ピクシブ百科事典

高橋和枝

たかはしかずえ

日本の女性声優。故人。(1929年3月20日 ~1999年3月23日)
目次[非表示]

概要

テレビ黎明期の吹き替えから声優として活躍した。
1970年からは、番組開始後3ヶ月で自主降板した大山のぶ代に代わって『サザエさん』の磯野カツオ役を担当。病気によって降板するまで、28年間務め続けた。2代目ではあるが登板時期が4ヶ月目と早いことや、在任期間が長く、多くの人々に知られたため「高橋が初代カツオだった」と思っているファンも多い。

1998年5月中旬、『サザエさん』収録中に、以前から患っていた骨髄異形成症候群による体調不良のために倒れ、病院に搬送される。このため、その日伊佐坂ウキエ役で収録に参加していた冨永みーなが、急遽代役としてカツオを演じた。当初は高橋が復帰するまでの一時的な措置の予定だったが、高橋の病状が思わしくなかったため、そのまま富永が3代目カツオとして正式に演じる事になった。

何の前触れも無い重要キャストの交代劇に戸惑ったファンから、多くの問い合わせが殺到したが、その後高橋の容態が知らされると、励ましや回復、その後の番組復帰を願う声や手紙が沢山寄せられた。当時サッカー日本代表のエースとして活躍していた中田英寿や、元F1レーサーの中野信治など、大物からの激励も届き、高橋は病床でそれらの手紙を宝物として喜んでいたという。

しかし人々の復帰の願いもむなしく、病状は回復することなく1999年3月23日午後5時、逝去。70歳没。

なお、磯野波平役の永井一郎の話によると、危篤に陥った際、医師や関係者が「高橋さん」と呼んでも答えがなかったが、「カツオくん」と呼びかけると「はーい」と小さく返答したという。また、花沢さん役の山本圭子も見舞いに行った際、「磯野くん」と呼び掛けると、やはり同じように返事をしてくれたとのことである。

高橋の葬儀で弔辞を読んだ永井は、「カツオ、親より先に逝くやつがあるか」と涙ながらに読み上げ、参列者の涙を誘ったという。

だが、その永井もこの15年後の2014年に永眠することになった…。

主な代表作

鉄人28号(1963年版)』金田正太郎黄金バット』ヤマトネタケルサザエさん磯野カツオ(2代目)
ガオーッ
タケル君、がんばれー!
IS(いそのかつお すとらとす)
快獣ブースカブースカど根性ガエル』五郎E.T.』E.T.
快獣 ブースカ
どどどどどどど
無題
ウルトラマンレオコロ星人超力戦隊オーレンジャーバラグースカ鋼鉄ジーグ女王ヒミカ
快人 コロ星人
マシン獣 バラグースカ
下絵/ヒミ◯様
くじらのホセフィーナ』ホセフィーナ『鋼鉄ジーグ』司馬まゆみウルトラマン80テツオン
くじらつかまえた
司馬まゆみ
挿絵用




関連タグ


関連動画


2:00頃から登場(サザエ役の加藤みどりも一緒)。生前の高橋氏を映した数少ない動画の1つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋和枝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19034

コメント