ピクシブ百科事典

バム星人

ばむせいじん

ウルトラマン80に登場する初の宇宙人の名称。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマン80
第5話「まぼろしの町」

別名四次元宇宙人
身長1.79メートル
体重80キログラム
出身バム星

概要

地球侵略を企み四次元空間に前線基地を作り、そこから四次元ロボ獣 メカギラスを送り込み侵略の障害になる各地の防衛拠点を破壊しようと企むウルトラマン80に初めて登場した宇宙人

四次元空間を往来できる電車を終電に見せかけて人々を乗せ拉致し、催眠術で操って四次元ロボ獣 メカギラスの製作整備などを行わせていた。

地球人への擬態能力のほか、棍棒拳銃の武器として携帯しており集団で敵に襲いかかる戦法を得意としている。
四次元空間を往来できる電車に偶然乗り込んでいた80こと矢的猛の侵入を察知すると、集団で襲い掛かり、セブンの時と同じくブライトスティックが作動せず変身不能に陥った彼に負傷させる。

一部の書籍によれは1人でグリーンベレー50人分の力を持つとされるが、描写的には個々の戦闘力は恐ろしい程に低いようで、集団で要の空間コントロール装置を警備していたが、手負いの矢的に簡単に倒され全滅してしまい、装置も破壊されメカギラスも倒されてしまったため、計画は元の木阿弥と化してしまった…。

余談

作中、警官に化けて矢的を逮捕しようとしたことからか、デザイン画ではアメリカンポリスのような衣装だったが、劇中では「惑星大戦争」の轟天乗組員の衣装を流用している。

関連項目

ウルトラマン80 メカギラス 宇宙人

pixivに投稿された作品 pixivで「バム星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1305

コメント