ピクシブ百科事典

黄色いドラえもん

きいろいどらえもん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の主人公・ドラえもんの本来の姿(メイン画像右)。
目次[非表示]

CV

大山のぶ代版アニメ:高橋和枝(ドラえもんのびっくりオール百科)、横山智佐(『2112年ドラえもん誕生』以降のシリーズ)
水田わさび版アニメ:変更なし

概要

まだがあって色も黄色かった、ドラえもん本来の姿後継機であるドラミと同じ色をしている。上記の名称は『2112年ドラえもん誕生』における声の出演に記載されていたものだが、公式グッズ等では「元祖ドラえもん」とも呼ばれている。
ドラえもんは量産型の子守用ネコロボットであり、2112年9月3日、マツシバロボット工場にて製造途中でが落ちてネジが1本抜けたことで故障し、その結果ドジマヌケな欠陥品になってしまい(初期の漫画版に準拠した設定で書かれたファンブック『続ドラえもん全百科』ではとんでもない大安値が付けられていた)、ロボット養成学校の特別編入教室へと回されることとなった(ちなみに、ザ・ドラえもんズのメンバーとはこの時に知り合っている)。

性格は今の「頼りになるやつ」というイメージが浸透している青いドラえもんとは異なり、精神的にも未熟で将来の教育対象によく似た性格だった。ちなみに連載初期、つまりのび太のに来たばかりのドラえもんは非常識でちょっとマヌケな一面(例:家電販売店に行けばテレビ番組に出演出来ると思い込む、忍者大蛇と言い間違える)を見せることがあった。

卒業の際には卒業試験にて当時赤ちゃんだったセワシボタンイタズラしたことで偶然合格し、未来野比家で働くこととなる(漫画版ではセワシが3歳の頃ということになっている)。
しかしある日、昼寝していたドラえもんはネズミ(映画『2112年ドラえもん誕生』ではセワシが扱いを間違えたネズミ型工作用教材メカ)にをかじられ、修理に失敗してを失ってしまう。その後、

  • 耳が無くなった姿を見てショックを受けたことで青ざめてしまい、そのまま青い体色になった(方倉設定、大山版における初期設定、水田版の一部)。


といった経緯があり、今の青い姿になった(『2112年ドラえもん誕生』では「元気の素」と間違えて「悲劇の素」を飲んでしまったことで泣き続けてしまい、体の色だけでなく声もガラガラになってしまったことが明かされている)。
同じに入っていたオイルを使った妹ロボット・ドラミと出会ったのはこの頃らしい。

耳を付け直すのは野比家の懐があまりに寂しかった(原作版・アニメ版における公式設定。お年玉が50円しかもらえない始末)ため、とうとう過去へと向かうその日までドラえもんは青いままだった。ドラえもんは今でも「耳があれば」と漏らす(TC7巻収録「好きでたまらニャイ」等)ことがある。

派生作品を含めれば『ドラえもん 最新ひみつ道具大事典』では、のび太の提案で「タイムふろしき」を使って耳がある黄色い姿に戻ろうとしたが、表と裏を間違えて却って古くなり顔が壊れてしまったことがある。

また、ドラえもんがのび太の元へ向かった目的はセワシを幸せにする為であるが、大全集4巻収録「ドラえもんの大ひみつ」では改めてのび太の元へ向かった経緯が描かれており、セワシから「心の痛手を直す為に遠くへ行ってみるか」と提案され、ドラえもんは失恋から意識を逸らす為にのび太の世話を焼くことに決めたと説明されている。

いずれにしても、の底には自分の力で過去を変えることで、失った耳と黄色い体を取り返したいという思いがどこかにあったのかもしれない。

余談

TC11巻収録「ドラえもん大事典」に掲載されている「ドラえもん おもいでのアルバム」には、そもそも黄色い時代が無く、最初から真っ青だった。故に黄色いドラえもんは原作版には登場しない。上に書いた「青ざめた」という設定も方倉陽二氏によるドラえもんの設定解説漫画『ドラえもん大百科』によるものであり、しかもこのイラストを見る限り、耳があった頃もどう見ても黄色には見えない

なお、ドラえもん型のロボットの耳「高感度音波測定イヤー」は人間と同じ側頭部に内蔵されている。そのため、ヘッドホン電話の受話器は猫耳部分ではなくにつけており、原作「宇宙ターザン」ではドラえもんがのび太の泣き声に対して側頭部を押さえるシーンもある。
所謂猫耳の部分は「集音機」と呼ばれており、補聴器の役割を果たしている。ドラえもん曰く、耳が残っていれば町内の音を全て聞き取ることが出来たという。ちなみに、この耳はドラえもんの感情に合わせて動く為、彼が不安を抱いたり落ち込んでいると耳がヘニャヘニャに折れることもある。
一方『2112年ドラえもん誕生』や水田版アニメオリジナルエピソード「走れドラえもん!銀河グランプリ」では、ロボット病院の医者から「元々耳なんてただの飾り」と言われている。

「びっくりオール百科」の黄色いドラえもんを演じた高橋和枝氏は「サザエさん」の2代目磯野カツオで知られているが、テレビ朝日版第一期のドラえもんを演じた大山のぶ代氏は初代カツオを演じていた為、放送当時から見れば新旧カツオの共演となっていた。

関連イラスト

黄ドラが可愛すぎると話題に
You were young



関連項目

ドラえもん ドラえもん(キャラクター)
ザ・ドラえもんズ ザ・ドラえもんズスペシャル

ドラ・ザ・キッドヒゲの長さ以外はそっくりである。

パワえもん:水田版アニメに登場したアニメオリジナルキャラクター。ドラえもん型ロボットの出世頭で、出木杉の子孫らしき子供の世話をしている。また、当初はドラえもんのことを落ちこぼれだと嫌味を言う性格で描かれていたが、上記の「走れドラえもん!銀河グランプリ」では落ち込むドラえもんを慰めたり、レースに出場したドラえもんを最後まで応援する良き友人として描かれている。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黄色いドラえもん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12276

コメント