2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

イグアン

いぐあん

イグアンとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称である。
目次[非表示]

概要

ゼネバス帝国軍が開発したイグアノドン型汎用歩兵ゾイド
サイズは小型クラス。

ヘリック共和国軍の主力小型ゾイドのゴドスに対抗する目的で開発された機体で、捕獲したゴドスを研究して作られたため、姿・汎用性・量産性はゴドスと瓜二つだが、後発機である為、能力はゴドスを上回り、また湿地帯出身でもあった為、湿地帯での戦闘でも上回っていた。

左手に4連装インパクトガン、背部にマグネッサーシステムを利用したフレキシブルスラスターバインダーなどを装備している。
この機体の完成により帝国軍はゴドスに対抗出来るようになったが、同時にゴドスに対抗できるのはゴドスだけ、という事実を自ら証明するという皮肉な結果となった。

ゼネバス滅亡後もガイロス帝国で使用された。

後の時代でゴドスは老朽化が目立つようになり、それとともに瓜二つの姉妹機たる本機も力不足感が否めなくなっていった。
ゴドスへの対抗手段はいくらでもあり、共和国軍もゴドスの後継機を投入していったためお役御免となっていき、新型機に役割を譲っていった。

アニメ『ゾイド』だとゴドスは登場しているのだが、残念ながらライバルのはずのイグアンは登場していないどころか、帝国でもゴドスを使っている始末である(辺境の村の自警用と、シンカーレース時のピットメカ(和平後に開催されたレース)として登場)。
ゴドスとの戦闘はモルガヘルキャットが担っていたが、レブラプター(帝国)とガンスナイパー(共和国)の登場で旧式陸戦ゾイドは全て退役している。

HMMでの設定

捕獲したゴドスと奪取したプテラスの基本データを分析しつつ、ゼネバス帝国の領土である大陸西部に数多く生息するイグアノドン型野生体を基に自国流のモデファイを施した再設計を行った。また占拠したゴドスの工場でも増産出来たと言う。ただし前線近くにある生産工場が共和国に奪われると増産できないと言う問題もあり、この機体は帝国軍が優勢な時にしか増産できない機体となってしまった。

バリエーション

イグアン空挺部隊仕様

『こちらカージナル…』


旧ゾイドシリーズの『ゾイドバトルストーリー』2巻に登場するゼネバス帝国空挺部隊「カージナル」に所属する特殊仕様のイグアン。通称「フロストイグアン」。
上空からの降下兼カモフラージュの為に共和国軍のプテラスの翼を装備している。飛行可能だが急造機でありイグアンのゾイドコアでは十分な出力が得る事が出来ず、飛翔は1度だけである。

共和国軍領のアルメーヘン橋を空から奇襲、共和国部隊と壮絶な戦いを繰り広げたが、猛攻の前にフロスト中佐を始めとしたカージナル部隊は全員戦死と言う壮絶な最期を遂げた。
しかし、主力であるアイアンコングMk-Ⅱ部隊到着までの時間稼ぎには成功、帝国は橋の奪取に成功した。

元ネタは映画『遠すぎた橋』で有名なマーケット・ガーデン作戦(ただ、元ネタの方は連合軍が攻め手なうえ失敗に終わっている)。
アルメーヘン橋もマーケットガーデン作戦の舞台となったアルヘムンとナイメーヘンから来ているのだろう。

ヘビーイグアン

機体各所に大型エネルギーパックや火器を搭載した重武装使用。
大型ビーム砲、スモークランチャー、バルカン砲、ミサイルポッドを装備している。
重量の増加・運動性の低下と引き換えに、凄まじい火力を獲得している。

対空仕様

左右の手を対空砲に換装し、首筋にあたる部分に対空レーダーを装備する。
腰部左右のインテークは弾倉に交換されたため、機動力は通常タイプに比べて低下している。

捕獲用イグアン

ゲーム『ZOIDS 帝国VS共和国 メカ生体の遺伝子』『ZOIDS2 ヘリック共和国VSガイロス帝国』に登場。左腕に中型ゾイド捕獲装置を装備している。これ以外の武器は装備していないが、『ヘリック共和国VSガイロス帝国』ではフレキシブルスラスターバインダが装備に追加された。

関連タグ

ゾイド イグアノドン 恐竜 爬虫類 メカ ロボット 兵器
ゴドス

関連記事

親記事

ゼネバス帝国 ぜねばすていこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25660

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました