ピクシブ百科事典

グレートイカロス

ぐれーといかろす

グレートイカロスは、「鳥人戦隊ジェットマン」の1号ロボ・2号ロボの合体ロボである。
目次[非表示]

概要

全高:77.5m / 重量:199t / 最高飛行速度:マッハ2.5 / 出力:800万hp/t

ジェットイカロスジェットガルーダが「合体グレートスクラム」のコールで合体した超巨大ロボ。
セミマルに対抗する為にジェットマンとディメンシアチームが共同改造を行い、合体可能となった。

武器は基本的に固定装備で、頭部からはグレートビームを、胸両脇の2か所の円形部からはブレードビーム(未使用)を発射する。
胸のエンブレムから発する超高圧光線バードメーザーが必殺技だが、数回ほど効かない事例があり、その際には直撃したメーザーのエンブレムの形が崩れるという形で表現された。(第44話、第48話、最終回)。

別形態として、イカロスハーケンとバードガルーダが「合体ハーケンスクラム」のコールで合体した高速巡行形態ハイパーハーケンがある。
この形態では異空間への突入が可能なほか、ジェットフェニックスの強化版であるハイパーGアタックを放つことができる。

第31話での雷太の台詞によると香と凱がいないため合体できないとされていたが、第27話、第48話ではそれぞれ香、竜を欠いた4人で合体を果たしていることから、グレートスクラムには最低ジェットマン4人の搭乗することが必要だと推定される。
初合体時はガルーダを操縦していたダンは合体完了後、アコに連れられてアコと一緒の操縦席に座っていたが、最終回でガルーダを操縦していた綾が搭乗した際は後部の固定式の座席に座っていた。


余談

いわゆるスーパー合体ロボであるが、従来のように「2号ロボが分離して1号ロボの追加装甲になる」という形式ではなく、ジェットイカロスも分離し、イカロスの頭部と胴体部(ジェットホーク部分)をガルーダの胴体部で包み、そこにイカロスの両手足→ガルーダの両手足の順で合体する。
これにより、これまでのスーパー合体ロボに見られたプロポーションの崩れは大幅に減っている。

玩具では合体を再現する関係上ガルーダの方が、かなり大きくなり、イカロスとの対比が1.5倍となっている(並べるとイカロスの頭がガルーダの胸の下ぐらいの位置にくる)。スーパーミニプラではガルーダの体積が一回り半ほど縮小し、イカロスとの対比を1.2倍ほどに抑えている。

前作スーパー合体ロボ同様に肉弾戦を行うことも多いが、決め技はによる飛び道具にすると、これまでのスーパー合体ロボの集大成とも呼べるかもしれない。


関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 戦隊ロボ

関連記事

親記事

ジェットイカロス じぇっといかろす

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートイカロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5934

コメント