ピクシブ百科事典

ザ・ドラえもんズスペシャル

ざどらえもんずすぺしゃる

小学館の学年誌に掲載されていた漫画作品『ザ☆ドラえもんズ スペシャル』のこと。
目次[非表示]

概要

 三谷幸広による漫画作品。ドラえもんズの漫画作品であり、コロコロコミックで掲載されていた田中道明による『ドラえもんゲームコミック ザ・ドラえもんズ』とは別作品(ちなみに、映画になったのはコロコロ版)。
 コロコロ版が比較的低年齢層に向けたコメディチックな内容だったのとは対照的に、「小学五年生」「小学六年生」で掲載された本作はシリアスな展開が多く、地球が幾度と無く滅亡の危機に瀕したり、ドラえもんのび太死亡することすらあった(ただし原作大長編でもドラえもんやのび太は1度死亡している)。また、子供たちにも分かるように社会科理科に関した知識が描かれることも多かった。
 本誌掲載版は宮崎まさるシナリオを書いているが、「小学四年生」に掲載された前日譚「ロボット養成学校編」は一切宮崎氏は関わっておらず、三谷氏のやりたい放題になっている。少なくともドラニコフの暴走を止めるために破壊しようとするドラメッドとか、悪魔を奪われそうになり、精神透視された結果「何も考えてない! 偽物だ!」と言われてしまうドラリーニョが見られるのは本作だけである。
 コロコロ版やアニメとは一部設定が異なり、黄ドラネズミを見てビビりまくったり、マタドーラと王ドラが仲が良かったりと、アニメしか見ていない人が見たらこんがらがりそうなシーンも多い。

主要人物

ドラえもん

主人公だが影が薄い。本編では驚き役、アイテム係、オチ担当(だいたいネズミorドラ焼き関連)と言った感じで、「僕には何の個性もない!」と言っていたシーンまである。
とは言え、親友のピンチには必ず立ち上がり助けに向かい、自分の身を犠牲にしてまで親友を助けた話もある。
特技はサーフィン

野比のび太

基本的には本編と同じ。キッドと射撃で張り合ったりするのはいつものこと。

ドラ・ザ・キッド

高所恐怖症なくせに宇宙を目指すガンマン。本作では西部開拓時代アメリカに駐在するタイムパトロールという設定。現地では保安官シェリフ)のアシスタントとして平和を守っている。ドラミとは相変わらずの仲。

王ドラ

真面目で照れ屋の中国カンフー。20世紀の中国で暮らしている。基本的に「あ、あれは!」「知っているのか雷電!」役。医術を学んでいるため大長編では回復係。
ミミコさんという看護師ロボット彼女がいる。

エル・マタドーラ

大戦前のスペインレストラン(なぜか牛丼が売ってる)「カルメン」で下働きをしている怪力無双闘牛士プレイボーイだが店主ののカルミンには頭が上がらない。普段は寝てばかりだがネズミロボット相手にを振るう「闘チュウ」を日課としている努力家で、裏では快傑ドラという覆面ヒーローに扮してを討つ。
王ドラとは左程仲も悪くない代わりに、キッドとしょっちゅう喧嘩している。

ドラリーニョ

安定のアホノビーニョという少年の元で暮らしており、住んでいる時代はのび太たちと同じで、タイムマシンを使わずにどこでもドアで遊びに来たりしている。アホではあるが純粋で心優しいことはアニメ版と同じ。
「小学五年生」「小学六年生」で連載されている話で主役を務める時はアホさ加減が弱くなり、その分しっかり者となって敵と真面目に向き合い、時には頭脳プレイを見せることもある。

ドラメッドⅢ世

本作一のネタ要因。怒れば巨大化するのは原作通りだが、本作では地球より大きくなってを素手で破壊するなどというシリアスな笑いの領域に片足突っ込んでる。に弱いのは相変わらずだが、「水怖いであーる!!」と逆切れして巨大化したこともある(ドラえもんとネズミの関係に近い)。
ただし「小学五年生」「小学六年生」で連載されている話では、巨大化能力を有効に使い仲間を守ったりピンチを打開するのに貢献する。
普段は中世アラビアでアラシンという少年のお世話をしている。魔法使いなので手品自然現象に詳しい。

ドラニコフ

寡黙一匹狼。旧ソ連時代のシベリアボランティア活動をしており、ドラえもんズの中では唯一定職がない流浪人。少し惚れっぽい所がある。丸い物を見ると狼男に変身する性質は原作と同じだが、「小学五年生」「小学六年生」で連載されている話では、その特性を活かし仲間たちを守ったりピンチを切り抜けるのに貢献する。

ドラミ

ドジな兄を支える優等生。キッドとの仲は相変わらず。

寺尾台校長

ロボット養成学校の校長ハゲネタでよくからかわれる。
ドラえもんズをダメダメなメンバーと扱うこともあるが、実際には彼らの個性や良いところをしっかり理解している。

関連項目

ドラえもん SF

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・ドラえもんズスペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21217

コメント