2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オーブロッカー

おーぶろっかー

オーブロッカーとは、特撮テレビドラマ『超力戦隊オーレンジャー』に登場する巨大ロボ。
目次[非表示]

概要

物語後半からの主力機で、5体のブロッカーロボが「超重合体」した巨大ロボ。戦隊ロボ史上初の左右対称に5機合体するロボでもあり、機体を構成する各ユニットが縦に順々に積み重なる合体機構は、分離することで緊急回避手段としても活用できる。
イオンエンジンと超力システムを組み合わせた「メガイオノエンジン」を搭載しており、9000mものジャンプを可能とするなど高い機動力を発揮する。また内蔵されたAIは、パイロットであるオーレンジャーと「一心同体」となる事で、機体の持つ本来のポテンシャルを引き出すことができる。
コックピットは頭部に集合式のものが設けられており、オーレンジャーロボの反省を活かしてか?そのスペースは比較的広めに取られている。

オーレンジャーのエンブレムが鍔に配された一対の長剣「ツインブロッケンソード」が主武装で、そこから繰り出す放電技「ツインブロッケンサンダー」や、額のV字型の前立てから発射するビームにより、遠近双方の敵にも対応することができる。必殺技は二振りの剣を一つに合わせ、長大な光の刃を形成してそのまま敵を真っ二つに両断する「ツインブロッケンクラッシュ」
戦闘能力はオーレンジャーロボを凌ぎ、初陣では巨大化・パワーアップを遂げた皇帝バッカスフンドをも撃破、最終決戦でも三浦参謀長から「オーブロッカーなしでは勝つことはできない」とまで言わしめたほどである。その最終決戦ではキングレンジャーが単独で操縦している。

前作『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した隠大将軍と同様に、戦隊のコンセプトやモチーフがわかりやすい「1号ロボ感溢れるデザイン」をしているが、それもそのはず元々は「オーレンジャーロボ用に考えられていたアイディアの一つを活用したもの」である。

ブロッカーロボ

オーレンジャーの5人それぞれに配備された中型ロボ。各機とも「○○(メンバーの色)ブロッカー」と呼ばれる。合体前後とも、出撃に際してはレッドパンチャーと同様に超力基地より大型砲台によって射出される。

ボディは各メンバーのパーソナルマークを、頭部はヘルメットをそれぞれ模したデザインとなっている他、四肢にもパーソナルマークにちなんだ意匠が配されているのが特徴。
主武装として、キングスマッシャーとレンジャーアイテムの大型版が配備されている。また合体技として、5体が胸から同時にビームを発射するブロッケンファイヤーがある。

作中ではオーブロッカーの登場に先駆け、ブロッカーロボがまず戦闘に投入されており、再生強化された超マシン獣軍団によるバッカスフンドの「最後の作戦」を打ち砕くべく、三浦参謀長の発案によるトロイの木馬作戦」が発動。ブロッカーロボを「人間たちへの神様の贈り物」と称した岩塊に偽装した上でバラノイアの秘密基地へと鹵獲させ、これを内部から破壊せしめた。

関連タグ

超力戦隊オーレンジャー 戦隊ロボ

シンケンオー:オーブロッカーと同様に、変形前の各機体がメンバーのパーソナルマークを模した形態を有する戦隊ロボ。

歴代3号ロボ
ダイムゲンオーブロッカーVRVロボ

関連記事

親記事

UAOH ゆーえーおーえいち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オーブロッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3908

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました