ピクシブ百科事典

サイカーチス

さいかーちす

サイカーチスとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。
目次[非表示]

スペック

機体名サイカーチス
番号EMZ-23(旧)EZ-018(新)
所属(旧)ゼネバス帝国(新)ガイロス帝国
分類カブトムシ型
全長 11.9m
全高 3.7m
全幅 11.2m
重量 17.4t
最高速度 390km/h
乗員人数1名
武装
  • (旧)
  • 長射程ビーム砲(二連)×1
  • 小口径加速ビーム砲×2
  • (新)
  • 対ゾイド20mm2連装ビーム砲
  • 小口径荷電粒子ビーム砲×2
  • 複合センサーユニット
  • フレキシブルスラスターバインダー×2


概要

ゼネバス帝国軍が開発したカブトムシ型対地攻撃ゾイドで、サイズは小型ゾイドクラス。名前の由来はカブトムシの別名さいかち虫から。

飛行能力を持っており、地上の敵部隊を一方的に攻撃するのが役割。
攻撃ヘリコプターのように低空から飛来し、的確に狙撃・掃射し目標を破壊する。
この空からの脅威に対してヘリック共和国軍はどのゾイドよりも恐れ、対抗ゾイドとしてクワガタムシ型ゾイド・ダブルソーダを開発した。

サイカーチスは抜群の対地攻撃能力を誇る反面、接近戦が苦手であり、格闘戦も出来る上に本機の完全な上位機種であるダブルソーダに対しては苦戦を強いられてしまう。
ゾイドの世界ではクワガタムシのほうがカブトムシよりも強いようだ。
また、もとが甲虫であるため、空戦能力もそれほど優れている訳でもない。
故に戦闘機型ゾイド相手だと全く抵抗出来ない。

旧ゾイドシリーズ当時に発売されていた『ゾイドバトルストーリー』2巻では「国境の橋争奪戦」において同書籍内の中心人物でもあるトビー・ダンカン少尉が搭乗。
渡河作戦を敢行する共和国軍のバリゲーターの部隊を襲撃し、全滅させた。

その後の戦いでゼネバス帝国は滅亡すると、残された将兵やゾイドはガイロス帝国に接収され、同軍にて運用されるようになり、それから数十年後の世界に勃発した西方大陸戦争でもガイロス帝国の戦力として活躍している。

関連タグ

ゾイド ゼネバス帝国 ガイロス帝国 カブトムシ 
飛行ゾイド サラマンダー プテラス ストームソーダー レイノス ダブルソーダ レドラー ザバット

pixivに投稿された作品 pixivで「サイカーチス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9727

コメント