ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バスターオーレンジャーロボ

ばすたーおーれんじゃーろぼ

バスターオーレンジャーロボとは、特撮テレビドラマ『超力戦隊オーレンジャー』に登場する巨大ロボの一つ。
目次 [非表示]

オーレッド「今こそ二つのロボットの力を見せてやるんだ!」


「超砲撃合体!バスターオーレンジャーロボ!!」


強さを重ねて 立ち上がれ みなぎるパワー 打ち放て バスターオーレンジャーロボ!


スペック

全高80m
全幅65.5m
重量14,500t
走力12.3秒/1km
出力7,500万hp/t

概要

オーレンジャーロボレッドパンチャー「超砲撃合体」することで完成する超巨大ロボ。企画時点では「オーレンジャーロボ ジョイントフォーメーション」という仮称が付けられていた。


2大ロボの合体という構想自体は、既にレッドパンチャー建造の時点から念頭にあったようで、実際にそれを見越して合体用パスワードも組み込まれていたのだが、レッドパンチャー完成直後の暴走の際、これを記録していたメモリーチップが欠落しており、これがオーレンジャーロボが戦線復帰した際に合体不能というアクシデントを引き起こすこととなった。

その後、オーレンジャーとバラノイアとの間でこのメモリーチップ(その拾い主であったサトル少年)を巡る攻防戦が展開された末、直々に前線に赴いたバッカスフンドによってメモリーチップは破壊されてしまった・・・かに思われたが、爆発の際に発せられた閃光によって記録されていたプログラムの内容が、その場に居合わせた吾郎の背中に焼き付くという番狂わせが発生。これを超力基地よりモニターしていた三浦参謀長が、改めてレッドパンチャーに合体用パスワードを組み込んだことにより、ようやく合体が可能となった。


合体の際には2体のロボが背中合わせに結合し、レッドパンチャーが伸長して両腕を270度回転、そのまま2門の「パンチャーキャノン」として機能する。

また合体時のヘッドパーツは、レッドパンチャーの頭部がそのまま用いられており、合体前の後頭部が前面を向く格好となっている。作中でこれが装着される際には、ヘッドパーツが回転しながら下がってゆくという、特徴的な演出がなされている。(当時市販されたDX玩具では本体からヘッドパーツを取り外してそのままオーレンジャーロボの頭部に取り付けるギミックに)


バスターオーレンジャーロボ

(※ 合体時のイメージ)


必殺技は、両肩のパンチャーキャノンを伸縮させつつエネルギーを充填、そこからエネルギー弾を交互に連続発射する「ビッグキャノンバースト」。前述した合体方式ゆえか、作中では合体完了から特にアクションらしいアクションをすることなく、即この技でマシン獣を撃破というパターンが通されている。


備考

前三作では中核となるマシンの入れ替えによる新形態や、1号ロボ2号ロボがそれぞれ独立した強化形態を有するといった、戦隊ロボの強化パターンの模索がなされていたこともあり、純粋な1号ロボと2号ロボの合体はグレートイカロス(『鳥人戦隊ジェットマン』)以来4年ぶりとなった。

一方でバスターオーレンジャーロボの初合体から、さほど間を置かずに新ロボ・新武器が相次いで登場したこともあってか、登場回数はVシネマを含めてもわずかに5回、しかもその大半が第2クール終盤に集中する形となっている。


作中に登場した巨大ロボとしては、キングピラミッダー・バトルフォーメーションオーブロッカーに次いで3番目の強さを記録している。もっとも、前者は最強形態とはいえあくまでベースが追加戦士用のロボであること、後者はオーレンジャーロボの上位互換とはいえ他のロボとの「合体による連携」が存在しないこともあり、後発の作品でシリーズ各作品の「最強ロボ」が登場する際には、必然的に「1号ロボの強化合体形態」であるバスターオーレンジャーロボがカウントされることが多い。


関連タグ

超力戦隊オーレンジャー 戦隊ロボ


サムライハオー ハイパーゴセイグレート リュウテイキュウレンオー : いずれもバスターオーレンジャーロボと近似したパターンで合体する超巨大ロボ


中間合体ロボ

獣帝大獣神バスターオーレンジャーロボ轟雷旋風神

関連記事

親記事

オーレンジャーロボ おーれんじゃーろぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 844

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました