ピクシブ百科事典

ベーダー怪物

べーだーかいぶつ

『電子戦隊デンジマン』に登場する敵怪人の総称。
目次[非表示]

概要

ベーダー一族の怪人の総称。

ヘドラー将軍が新たな作戦毎にを選択し、孵卵器の中で育てられた卵を怪物製造レンジで温める事によって誕生する。

怪物の卵は通常の卵のような形だが、第10話のハンバラーの卵はハンバーガーの形をしている(ハンバラーは極めて原始性が強く、一度油で揚げる事によって孵化しやすくする必要があり、その際に通常の卵の形に変化した)。

怪物製造レンジに入れられずに誕生した場合は人間の姿で孵化するが、成長していく内に怪物としての本性を現し、最終的には怪物となる。

名称は「〇〇ラー」で統一され、ベルトバックル部分に製造番号が刻まれている。

製造番号は「00」からスタートし、「登場話数-1」と設定されているが、37番だけが未登場に終わっている(劇場版のアンゴラーは製造番号ではなく、ベーダー一族の紋章が刻み込まれている)。

自身の細胞を組み替える事で巨大化できるが、「巨大化後にダイデンジンと戦い、等身大に戻る」といった攪乱戦も行う。

いずれの怪物もヘドリアン女王からの寵愛を受け、ベーダー城内での扱いも恵まれているが、サッカラーはバンリキ魔王の口車に乗って裏切り、ケンダマラーに処刑されてしまった。

一覧

名前モチーフ製造番号登場話CV/人間態
ムササビラーカッター00第1話飯塚昭三
シャボンラー不明01第2話
チカゲリラー不明02第3話
ルパンカメラー不明03第4話依田英助/時本武
ツタカズラー不明04第5話飯塚昭三
ヒゲキタコラー不明05第6話
ウミツラー海洋生物釣具06第7話飯塚昭三
フィルムラー映写機07第8話飯塚昭三/安藤三男
デンワラー電話タバコ08第9話飯塚昭三
ハンバラーハンバーガー09第10話
タイヤジコラータイヤ10第11話
バーラー薔薇11第12話
アドバルラーアドバルーン12第13話飯塚昭三/三谷昇
ジュクラー鉛筆13第14話大宮悌二
パンチローラーローラースケート14第15話
サメラーサメ鯉のぼり15第16話飯塚昭三
デッドボーラー野球ボールグローブ16第17話
カイガラー貝殻19第18話
ガマラー17第19話
ハチドクラー蜂の巣蜂蜜18第20話
ローソクラー蝋燭20第21話大宮悌二
タイムラー時計21第22話飯塚昭三
コケラー22第23話
ハミガキラー虫歯歯磨き粉23第24話
メダマラー眼球24第25話
レコーラー蓄音機25第26話
キーラー切り株26第27話
ナゾラー知恵の輪27第28話
サビムシラー芋虫28第29話
チョウチンラー提灯29第30話
ミミラー30第31話大宮悌二
ダートラーダーツ31第32話依田英助
サキソホンラーサックス32第33話
ビーダマラービー玉ヨーヨー33第34話大宮悌二/大栗正史
ドクガラー34第35話坂井すみ江/青木純
ノラネコラー野良猫35第36話飯塚昭三
カマキラー蟷螂36第38話
アクマラー悪魔38第39話
ピカリラーライト39第40話飯塚昭三/ウイリー・ドーシー
ジシンラー断層化石40第41話飯塚昭三
ニンポーラー始祖鳥41第42話
デスマスクラー洋装42第43話坂井すみ江/彩瀬晶子
アラジンラーランプの魔人43第44話坂井すみ江/武田美智子
オニラー44第45話飯塚昭三
トリカゴラー鳥籠45第46話飯塚昭三(人間態も担当)
ボートラーボート46第47話
サッカラーサッカーボール47第48話
ケンダマラーけん玉49第48話大宮悌二
カラクリラーからくり人形48第48・49話飯塚昭三
アンゴラーチョウチンアンコウなし劇場版


※第1話~第6話までの個体には明確なモチーフは存在せず、野口竜氏のデザイン画を参考に名前を付けられた。第7話以降は視聴者へのわかりやすさからモチーフが設定された(ムササビラーのモチーフについては持っている武器と皮膜の筋より)。

備考

  • デザイナー・野口竜氏によれば、「不安な存在である事を表現する為に左右非対称のデザインとし、『片側が、反対側が』をイメージしている」らしい。
  • 野口竜氏のコンセプトを元に企画者104所属の久保宗雄氏、増尾隆之氏、渡部昌彦氏も上記のルールを理解した上で個性的なベーダー怪物をデザインしている。


関連タグ

電子戦隊デンジマン ベーダー一族 野口竜

巨大化獣ゴルリン トリノイド ギガノイド:同じくナンバリングが成されている戦隊怪人
グロンギ ロイミュードライダー怪人だがこちらも番号つながり。

エゴス怪人ベーダー怪物機械生命体

関連記事

親記事

ベーダー一族 べーだーいちぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベーダー怪物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7113

コメント