称3000tであるが、一部の資料では、30000tと表記される場合がある。

参考記録として挙げると初代ゴジラは20000t、初代ウルトラマンは35000t(いずれもダイデンジンより小さい)となっている。


関連イラスト

電子戦隊デンジマン
ダイデンジン



関連タグ

電子戦隊デンジマン 戦隊ロボ

ターボラガースターファイブジェットガルーダデルタメガメガウインガータイムシャドウ天空神ゴセイアルティメットプテラゴードン/プテライデンオープテラードン/ヨクリュウオーゼンカイマジーヌ/マジンドラゴン:いずれも飛行メカ単独変形の戦隊ロボ

歴代1号ロボ
バトルフィーバーロボダイデンジンサンバルカンロボ

関連記事

親記事

電子戦隊デンジマン でんしせんたいでんじまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイデンジン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダイデンジン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17205

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました