ピクシブ百科事典

レドラー

れどらー

レドラーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の一種である。
目次[非表示]

概要

ゼネバス帝国軍が開発したドラゴン戦闘機ゾイド。サイズは中型ゾイドクラス。シュトルヒと同様に当時空で猛威を振るっていたヘリック共和国軍の戦闘機ゾイド・プテラスに対抗して作られた。
しっぽに備えられている『可変レーザーブレード』と脚部の『ストライククロー』によって高い格闘能力を有する。
シュトルヒと違って基本装備の状態では射撃武器は無いが、追加でミサイルビーム砲などの火器を装備している機体も多い。基本装備では火力的にはシュトルヒの方が上のようである。純粋な格闘重視の戦闘機の為、パイロットに高い操縦技量を要求する機体でもある。
デビュー戦では多くのプテラスを切り裂き、見事に壊滅させた。だが対抗機種であるレイノスの配備により優位性を失ってしまう。
ガイロス帝国軍に接収された後も同空軍の主力機として使用され続け、グランドカタストロフ後も絶滅せずに生き延びており、第二次大陸間戦争ではガイロス空軍ただ唯一のゾイドとして開戦当初はプテラスしかいなかった共和国空軍相手に活躍した。これはかつてギル・ベイダーなどがいた第一次大陸間戦争時代と違って暗黒大陸において本機以上の飛行ゾイドがいなかったと言う事情もあったのだ。
後に登場したストームソーダー相手だと分が悪く、性能差を見せ付けられる結果となってしまう。そしてこの空軍の劣勢が西方大陸でのガイロス帝国軍敗北の原因の一つとなった。

バリエーション

レドラーBC

ストームソーダーの脅威に少しでも足掻くべく、レドラーに火力と速度を向上させるブースターキャノンを追加装備した機体。

レドラーインターセプター

レドラーの格闘戦能力をより上昇させた要撃機形態。

ブラックレドラー

第ニ次大陸間戦争時に開発された共和国軍の最新鋭ゾイド・ストームソーダーの活躍によってガイロス帝国軍は制空権を失ってしまった。
ヘリック・ガイロスの両国を共倒れさせ、旧ゼネバス帝国の復活を企むギュンター・プロイツェンの策略により新型の戦闘機ゾイドが配備されない事に業を煮やしたガイロス帝国軍のレドラー乗りは自身のレドラーの細部を改造し、黒くペイントしてストームソーダーに対抗した。

アニメゾイド-ZOIDS-』では全ての面において大幅に強化されたレドラーという設定で、後に正式採用された。

関連タグ

ZOIDS ゾイド ドラゴン  飛行機 航空機 戦闘機 爆撃機
飛行ゾイド:シュトルヒ(ゾイド) ザバット プテラス ストームソーダー レイノス サラマンダー サイカーチス ダブルソーダ ディメトロプテラ バスターイーグル ファイヤーフェニックス ジェットファルコン ナイトワイズ フライシザース レインボージャーク バイオラプターグイ バイオプテラ

pixivに投稿された作品 pixivで「レドラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4749

コメント