ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ブースカとは『快獣ブースカ』及び、『ブースカ!ブースカ!!』に登場する快獣である。

概要

CV:高橋和枝 高戸靖広(ブースカ!ブースカ!!)
ブースカを作った少年科学者屯田大作少年はコイツを作りたくて作ったわけではない。もともとゴジラを作ろうとしたら、どういうわけかできあがってしまった生物なのである。だから怪獣ではなく獣。

「パラサパラサ」「シオシオのパー」などのよくわからない言語表現を多用する。
好物ラーメンで、「たったの30杯」呼ばわりするほどよく食べる。
警察犬並に優れており、はがんばれば10㎞先の会話ですら聞き取れる。

なお、『ブースカ!ブースカ!!』に登場した個体は、一応初代とは別人という設定である。

容姿

素のイグアナとは全然違う黄色と茶色をベースとし、横からかぶったような王冠の鶏冠がチャームポイント。

この冠を温めると大学教授並に頭が冴えわたるが、逆に冷やすと大バカになる。

客演

ウルトラマンダイナ

OVA「帰ってきたハネジロー」に、『ブースカ!ブースカ!!』のキャラクターたちと共にゲスト出演。
アーウォンが出演した際に大作から「ブースカの友達か?」と聞かれ、「全然違う!」と返すシーンもあった。

ちなみに、後年、『新ウルトラマン列伝』最終回にてこのエピソードが紹介された際に、エックスから「黄色いタヌキ」と言われてしまっている。

怪獣バスターズ/怪獣バスターズパワード

研究員として参戦。専門分野は『化学』。

ピグモン好感度が60以上の状態で1Fターミナルに入ると、しょげるゴウ隊員、呆れるヤガミ隊長と、無邪気にはしゃぐブースカがいる。
ここでゴウ隊員がブースカの面倒を見るように命ぜられるものの、以降は2Fの自販機コーナーに独りで佇んでおり、ゴウ隊員はそれまでと変わらず1Fが定位置になっている。
このことからゴウ隊員の背任(保護責任遺棄)を指摘する向きもあるが、ブースカの場合は大人が付きっ切りで面倒を見る必要がないものと思われる。

なお、加入イベントの発生条件であるピグモンの高感度は数値としては明示されず、シナリオの展開とも無関係なので、タイミング調整予測することは難しい。
実際、このブースカがどのような理由でどの惑星にいたのかも、ゴウ隊員と遭遇宇宙船まで付いてきた経緯も、そもそも専門研究員としての知識を備えている理由も経歴も、作中では一切明らかにされない。

ブースカに話しかけると基本的にはブースカ語で応えてくる(動作がいちいちカワイイ)が、人間の言葉も問題なく話せる。

ピグモンの好感度が一定(60、70、80、90、100)以上に達した状態でブースカに話しかけると、ピグモンが主人公との暮らしぶりをブースカに話し(何語で会話をしているかは不明)、ブースカから手作りお守りである『トモダチのあかし』をもらえる(最大五個まで)。

原作同様が大の苦手であり、6種類のアクセサリ『かえんもんよう』『すいりゅうのもんよう』『ひょうけつのもんよう』『かみなりのもんよう』『しっこくのもんよう』『たいようのもんよう』を持っている状態で話しかけると、惑星ワッカに遊びにいきたいからとスペースタートルの討伐『ブースカのお願い』を依頼される。
これをクリアすると『せいうんのもんよう』がもらえる。

POWERED限定で、ミッション『しのびよるツワモノ』をクリアするとイベントが発生(サカモトの研究Lvも発生条件に含まれる)。
研究のために作り出したMETEORゴモラが逃げ出してしまい、討伐を依頼される(実際に頼んでくるのはサカモトで、ブースカは合いの手を入れるだけ)。
ミッション『超進化ゴモラ』をクリアすると、研究テーマ『とくしゅぼうぐ研究』が出現し、全身スーツ系の防具が開発可能になる(無印では当該のイベントがなく、ミッション『「終わり」へのしょうたい』をクリアすると出現)。

なお、『星人科学ぶき研究①』にブースカを参加させると、ブースカの頭部をそのままデザインした『ブースカハンマー』を開発可能。

ウルトラジャーニー

ブウス子


ブースカをモチーフとしたキャラクターである“ブウス子”が登場。
配下のちゃめゴンと共に靴磨きの仕事をする傍ら、主であるパルゴと共にエメラルド城を守っている。
名前から判断するに女性と思われるが、“ボク”という一人称で喋るのが特徴(単行本のおまけではガラ子ズボンを引き落とされ性別を確認された)。
なお、本人は自身のことを「妖精みたいなもの」と称している。

ヒナの靴が汚れていることを指摘すると、城に飾られた絵を通して様々な世界を渡り歩きながら(靴磨きに必要な道具を取り出しつつ)ヒナたち一行にこの世界やサバトの目的の真相を教えた。

靴磨きが終わると、ヒナに城の主であるパルゴへと謁見することを許し、ちゃめゴンと共に彼女たちを見送った。

また、ちゃめゴンと共に世界を渡りヒナ達の情報を拡めてもいる。

原典におけるブースカのような愛嬌溢れる描写はなく、知的でどこか不思議な雰囲気を漂わせた人物になっている。
また、感情的になるような描写もなく、上記のズボン下ろしをされた際にも「次からは言葉で聞くようにしてほしいかな」と恥じらいながら文句を言う程度に留めていた。

関連タグ

快獣ブースカ イグアナ 快獣
屯田大作 チャメゴン
ブースカ!ブースカ!!
屯田雄作 カモスケ

有言実行三姉妹シュシュトリアン
大槻ケンヂ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブースカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89390

コメント