ピクシブ百科事典

シュトルヒ(ゾイド)

しゅとるひ

シュトルヒとは、『ゾイド』シリーズに登場する架空の兵器であり、金属生命体の名称である。
目次[非表示]

スペック

機体名シュトルヒ
番号EMZ-29(旧)EZ-068(新)
所属ゼネバス帝国(旧)ネオゼネバス帝国(新)
分類アーケオプテリクス
全長 13.2m
全高 6.1m
全幅 12.8m
重量 19.2t
最高速度 M2.1
乗員人数1名
武装
  • (旧)
  • ビーム砲×2
  • SAMバードミサイル
  • センサー
  • (新)
  • AZ88mmビーム砲×2
  • SAMバードミサイル
  • 3Dセンサー
  • エアブレーキ
  • マグネッサーウイング×2
  • マグネッサーテイルスタビライザー


概要

ヘリック共和国戦闘攻撃機ゾイドプテラスに対抗すべく、中央大陸戦争期にゼネバス帝国が開発したゾイドで、『ゾイドバトルストーリー』第2巻では、終盤でデスザウラーのパイロットを務める事になるトビー・ダンカン少尉がゼネバス皇帝をシュトルヒに乗せ、共和国軍の進攻によって陥落寸前に陥った帝国首都から脱出するという大役を任されている。

ゼネバス帝国滅亡後の惑星Ziを襲ったグランドカタストロフによる絶滅はかろうじて免れており、ネオゼネバス帝国でも引き続き同軍の主力戦闘機として運用されている。
近代化改修により性能も大幅に引き上げられており、ライバルであったプテラスだけでなく、上位機種のレイノスとの空中戦ですら問題としないとされている。
更にBLOXゾイドディアントラーの一部のパーツを装着する事でシュトルヒアントラーとなり、フライシザース等の無人タイプの飛行型ブロックスの管制機として機能する。
背部に搭載されたSAMバードミサイルはそれ自体が炸薬を積んだ小型のゾイドであり、所謂特攻兵器の一種でもある。

関連タグ

ゾイド ゼネバス帝国 ネオゼネバス帝国
アーケオプテリクス

コメント