2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ディメトロプテラ

でぃめとろぷてら

ゾイドシリーズに登場する可変ブロックスゾイド。ディメトロドン形態とプテラノドン形態に変形する。
目次[非表示]

スペック

機体名ディメトロプテラ
番号
所属


ディメトロドンモード

分類ディメトロドン
全長17.2m
全高9.2m
重量30.7t
最高走行速度151.0km/h
武装
  • AZ140mmビーム砲×2
  • ロングレンジレーザーガン×2
  • スマッシュクロー×4 (爪)
  • イオンベンチレーター
  • テイルスタビライザー
  • マグネッサー3Dレーダー (背鰭)


プテラノドンモード

分類プテラノドン
全長10.6m
全高10.8m
重量30.7t
最高飛行速度M2.1
武装
  • AZ140mmビーム砲×2
  • ロングレンジレーザーガン×2
  • スマッシュクロー×4 (翼と足の爪)
  • イオンベンチレーター
  • テイルスタビライザー
  • マグネッサー3Dレーダー (両翼)


合体形態

プテラフェニックス

 フェニックスと合体した姿。フェニックスの翼と尾羽を備える。
 攻撃力・航続距離が強化される。

キャノニアーディメトロ

 ディスペロウの砲を装備した姿。
 レーダーと砲を連動させ、対空砲撃を行う。

概要

 「TB8」(8連トランスフォームブロック)を採用した機体のひとつであり、「ディメトロドンモード」と「プテラノドンモード」の2形態へ変形するブロックスゾイド。プテラノドンとディメトロドンの遺伝子を破綻させずにかけ合わせた人工コアを用いることで、各形態において高い能力を発揮することが可能となっている。

 レオゲーターと同様に中央大陸への帰還後に構築された生産拠点によって開発された機体の一つでもある。

 プテラスサラマンダーで培われた空戦型ゾイドの技術と、ゴルドスゴルヘックスの電子戦ゾイド技術がフィードバックされた機体であり、プテラノドンモードでは爆撃や現地への急行、ディメトロドンモードでは電子戦や索敵を行う。

活躍

バトルストーリー

 ZAC2108年11月の戦いにおいては帝国軍のマウントアーサー基地にプテラノドンモードやプテラフェニックスで空爆を敢行。
 その後セイスモサウルスの長距離射撃によって大打撃を受けるが、何機かは墜落を装って着陸し、ディメトロドンモードでの電波妨害でセイスモサウルスの狙撃を攪乱。更にキャノニアーディメトロとなってシュトルヒアントラー部隊を撃墜した。
 翌年のZAC2109年、ヘリックシティ奪回作戦においては、セイスモサウルスの長距離射撃を電波妨害によって封じた事により、共和国軍の進軍を支えた。

ゾイドフューザーズ

 リヒタースケール総帥アルファ・リヒターの腹心レベッカの搭乗機として登場。スパイとしてマッハストームに潜入したレベッカは普段はディメトロドン形態、破壊工作時はプテラノドン形態を使い分ける事によってRD達の目を欺いていた。
 しかし、終盤ではバートンロードゲイルと共にライガーゼロファルコンを挟撃するも躱され、隙を突かれて凱龍輝に頭部をもぎ取られる形で敗北した。

 なお、『ゾイドフューザーズ』に登場した機体はハズブロより発売されたキットに準拠したオレンジ基調のカラーとなっている。

キットについて

 ボディの殆どがTB8ブロックで構成されているためにシステムブロックは無く、コアブロックが1つのみ付属する。TB8ブロックは棒状からコの字型に折り畳むことが可能で内部にはモーターが内蔵されており、単4電池1本で駆動。ディメトロドンモードでは頭部を、プテラノドンモードでは尻尾を上げ下げすることで歩行を開始・停止する。

 日本ではバトルストーリー準拠の青とガンメタリックの成型色のものが発売されたが、ハズブロからは先に解説した『ゾイドフューザーズ』版のカラーリングのものが発売されている(こちらは日本未発売)。

関連タグ

ゾイド ゾイドブロックス ブロックスゾイド
ゾイドフューザーズ
ヘリック共和国 リヒタースケール
ディメトロドン プテラノドン

関連記事

親記事

ブロックスゾイド ぶろっくすぞいど

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました