ピクシブ百科事典

ヘドリアン女王

へどりあんじょおう

ヘドリアン女王とは、『電子戦隊デンジマン』及び『太陽戦隊サンバルカン』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

スーパー戦隊シリーズTVシリーズで唯一2作品に跨って登場する敵キャラクターである。
また、シリーズで数少ない女ボスでもある(他には、同じく曽我が演じる『ジュウレンジャー』の魔女バンドーラと、『ゴーゴーファイブ』の大魔女グランディーヌがいる)。
デンジマン』・『サンバルカン』共にヒーローの手で倒されることなく最期を迎えたのは、ひとえに曽我町子女史の魅力にあるといえよう。
後に演じた魔女バンドーラでもヒーローの手で倒されなかった。
ちなみにスリーサイズはB98:W98:H98である。

頭にツノが生えた独特の衣装デザインはMARVEL作品『マイティソー』のヴィランである死を司る女神ヘラのものを流用している。これはパクリやオマージュとかではなく、東映特撮版のスパイダーマンの制作時に結ばれた「東映はMARVELのキャラクターを3年間使っていい」という権利の元に行われたMARVEL公認のもの。
『サンバルカン』で衣装デザインがまるっきり変わったのは、その契約期間が終わっていたからというのもあるが、頭部の角がセットに引っかかることが多く、曽我本人から苦情が出ていたためだったのが大きい。

『電子戦隊デンジマン』での来歴

ベーダー一族の指導者。絶望悲しみといった負の感情を好み、地球に絶望感を与えようとする。
ベーダー怪物を我が子のように接し、デンジマンに倒された時には慈しんだり労わったりするなど、幹部たちからは非常に慕われる一方、戦闘員ダストラーには雑然と扱う。そのためか、バンリキ魔王が反乱を起こした際には、ダストラーたちに反逆されてしまった。

最終回ですべての同胞を失い、孤独になった女王は、ベーダー魔城に乗り込んだデンジマンに「勝ったと思うなよ」と言い残し、いずことなく姿を消した。そこには女王の姿はなく、ホログラフィーであった。
だが、北極にて彼女を目覚めさせようとする者がいた…

『太陽戦隊サンバルカン』での来歴

ヘドリアン女王


第4話の最後でメカ心臓を埋め込まれてよみがえった。ミラーボールのような頭と活動的な服装になっている。
「ダイヤを独り占めしたい」(12話)、「おしゃれをしたい」(33話)、「雷様に扮する」(31話)など、前作に比べてはっちゃけた面が目立つが、妖術の腕は衰えておらず、幾度となくサンバルカンを苦しめた。

終盤ではアマゾンキラーと共に機械帝国の乗っ取りを画策するが、ヘルサターン総統亡霊に魘され、腹心のアマゾンキラーさえも信じられなくなり、嵐山長官のである美佐を生贄にして延命を謀るが、弱りきったメカ心臓が妖術に耐え切れず、サンバルカンと戦うことなく死亡した。

関連イラスト

ヘドリアン女王



関連タグ

電子戦隊デンジマン 太陽戦隊サンバルカン 曽我町子
ベーダー一族 機械帝国ブラックマグマ
バンドーラ 天空大聖者マジエル

ヘラ(MARVEL)…『デンジマン』におけるヘドリアン女王の元ネタ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘドリアン女王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5676

コメント