ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

演:賀川雪絵(現・賀川ゆき絵)


概要

第23話より登場するベーダー一族行動隊長前作では女王達と別行動をしていたために未登場だったが、復活を果たしたヘドリアン女王に招かれ機械帝国ブラックマグマへと参加。第22話で戦死したゼロワンに変わってゼロガールズ達の指揮を執る。


ヘドリアン女王にのみに絶対の服従を貫いており、そのため、女王から全幅の信頼を寄せられている。


“銀河無宿”を名乗っており、前作のデンジマンに登場したヘドラー将軍とも互角以上に渡り合えたであろうほどの実力を持つ。

イナズマギンガーと手を組んで宇宙海賊として宇宙の各地を荒らし回っていた過去を持つ。


短剣を拳に突き立てるポーズを取って放たれる怪光線を得意技としており、目から放つ熱線や兜の角から電撃を放つ能力を持つ。

また、その鋭い眼光は豹の父親から“「蛇の目」”と形容されており、常に丁寧な言葉使いで話す癖を持つ。


変装が得意で、諜報活動は彼女の十八番ともいえる行為であり、太陽戦隊基地やロケット発射基地の破壊工作を成功させた実力を持つ。

また、偽名として浅川霧子、マダム・キーラーと名乗ったこともある。


女王の「彼女さえいればバンリキ魔王に邪魔されることはなかった」との発言からも分かるように、へドラー将軍とも互角以上の実力を持つといわれているだけあり、ゼロガールズ達や多数の戦闘員相手に素手で圧倒したばかりではなく、サンバルカンをまとめて相手にできる程の非常に高い戦闘力を持っている。


終盤において女王と共にブラックマグマの乗っ取りを企てるが、帝国の真の支配者である全能の神の策謀で女王から野心を疑われた挙句、その事が原因でサンバルカンとの最終決戦では孤立無援の戦いを強いられる破目となる。


最後は1人の戦士としてサンバルカンを相手に単独で堂々と戦うが、3人のコンビネーションとニューバルカンボールの威力を前に力及ばず敗北し、バルイーグルに全能の神の居場所を告げると、自分の短剣に自ら刺し貫き、自害するという最期を迎えた。


なお、敵とは言えその勇猛果敢な戦いぶりに対し、サンバルカンたちは敬礼して最高の敬意を示していた。


余談

デザインは久保宗雄が担当。

SF・ファンタジー分野のイラストレーターフランク・フラゼッタによる古代の女戦士がイメージされている。

デザイン段階で配役が賀川雪絵に決定していたため、賀川が過去に演じた東映版『スパイダーマン』のアマゾネスでの改善点が意識されている。


※百化繚乱 上之巻(2011年)p. 53より


関連タグ

ヘドリアン女王 イナズマギンガー ベーダー一族 機械帝国ブラックマグマ 太陽戦隊サンバルカン ゼロガールズ

関連記事

親記事

機械帝国ブラックマグマ きかいていこくぶらっくまぐま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8621

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました