ピクシブ百科事典

始祖鳥

しそちょう

古代の鳥もしくは肉食又は雑食恐竜の一種。鳥類と恐竜の中間的な姿と形容できる。おそらく最も有名な羽毛恐竜の一つ。
目次[非表示]

概要

学名はArchaeopteryxアーケオプテリクス、ギリシア語で「太古の翼」の意)。

現在のでは消失してしまった歯・前肢の指骨・尾骨を持ち、胸骨などは未発達だった。反面脚は(ダチョウなどを除く)現生鳥類より発達しており、陸上をかなりの速さで走ることができたようである。

に関しては、三本の指があるものの、羽毛の付き方などが現生鳥類のものほぼ同じだった。
しかし現生鳥類では翼を動かすための大胸筋とそれを支えるための竜骨突起が発達しているが、始祖鳥には竜骨突起がないほか、肩関節の可動域が狭かったことが肩周辺の骨の付き方からわかっている。
したがって、自らの力で羽撃いて飛翔するのは難しく、非常に高度な滑空飛行をしていたと考えられている。
長い尻尾にも幅広の羽根がついており、これも飛行能力を高めていたようだ。

化石は奇しくもチャールズ・ダーウィンが『種の起源』を発刊して2年後の1861年に発見され、ダーウィンの信奉者トマス・ヘンリ・ハクスリーはこの動物を爬虫類から鳥類への進化の証拠とした。ダーウィン自身は増刷で「奇妙な鳥」と記述している。

かつて、始祖鳥は全ての類の始祖と考えられていた。しかしその後、より古い時代の地層から現生鳥類に近い動物の化石が見つかっており、始祖鳥は現生鳥類の直接の祖先ではなく、遠い親戚であると見られる。

日本では始祖鳥というあまりにもわかりやすい名前な為か、(鳥類の祖先と見なされていた時期の)理科(生物)のテストでは出題される事が多かった。
これを読んでいる人の中にはテストで正式名称である「アーケオプテリクス」を書いて×になった事に納得が行かなかったという人も多いのではないのだろうか?(尤も、喩え話をすると世界史のテストでアレクサンダー大王を「イスカンダル」というマニアや海外の人以外には通りの悪い表記を書くようなものなので×を食らっても仕方ない…のかもしれない。)


始祖鳥をモデルにしたキャラクター

古い想像図では爪があるカラフルな翼(黄緑青)を持った歯がある鳥として描かれており、それをモチーフにしたキャラクターが多い。
近年では羽毛恐竜寄りに想像図が描かれるようになり、羽色も色素の痕跡から褐色や黒色であったのではないかといわれているがまだまだ一般化していない。

特撮

ゲーム

その他


関連イラスト

ニコ百お絵カキコ・始祖鳥
Archaeopteryx



関連タグ

生物 動物 恐竜 羽毛恐竜  古生物 化石 大昔の動物
アーケオプテリクス
ミクロラプトル コンフキウソルニス孔子鳥
 
アーケオプテリス→一字違いの古代の植物

関連記事

親記事

古鳥類 こちょうるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「始祖鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118847

コメント