ピクシブ百科事典

セイスモサウルス

せいすもさうるす

セイスモサウルスとはジュラ紀の恐竜。
目次[非表示]

ゾイドについてはセイスモサウルス(ゾイド)を参照。

最大級の恐竜

概要

中生代ジュラ紀に生きていたディプロドクス科の竜脚類…とされていた。
名称は「地を揺るがす爬虫類の意。英語圏での通称は「The Earthshaker」。
一昔前の図鑑では「全長40~50m」と表記されていることが多く、長らく最大級の恐竜及び地上最大の生物の名を欲しいままにしていた。が、最新の研究では推定全長33m・推定体重40tとなっており、後に発見された推定全長35m以上・推定体重73t(50t説や100t説あり)にもなるアルゼンチノサウルスにその座を譲る事となった。
挙句の果てに、最近では属の独自性が疑わしいとして、ディプロドクスの大型種だったのではという説が有力となっており、この名前そのものが消える可能性が高まっている。発見されてからしばらく経ってその存在を否定された恐竜はウルトラサウロスなどの例があるが、セイスモサウルスもその例に加えられることになりそうである。説が二転三転する恐竜業界の闇は深い…。

登場作品


関連項目

草食恐竜 雷竜 竜脚類 
ディプロドクス科

pixivに投稿された作品 pixivで「セイスモサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4944

コメント