ピクシブ百科事典

ど根性ガエル

どこんじょうがえる

『ど根性ガエル』とは、吉沢やすみによるマンガ、またそれを原作としたアニメ。
目次[非表示]

概要

元々は「週刊少年ジャンプ」(!)で1970年から1976年にかけて掲載されていた漫画作品である。

1972年10月から2年間にわたり朝日放送ホスト・TBS系列局他で放送された(放送当時朝日放送はTBS系列局だった)。その後、1981年9月から1982年3月にかけて、「新・ど根性ガエル」というタイトルで、日本テレビ他で放送されている。
昭和の名作アニメの一つであり、人情味ある作品である。

大鵬薬品工業の胃腸薬「ソルマックシリーズ」のテレビCMに起用され。
現代バージョンとなり30歳になったひろし京子とも結婚し、ピョン吉をくっ付けたままサラリーマンとして働いている。

2015年7月~9月、松山ケンイチ主演の実写版が日本テレビ系列局およびテレビ大分フジテレビ系列)で放送された。原作からのアフターストーリーという恰好での実写化である。

ストーリー

一匹のカエルが、地元の中学生ひろしが小石につまづき倒れこんできた拍子に潰されてしまう。
しかしなぜかそのカエルはひろしのTシャツに張り付き、ド根性で生還。以降「平面ガエル」のピョン吉として生きてゆくことになる。

登場キャラ

声優は旧版(1972年)、CM/実写版の配役(2015年・ピョン吉役の満島ひかりは声のみの出演。)

CV:野沢雅子/演:松山ケンイチ
本作の主人公。頭にかけてるサングラスが特徴。
ピョン吉をシャツに張り付けてしまった中学生で京子が大好き。

※TVドラマ版では中学生の頃と変わらないまま30才過ぎても定職につかずぶらぶらとしていたが、ゴリライモが社長を務めるパン工場で働くこととなる。

CV:千々松幸子/満島ひかり
本作の主人公で潰されても「根性」で生き続け、更に喋れるようになってしまった蛙。
どこをどう動いているのかやたら力が強く、「口にくわえた紐につないだ車をひっぱって移動し、走行している電車に追いつく」という離れ業をやってのけたこともある。泳ぎも達者。

※TVドラマ版では昔と変わらないままで下町では知らない者はいない有名人・・・いや、有名ガエル。
ココ最近、Tシャツから剥がれかける異変をきたしていた…

CV:栗葉子西村ちなみ/演:前田敦子
ひろしのクラスメートで彼のガールフレンド(?)

※TVドラマ版ではひろしとは違う男性と結婚したものの離婚し下町に帰ってきた。いわゆる出戻り女。

CV:高橋和枝/演:勝地涼
ひろしの後輩で「あっし」「やんす」が口癖。

※TVドラマ版では下町をパトロールするお巡りさんに成長。

CV:立壁和也/演:新井浩文
本名「五利良イモ太郎」
ひろし達と同じ中学の先輩で体格のいいガキ大将。

※TVドラマ版ではなんとビックリ!真面目に働き、家業のパン工場社長!
昔の縁でひろしを雇っている。

CV:原田一夫難波圭一/演:光石研
近所の寿司店「宝寿司」の若い職人。南先生とは恋敵。

※TVドラマ版では寿司屋を継いで一人前。いまだ独身。

CV:武藤礼子/演:白羽ゆり
美人の先生で原作では国語、アニメでは英語を担当。

※TVドラマ版ではいまだに独身。さっさと結婚しろ!
「美人過ぎる」と実際ネットでの反響がすごいことになっていた。

CV:仲村秀生
数学及び体育を担当してる先生。
ヨシ子先生に惚れているためか梅さんとは恋敵。

※TVドラマ版には未登場。

CV:永井一郎/演:でんでん
年輩の先生。ひろしたちの担任 「教師生活25年

※TVドラマ版では校長先生となっている。当然台詞も「教師生活41年
ひろしがたびたび学校を訪ねてくれることには内心、喜んでいる。

関連タグ

懐かしアニメ 少年ジャンプ 吉沢やすみ
カエル Tシャツ 根性
平面化
ソルマック

外部サイト

『ど根性ガエルの娘』

pixivに投稿された作品 pixivで「ど根性ガエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 791074

コメント