ピクシブ百科事典

レッドホーン

れっどほーん

レッドホーンとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の兵器であり、金属生命体の名称である。
目次[非表示]

概要

ゼネバス帝国軍が開発した、「動く要塞」の異名を持つスティラコサウルス型の突撃戦用大型ゾイド

改造される以前の野生ゾイド時は大人しい気性だったが、ゾイド星人の改造によって戦わされている。元々は中央大陸戦争開戦時から居たゾイドで、かのガンビーノ氏をはじめとする帝国軍高官の指揮官機として使用されていた。それが飛来した地球人の技術を組み込むことによってパワーアップを受け、現在の色々な武装を備えた重武装ゾイドへと生まれ変わった。

分厚い装甲や充実した火器、突撃能力など帝国軍の大型以上のゾイドらしく比較的万能に戦えるが、一方で同時期に同じく地球人による改造を受けたゴジュラスには恐ろしく分が悪く、3:1の劣勢の中でも帝国の戦線を支えていた。

ちなみにそれから数十年後にガイロス帝国が運用した機体は赤く塗り直したダークホーンで、中身は別物とされる。

ダークホーン

センシティブな作品


ガイロス帝国がゼネバス帝国より接収したレッドホーンを強化した機体。
名前の通り機体色は黒で、暗黒大陸で産出されるディオハリコンという物質を組み込む事によって体内組織が発光しており、その反応によって発生したエネルギーを利用している。
おかげでレッドホーンとは比べものにならないほどの出力を有するようになり、エネルギーを充填して放つハイブリッドバルカンの威力はカノンフォート二体まとめて破壊できるほどのものを発揮する。さらに複数でかかればあのマッドサンダーすら撃破できるポテンシャルを有していた

もっとも後の時代ではコスト高からほとんどの機体は赤く塗り直されてレッドホーンになってしまった他、技術革新により同じ性能の「レッドホーンGC(ガトリングカスタム)」や「レッドホーンBG(ビームガトリング)」が幾つか配備されている。

ダークホーンWB(ダブルバルカン)

アニメ『ゾイド』で度々顔を見せたビームガトリングユニット二門を搭載した機体。ムンベイ友人である資産家のマクマーンが邸宅警備用に用意していたものやレイヴンが奪取して大暴れしたものがある。

ダークホーンHS(ハリースペシャル)

アニメ『ゾイド新世紀/ゼロ』ではチーム・チャンプのリーダー、ハリー・チャンプの機体として登場(名称は『ダークホーン ハリースペシャル』)。
ただでさえ重武装な本機にさらに火器を追加し、その結果の重量増加による機動力低下を補うために両側にスラスターの追加をしている(こうしたカスタマイズの背景にはハリーの実家の潤沢な資金と彼の趣味が反映されており、またストーリーの経緯を見ても複数の同型機を所持していた可能性すら示唆されている)。

クリムゾンホーン

突撃赤いヤツ


大規模磁気嵐下での運用を目的とされ開発された後継機。
キングゴジュラスのオーバーテクノロジーを応用して得られた技術で改造した機体で、リニアキャノン装備型の作業・格闘用のアーム、襟巻きにスピノサパーのオプショナル装備のような偏向式の荷電粒子砲を6門搭載している。
何気に武装による遠近のカバーが成されている万能型だが、大規模磁気嵐が無いと全く動くことが出来ない欠点を抱えており、大規模磁気嵐が去ったとともに歴史から姿を消す。

グリーンホーン

レッドホーンの共和国軍仕様機。
大戦末期で疲弊した両国においては鹵獲したゾイドも戦線に投下することも多かったとされ、本機も大戦中に鹵獲されたレッドホーンを共和国軍仕様で投下した例である。
一部の機体がマッドサンダーの反荷電粒子シールドの実験機となったほか、ゲーム媒体ではブレードライガーのアタックブースターを装備することもある。

サンダーホーン

共和国軍の当時の最強ゾイドだったマッドサンダーのデータを基にしてレッドホーンを改造した、トリケラトプス型ゾイド。外見(特に頭部)もマッドサンダーに似せている。
格闘装備「マグネーザー」のテストを目的に開発された機体でもあり、機体に合わせて小型化したマグネーザーを搭載している。このマグネーザーを運用するために出力の強化が施され、これによって副次的に機動性が向上している。
また本機で得られたデータはバーサークフューラーの武器である「バスタークロー」の開発に活かされることとなる。

関連リンク


関連動画



関連タグ

ゾイド 恐竜 要塞

関連記事

親記事

ゼネバス帝国 ぜねばすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドホーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67488

コメント