ピクシブ百科事典

手品

てじな

手品 (てじな)とは、物理科学と魔法の境界線に存在する不思議な現象である。
目次[非表示]

概要

主にハンカチの裏側やシルクハットの中など『何もない所』から色んな物を出したり
トランプを使ってカードの中身を当てたり目的のカードを表を見ずに当てたり
貫通し得ないものを貫通させたりまたはつなげてしまう芸である。
一見それらは常識ではありえない現象なので魔法と勘違いするかもしれないが、
基本的に手品の裏には『タネ』が存在し、科学的には説明が可能である。
(つまり、それらをうまく隠しながら行うことで魔法のように見えるわけである)

ただし、創作作品の中には『実際に魔法が使えるキャラクター』があえて『手品』の体裁をとりながら魔法を駆使することもある。

手品を行うときの衣装

術者はタキシードに類するものを着用することが推奨される。
これはドレスコードの問題というよりは手品に使用するであろうシルクハットとあわせる為である。
創作作品の女性キャラの場合、さらに下半身は網タイツレオタードにするという謎のお作法もある。
あくまで記号的なものなので、別にタキシードでなくてもよい(小規模の手品の時など)。

美女

大規模な手品ではタネも大規模になることが多く、タネから目を逸らす為にセクシーな美女を用意することがある。この時、バニーガール姿だと煽情効果のせいで男性の視線はタネではなく美女に集中してしまうのだ。
前述の『お作法』はこれに基づくものではないかと考えられる。

手品とイカサマ

手品とイカサマは似て非なるものといえる。前者は巧みな話術とトリックで不思議な世界を演出し非日常を作り出すエンターテインメントとして発展してきた。後者は巧みな話術とトリックで人を欺きルール破りな不正を行う術と言える。
一例として「デンスケ賭博」と呼ばれたものがあり、三つのタバコ箱の中に一つだけコインなり札なり入れた箱がどれかを当てれたら勝ちというものが存在した。ところがこのギャンブル自体がイカサマであり、客が何回やっても負ける仕組みになっていた。その実、手品でいう「カップとボール」に似た物であったらしい。

関連タグ

魔法 シルクハット 指パッチン ステッキ トランプ

手品が使えるキャラ

城戸玲司 黒羽快斗 コクリコ ともみ

実際に魔法が使えるが、手品の体裁を取るキャラ

怪盗セイント・テール ザターナ ドロシー・オルブライト

人外

テントカント マジックマン

実在の人物

マギー審司

pixivに投稿された作品 pixivで「手品」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401099

コメント